883R :blog [TOP]  >  Other BIKE  /  MotorShow  >  [KZ1300]〜カワサキ モーターサイクル Zフェア 2018

February 25, 2018

[KZ1300]〜カワサキ モーターサイクル Zフェア 2018


イベントは終了しましたが[カワサキ モーターサイクル Zフェア 2018]より。
水冷6気筒を積んだ[KZ1300]です。
※欧州では[Z1300]、北米では[KZ1300]。

●1979 Kawasaki KZ1300A1(フレームNo. 000001)


日本のオートバイメーカーが覇権を争うようになった70年代。
奇しくもホンダCBX(空冷6気筒1000cc)と同時にケルンで発表されたのがカワサキのZ1300(水冷6気筒1300cc)。

奇しくも??
いやいや[Z1]については後日書くので話は前後するのだけど、ホンダCB750Four の情報をキャッチしてカワサキは更に排気量の大きな 900Super4(Z1)を世に送り出した経緯があり、この6気筒も所謂『産業スパイ』によって開発中のホンダ6気筒を更に上回るものを造ったような気がしてならないですね。

Z1300(北米名 KZ1300)はカワサキのフラッグシップとして改良を重ねながら10年以上のロングセラーモデルとなり、大型カウルを備えたZ1300Bツーリング、更にZ1300Bツーリングからの発展したZ1300ボイジャーへと繋がって行くのです。
神戸カワサキワールドに展示されていたこの車体は北米向けモデルの初号機(フレームNo. 000001)です。


Z1300初期のエンジンは水冷6気筒、DOHC 2バルブ、1286ccで120psを発揮。
後にインジェクション化などで130psまでアップしています。
当時はまだオートバイでは水冷エンジンのほうが珍しかったので、フィンなど一切持たせず、シルバー一色の仕上げとして『水冷であること』をアピールしています。
ファイナル駆動はシャフト式。



フラッグシップとして特別な存在とするため、消耗品以外は他のカワサキ車と殆ど共通部品がないんだそうです。
タンクやシートだけではなく、ヘッドライトやメーター、ウインカー、果てにはバックミラーやスイッチボックスに至るまでパーツの一つ一つをスペシャルなものとしてデザインしているのですってよ。

その結果、ホンダCBXはその巨大な空冷エンジンの存在感がもの凄いのですが、カワサキZ1300(KZ1300)はバイクそのものがなんとも言えない重厚感を持っていますね。


実車を見て気になったのがインマニの長さ!
そしてキャブレターの大きさ・・・・実はこのオートバイに使われているミクニキャブは2バレル(ひとつのキャブレターに2スロットル)で、それが3連になってます。





●カワサキワールド: http://www.khi.co.jp/kawasakiworld/
●カワサキ モーターサイクル Zフェア 2018: https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/event/2018mcfair/



  

Posted by xl1200 at 05:20│Comments(6)
883R :blog [TOP]  >  Other BIKE  /  MotorShow  >  [KZ1300]〜カワサキ モーターサイクル Zフェア 2018
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのコメント
CBXはキャブの取り付け角度を湾曲させて、脚に当たるのを回避…カワサキは2バレル×3で幅を縮めるって辺り、メーカー毎の考え方の違いが面白いですね。
しかし、この重量車にこのタイヤとブレーキ、おまけに6発のシルキーな爆発が徒になってトラクションかからないからウエット路面は恐怖だったと聞きますが…真相は如何に?(笑)
Posted by 三連音叉 at February 25, 2018 13:05
今月のWOWOWは「クロコダイル・ダンディ」「裸の銃を持つ男」と
羽佐間道夫さん祭りに悶絶した吹替バカが来ましたよ。

こち亀の両さんが唐草模様の風呂敷をマントに
シートに片足立ちで本車両を運転していた様なイラストを見た覚えが・・・?
Posted by HEPA at February 25, 2018 21:59
> 三連音叉さん!
CBXはキャブがV字(?)に少し外を向いた形状ですよね。
そして最近のBMWはダウンドラフト。
直6、どんな乗り味なのか気になります。
確かに、このKZ1300やCBXの足回りはちょっと不安ですがw
Posted by Gotaro@管理人 at February 26, 2018 05:54
> HEPAさん!
こち亀の作者はクルマやバイクにすごく拘りがありますから、KZ1300も出てきたかも知れませんね。
秋本 治氏はプライベートではスズキのカタナに乗ってた筈です(何かで写真見た記憶)。
Posted by Gotaro@管理人 at February 26, 2018 05:58
すでにフェアは終わっていましたが,最近大阪による機会が多く? カワサキワールドに少し足を伸ばして立ち寄ってみました。もう展示が変わっているのかわからなかったですが,展示前半のカワサキの歴史やら,ビデオ類などもなかなか興味深かったですネ。展示されていたZ1は確かフレームNo.が..0001だったような気も?

二階は神戸の,特に近代の歴史展示になっていてそっちも個人的には楽しめました。ジャンボフェリーの乗り場から見えていたのはこのあたりだったか....と納得。
Posted by ファイヤー at February 27, 2018 00:51
> ファイヤーさん!
このフェアはZ900RSのプロモーション的な企画ですね。
Z1 はフェア会場のほか、カワサキワールドの常設展示のほうにもありました。
私は通常の展示を見る時間が殆どなかったので、またいつか再訪しようと思います。
Posted by Gotaro@管理人 at February 27, 2018 18:07
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。