883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  [ガンプラ]今月のプレバンと普通バン 2018年1月

January 25, 2018

[ガンプラ]今月のプレバンと普通バン 2018年1月


プレミアム・バンダイ予約商品(2018年1月発送分)のガンプラが届きました。
今回は1体だけ。
新年のスタートはザクから(・・・・まだ作りませんが)。


RG 1/144 MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII

RG(リアルグレード)のザクは久しぶり、シャア専用ザク以来です。
今回は所謂「高機動型ザク」と言う奴で、MSVでの定番エースパイロットのひとり[シン・マツナガ大尉]の乗機。
ガンプラHGやMGのMSVシリーズ、MS IN ACTION とか ジオノグラフィ とか言ったアクションフィギュアなどなど、よく立体化されるけどアニメ本編には無縁のジオン軍エースパイロットと言えばまず[真紅の稲妻]ジョニー・ライデンと[ソロモンの白狼]シン・マツナガご両人。
今回、ジョニー・ライデン専用の高機動型ザク(MS-06R-2)がRGキット化されて一般販売に。
その色替えと一部パーツ差し替えでプレミアムバンダイ限定販売されたのがシン・マツナガ専用機という流れです。


白〜グレー系主体のモノトーンの機体色に、アクセントでブルーのラインが入ります。
最近はHGの色分けも優秀ですが、RGの成形色によるパーツの色分けはやはり凄いものがあります。
惜しむらくはスパイクアーマー部のブルーのライン。
ここはシールを貼る仕様ですが、曲率が高い部分なのでまず皺だらけになっちゃうでしょうね。
2月に水転写デカールが発売されるので、手に入れておくべきでしょう。


赤いのが一般店頭販売のジョニー・ライデン機で、白いのがプレミアムバンダイ限定のシン・マツナガ機。
色だけじゃ無く、バックパックの推進剤タンク容量、脚部のカバー、スパイクの長さ、右肩のスリット、フロントアーマーのリブなど細かく異なります。
あとライデン機にはジャイアントバズ(ドムの標準武装)が付属しますが、マツナガ機はザクバズーカと試作型ザクバズーカが付属します。

エースパイロットと言っても後付けのMSV設定ですからアニメには一切出てこない人達。
外伝コミックなどあるみたいですが、個人的にはセガ・サターンのゲーム・ソフト[ギレンの野望]ぐらいしか馴染みはありません。
なおジョニー・ライデン機はジオノグラフィ(カトキハジメ・プロデュースのフィギュア)で持っているのと、シャアザクと色が被るのでスルー。
マツナガ機の立体物はこれが初購入となります。


取説が意外なことに専用で、しかも一部がカラー!
プレバンでカラー印刷の取説は珍しいですね。
ただし機体説明とかシン・マツナガ大尉に関する情報とかは載っていません。
ちょっと書いとくと、ドズル・ザビの片腕と言われるエースパイロットで、1年戦争後の消息は不明とか。



さてネタとして寂しいので先日お店で購入したガンプラ。


HG 1/144 アクト・ザク(キシリア部隊機)
こちらは[ガンダム・ジ・オリジン]のMSD枠から登場した、ちょっとビックリの新機種。

アクト・ザクというのは元々、MSVのあと展開されたMS-Xと言うガンプラ企画から生まれた機体。
ザクは機体の駆動に流体パルスシステムを使っていましたが、アクトザクは連邦軍MSと同様に関節をフィールドモーターで駆動し、マグネットコーティングを施すことで抜群の運動性を手に入れた新世代機。
エンジンの出力も大幅にアップし、ビーム兵器の使用も可能に。
ただし、ペズン計画として数機の試作機によるテスト中、終戦を迎えます。

ここでジ・オリジンの独自解釈?
その前段階の(ちょっと中途半端な)機体がキシリア部隊機として一年戦争中に実戦配備されていたと言うことらしい。
ジ・オリジンでは黒い三連星がルウム戦役で高機動型ザクに乗っていたり、ファーストガンダムの世界とはちょっと設定や時系列が異なっているんです。

このキシリア部隊機はバックパックが普通のザクと同じもので、大型ヒートホークや4連装マシンガンのほかは一般のザク(MS-05/MS-06 系)とほぼ同じ装備であることから、ビーム兵器が使えるほどの出力は無さそう。


キシリア部隊機と言えばジ・オリジンIV 本編にはMS-05(ザクI)が登場しており、そちらもキット化されています。
5月公開のオリジンVI にアクト・ザクが登場するのかは不明ですが、キシリア部隊の新型機という事ですね。

なおMSXで一部にお馴染み、本来の(?)アクト・ザクもMSD枠からプレミアムバンダイ限定として予約受付中です。
>> p-bandai.jp/hobby/special-1000008190/



●プレミアム・バンダイ: http://p-bandai.jp/
●バンダイ ホビーサイト: http://bandai-hobby.net/



    
Posted by xl1200 at 06:28│Comments(3)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  [ガンプラ]今月のプレバンと普通バン 2018年1月
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのコメント
自分もシンマツ機買いました。白い機体はパーツ切断跡の白化が目立たないのがイイです。塗装派には関係ないんでしょうけどRGは素組みでも映えるのでゲート位置は工夫して欲しいですね。RGザク系は腰アーマーの目立つ所にゲート跡がくるので気を使います。などと不満を言いながら三連星機は3個セットをポチってますが(笑)

キシリア部隊のアクトザクは中々評判が良さそうですね。自分は青いのを予約しましたがさすがにあの瞬殺の1次受付には間に合いませんでした。MSVだのMSXだの、バンダイもどこまでおっさんファンに頼るつもりなんでしょう。まあ買いますけど(笑)
Posted by みかん at January 26, 2018 22:18
そうそう、06R用ガンダムデカールは予定が早まり27日発売になりました。自分のところには今日ヨドバシに予約してたのが届きました。やはりあの青ラインは水転写でないと厳しいと思うのでまだ入手されてないようでしたら早めに確保を!
(自分は失敗を考えた予備と三連星用に6枚確保してます(笑)
Posted by みかん at January 26, 2018 22:30
> みかんさん!
そう言われれば白化しない(バレない)のはメリットですねw
ガンダムデカール、ジョーシンに買いに行かねば!

三連星セット行きましたか〜!
私はRGの黒いザクを3つも組むのは無理と判断してスルー、、、、でもあのスタンドは良いですね。

キシリアのアクトザク(一般)は青いアクトザク(プレバン)を作る口実と言うか、バンダイさんのオトナの事情が絡んでいそうですね。
Posted by Gotaro@管理人 at January 27, 2018 01:44
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。