883R :blog [TOP]  >  Book  /  Motorsport  >  [RACERS 特別編集2017]エルフ・プロジェクト後半期

December 28, 2017

[RACERS 特別編集2017]エルフ・プロジェクト後半期


今年最後の[レーサーズ]は特別編集。
エルフ・プロジェクトの後編となります!

[エルフプロジェクト前半期 1985-1988]
前半では耐久レーサー中心でしたが、いよいよお馴染み(?)ロケット、ロン・ハスラム選手が世界グランプリで走らせた2サイクル500ccの登場です。

まぁ、私世代にお馴染みと言ってもあくまで主役はYZRとNSRだったから、この異色マシンに関する詳しい話は当時も解らないことが多かったですけどね。
NS500のV型3気筒、そしてNSR500のV型4気筒を積んだ、elf2〜elf5の特集。
マシンも興味深いですが、あまり大々的に取り上げられることの少なかったハスラム選手の特集という意味でも価値ある1冊かも知れません。


こんな時代のお話ですからねぇ〜!


ロケット・ロンの異名をとるハスラム選手はとにかくスタートが上手く、ホールショットはお手の物でしたがその後、ズルズル順位を落としていくイメージが強かった。
でも確かに87年は上位フィニッシュもありまして・・・・これが皮肉なことにelf4が未完成で、ノーマルなNSR500を走らせたときのリザルトという事実。
いやぁ、改めてこの本を読んでみるとハスラム選手が第一線級の速いライダーで、でもelfの開発に専念するプロフェッショナルだったって事を再認識。
私はメカよりも、この英国人GPライダーの話が楽しめました。




次号は年に一度のオフロード枠・・・・スズキのモトクロッサーですって。



●RACERSブログ: http://racers.cocolog-nifty.com/



  

Posted by xl1200 at 07:06│Comments(2)
883R :blog [TOP]  >  Book  /  Motorsport  >  [RACERS 特別編集2017]エルフ・プロジェクト後半期
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのコメント
いやぁ今回はとりわけ濃かったです、力入ってました(笑)よくこれだけ調べ上げたものです。
技術としての"最適解"がおよそ見えてしまった今、こんな異形の化け物(失礼)はレースフィールドに
出てこないでしょうね。
それでも新型ゴールドウイングのサスにはウイッシュボーンの位置さえ違えelfの血脈を感じましたよ…ようやく陽の目を見たな、と。
Posted by 三連音叉 at December 29, 2017 18:07
> 三連音叉さん!
レースこそ[実験場]の筈なんですが、なんか最近はどのメーカーも画一的で、メカニカルな魅力は減っていますね。
なるべくマシンがイーブンで、ライダーが腕を競うと言うのも判るのですが、、、、

ゴールドウイングに触発されて、変態市販バイクが増える事に期待しましょう。
Posted by Gotaro@管理人 at December 29, 2017 23:33
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。