883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /   >  [ガンプラに非ず]今月のプレバン 2017年10月

October 31, 2017

[ガンプラに非ず]今月のプレバン 2017年10月


今月中程にプレミアム・バンダイ予約商品(2017年10月発送分)が届いておりますが、今回はガンプラでは無くて完成品ロボットフィギュア。
[想造ガレリア ロボット兵(Full Action Ver.)]


スタジオジブリ[天空の城ラピュタ]に登場した奴ですね。
何故か無性に欲しくなってポチッと注文したのが半年も前の4月のことです。
ガンプラと違ってコンパクトなパッケージ。


パッケージの裏。
ここでほぼネタバレですが、フル可動により劇中シーンを再現できる仕様です。


本体のほか、飛行用の腕、スタンド、充電ケーブル(?)が付属。


ジブリ作品には様々な素敵なデザインのメカが登場しますが、この[ロボット兵]は遡ること1980年、ルパン三世(第2シーズン=赤ジャケット)最終話『さらば愛しきルパンよ』に登場したロボット[ラムダ]がベースになっています。


なかなか良い感じにあの特徴的なプロポーションが再現されていますね。
ちなみにラピュタには2タイプのロボット兵が登場しておりまして、コチラは戦闘用。
城に居たグリーンのタイプは腕にトゲトゲが付いていません。


ロボット魂のザク(約1/144スケール)と大きさ比較。
卓上に飾りやすい大きさです。


背中のハッチが開くようになっており、ここに付属のケーブルパーツを取り付ける事が出来ます。
城での格納状態再現用で、パッケージ裏にその形態のロボット兵の写真がありますが、ポージングが難しいので断念。
再現と言っても腕がボディに密着しないから、劇中イメージとはかなり異なりますけどね。


胸の紋章がクリアパーツで、背中のハッチを開くと透過するためケーブルパーツを改造して上手く電球でも仕込めれば光らせることも出来そうです。
画像は背後からiPhoneのLEDライトで照らしています。
後頭部もクリアになっていますから、背後に光源を置けば目を光らせる事も可能。


四つん這いで追いかけてくるシーンは面白かったですが、立ったときの頭身が重視されており、このポーズだとちょっと足が短くてバランスが悪いですね。


腕を付け替えて飛行シーンも再現可能。
付属スタンドの出番です。
翼というかヒレの部分は透明のセロハン(塩ビ?)で出来ていますが、製造時に付いたと思いますが結構汚れてました。。。


通常の腕は沢山のピンが入っていて一方向にしか曲げられませんが、飛行用の腕はボールジョイントなので可動の自由度は高いです。



関節の可動箇所は多いですが、手足の曲がる方向が限られているので思ったほどポージングは自由ではありません。
でもまぁ、良く出来たフィギュアで気に入ってます。
不思議なのは、なんでコレがプレミアムバンダイの限定商品なのか? って事。
一般で流通させても売れると思うのですけどね。



●プレミアムバンダイ: http://p-bandai.jp/
●スタジオジブリ: http://www.ghibli.jp/



  

Posted by xl1200 at 05:12│Comments(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /   >  [ガンプラに非ず]今月のプレバン 2017年10月
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。