883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Sportster and...  >  ROADSTER Cafe Custom[大阪モーターサイクルショー2017]

April 20, 2017

ROADSTER Cafe Custom[大阪モーターサイクルショー2017]


大阪モーターサイクルショー2017。
ハーレーダビッドソン・ブースに、例のカフェレーサー用の[純正カスタマイズパーツ]をフルパッケージで装着したスポーツスター[XL1200CX ROADSTER]が居ました。 


ビビッドブラックのロードスター。
この展示車はストック(ノーマル車輌)ではなく、メーカー純正フルオプション仕様。
外装カスタマイズでは無く、セパハン+バックステップを軸にしたライポジの変更がメイン・メニューとなります。


最初からこのライディングポジションのカフェレーサー[XL1200CR]を出して欲しいところですが、車体+カスタムパーツ販売のほうが客単価が上がってメーカー的にオ・イ・シ・イと言うことか!?
いや、そのうち出すと思うのですけどね〜。


クリップオンハンドルバーキット(セパハン)はタンクに干渉せずにハンドルロックも生かす必要があり、ややワイドな装着。
バーの長さもあり、フォーククランプ部からスイッチボックスまでちょっと間延びした印象もあります。
トップブリッジより下に付きますが、ハンドルのポジション自体は予想していたほどキツくは無かったです。


ダイヤモンドブラック・ハンドグリップ(アルミ削り出しのローレット処理)とバーエンドミラー。
おそらくグリップがバーエンド貫通式で、それゆえセット装着が推奨されていると思います。


ハンドルポスト(ライザー)撤去で必要になる計器マウンティングブラケット。
メーターの装着位置も低くなります。
アナログの回転計+デジタルの速度計、良いですね。
XL1200Xは標準でこのレイアウトですが、展示車のメーターはカスタムパーツのものです。


リアシートフットコントロール(バックステップ)。
標準でパッセンジャー・ペグ(タンデムステップ)が付く場所にフットコントロールを移設するもの。
スポーツスターで高速を長時間巡航するときなど、パッセンジャー・ペグに足を乗せてみた経験がおありの方も少なくないのでは?
なお、これにより乗車定員は1名になります。
展示車両は標準のダブルシートが着いていましたが、タンデムステップなし=1名乗車登録=タンデムシートの取り付け不可となり、厳密にはこの状態で日本の公道は走れません。


エアクリーナーはスクリーミンイーグルのラウンドタイプが装着されていました。
フィルター剥き出しですが、インジェクション・モジュールはストックでも勝手に補正してくれる範疇なのかな?
なお、リストにはストリートチューナーも。
※一時期問題になりましたが、今のところアメリカ国内での使用が禁止になっているだけで、日本やヨーロッパでは合法だったはず。


バックステップ化で膝の曲がりがエアクリーナーと邪魔になる・・・・・
これは太古の昔からスポーツスターにバックステップを取り付けると問題になるポイントのひとつですが、それを回避するために展示車はストックのエアクリーナーを外して小ぶりなラウンドタイプにしているのでしょう。
それでも、短足の私が跨がってもエアクリが膝に当たります。
カフェよりもドラッグの雰囲気になりますが、エルボー・タイプのパワーフィルターが適切なのかも知れないですね。


ロードスター+カフェカスタム・フルパッケージ お品書き。
装着主要パーツ(画像の表に書かれているもの)
クリップオンハンドルバーキット/ラウンドバーエンドミラー+ハンドグリップ/リアセット・フットコントロール/デーメーカー・プロジェクターLEDヘッドランプ・キット/LEDブレットターンシグナル/コンビネーション・デジタルスピード&アナログタコメーター/フロントスポイラー/カットバック・バッテリーカバー&オイルタンクカバー/フロント フローティングブレーキローター/リア ポリッシュドブレーキローター/スクリーミンイーグル パフォーマンスエアクリーナー/スクリーミンイーグル プロストリートチューナー
PRICE 2,727,680円〜

[フルパッケージ]としながらもカフェカスタムテールセクション(シングルシート+シートカウル)が装着されておらず、マフラーカバーやスクリーミンイーグルのプラグコードなど表に載っていないパーツも装着されていました。
シートのシングル化など考えると実際は300万円コースですね!!


なおセパハンは対応フォーク経が3種(φ55mm、49mm、39mm)あり、XL1200CXのみならず最近の年式ならIRON883やFORTY-EIGHTなどでも同様のカフェ風カスタマイズが可能です。



リアウインカーのブラケットが変な感じだったのですが、これ後で調べたらXL1200CXのノーマルパーツでした。
なんで安っぽい樹脂でこんなカバーにしちゃったのでしょう。
荷掛けも意識したビレットパーツを造りたくなる。。。(ま、何処かやるでしょ)


それにしても、欲しいですROADSTER。






●大阪モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.jp/
●東京モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.org/
●ハーレーダビッドソンジャパン: http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html



  

Posted by xl1200 at 19:36│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Sportster and...  >  ROADSTER Cafe Custom[大阪モーターサイクルショー2017]
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52490232
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。