883R :blog [TOP]  >  Movie/DVD/TV  /   >  [宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち]第一章 嚆矢篇

March 02, 2017

[宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち]第一章 嚆矢篇


ヤマト2199の続編、[宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち]が始まりました。
第一章 嚆矢(こうし)篇 の劇場公開をなんばパークスで観てきました。 


数日前に舞台挨拶があったらしく、福井先生のサインがありました。
そうです、このヤマト2202は[ローレライ][戦国自衛隊1549][亡国のイージス][ターンエー・ガンダム][機動戦士ガンダムUC]などで知られる福井晴敏氏が脚本とシリーズ構成を担当しているのです。


早々となんばパークスの駐車場に車を停めて、ジョーシンとかナニワネジとか回っていたら時間の経過を忘れておりまして、慌てて戻って上映開始の2分前に発券しております(ギリギリセーフ)。

2199同様、Blu-ray発売やネット配信と並行して2週間限定で映画館でも上映されると言うもので、のちにテレビ放映もされます。
今回はテレビで言うところの第1話と第2話。
テレビ2話分相当なので、1時間足らずの上映時間となります。


イスカンダルへ行く[宇宙戦艦ヤマト]の続編というと乗員の大半が戦死して最後にヤマトが特攻をかける劇場版の[さらば 宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち]と、主要スタッフの死人があまり出ず(劇場版比)ヤマトも帰還するTV版[宇宙戦艦ヤマト2]があり、あまりのストーリーの違いと、[テレビと劇場版はパラレル]という概念が浸透していなかった為もあり当時物議を醸しましたが、リメイク版の本作がどういう結末に向かっていくのか気になるところです。


 
※冒頭12分・・・・・そのうち削除されてリンク切れになるかも知れませんが。


ヤマト2199ではドメル将軍にフルボッコだったガトランティスですが、今回はなんか強いです。
なお強力な[火焔直撃砲]は2199の追加エピソード[星巡る方舟]で既に登場しており、ガミラスからガトランティスへ亡命した科学者達によって開発された、という設定になってます。
そして冒頭映像を見ても解るとおり[2199]の続編ですから、地球とガミラスの関係が旧作とはまったく違う結果になっておりますし、何より重要なポイントとなるのが[波動砲]の扱い。
2199では[波動エネルギーの武器への転用]が大きな問題となっており、スターシャとの約束事がありました。

旧作で、復興後の地球軍にはアンドロメダだけでは無く普及型の戦艦にも軒並み[波動砲]が装備されていましたが、本作では(今のところ)主力戦艦は登場しておらず、拡散波動砲を持つアンドロメダ級が5隻登場しています。


さて上映作品。
そういったイロイロな[縛り]のある中で、旧作を踏襲した数々の懐かしい場面とまったく新しい設定とが上手く絡み合った絶妙のブレンドでした。
これは福井センセの脚本が見事ですね!!
アンドロメダの艦長が○○ではなく○○と言うのがもの凄く引っかかったり、、、
このあと、どのようにストーリーが着水出来るのか心配でもあり期待ももの凄く高く(笑)。
いやぁ、期待以上の素晴らしい出来でした!!


ヤマトが[謀反を起こす]のは6月から公開される第2章になる模様。
副監督・小林誠氏によると、第一章に登場するヤマト自体はまだ[2199 ボディ]とのこと。
第二章では(2199でスターシャに封印された)波動砲を再び装備し、魚雷発射口のデザインなどが異なる新しいヤマトに改装されてから発進するみたいです。


 
ジュリーも復活!
エンディングがこの曲というのは作品の話題作りとオールド・ファンへのサービスなのでしょうけど、今回の第一章では内容に合っていなかったと思います。
もっとお話が先に進んでから、たとえば最終章まで温存して置いたほうが良かったかも。

※劇場のスクリーンで観られるのは3月10日(金)までです!



●宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち: http://yamato2202.net/



  

Posted by xl1200 at 04:51│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Movie/DVD/TV  /   >  [宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち]第一章 嚆矢篇
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52486542
この記事へのコメント
喋るトランザムと同じ声のハドソン(「エイリアン2」)が
リアルに星になって切ない吹替バカが来ましたよ。

ガトランティスの大戦艦ですか?登場シーンがJRPGの中ボスかラスボス感が(困)
アンドロメダ初登場は…呼吸音があるなら「コー、パァー」に聞こえて。
航空戦艦型も登場と知人に聞きました。


Posted by HEPA at March 02, 2017 22:00
賛否両論のようですが、自分としては素直に楽しめましたね。
白色彗星とアンドロメダのテーマが大音響で聞けただけでも、満足かも。
注目の福井氏起用が吉と出るか?
UCの終わり方には今ひとつ満足してないので、最後のまとめ方だけが心配です。
Posted by taki at March 03, 2017 14:23
> HEPAさん!
Bill Paxton、、、RIPですね。

ガトランティスの大戦艦、宇宙戦艦ヤマトの元のネタであるアステロイドシップを再現しつつ、[復活篇]も思い起こさせる演出に驚きました。
福井先生よりも小林氏の手腕と思われます。
アンドロメダ級5隻のうち2隻が宇宙空母ですが、さすがに[ブルーノア]とは命名されず(笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at March 04, 2017 03:26
> takiさん!
いやぁ〜〜〜〜わたし的にも[大絶賛]です!!
森雪の私服デザインとか、思わずニンマリでしたよね。
古代を月に落とした輸送艦、復活篇で古代が乗ってたのにすごく似ていたような気もw
ちょっと気に入らなかったのはコスモタイガーI(IIと一緒にヤマトに載るらしい)の機体に大きくアンダーアーマーのロゴがついてたことぐらいです。

ここまでは文句なしの出来ですが、問題はこの先の展開と、お話をどう締めくくるか、ですよね〜。
空間騎兵隊の登場やテレサが反物質ではない、デスラーも出てくる、などが福井氏によって語られていますが。。。
Posted by Gotaro@管理人 at March 04, 2017 03:38
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。