883R :blog [TOP]  >  Harley-Davidson  /   >  新型[ROAD KING SPECIAL]

February 10, 2017

新型[ROAD KING SPECIAL]


ハーレーダビッドソンの2017年レイトモデル(ミッドイヤーモデル)が発表されました。
ロードキング・スペシャル・・・・ファクトリー・バガー・カスタムって所ですか。  

昨今のバガー系カスタムの手法をメーカーで取り入れたニューモデルで、ローダウン、大径フロントホイール、ミニ・エイプハンガーバー(1.25インチのファットバー)の採用などで今までのローキンとは違ったイメージにまとまっています。
さすがにメーカー純正なので、コンテストに出てくるようなカスタムバイク達と比べるとかなり控えめなアレンジですが、それでも十分にそっち系のテイストが出ていますね。


全体的には各部がブラックアウトされた[ダーク・カスタム]シリーズの手法です。
エンジンは言うまでもなく新しい4バルブの[ミルウォーキー8](1745cc)。
画像のカラーはオリーブゴールド(税込み 3,133,900円)。


ビビッドブラックは 3,087,400円(税込み)。
[タービン]キャストホイールはフロントが19インチ、リアが18インチ。
ロードキングのウインドスクリーンは外されており、一気に若返った感じです。
サスがローダウンされており、最低地上高とシート高がともにロードキング比 10mmダウン。


[ハードキャンディ]ホットロッドレッドフレークは 3,378,400円(税込み)。
このスタイル、ストリートグライドと人気を二分しそうな予感。


チャコールデニムは税込み 3,133,900円。
画像はオプションパーツ装着車。


元ネタ、ロードキング。
元々そんなにオジン臭くない機種なんですが、今回のスペシャルを見たあとだと如何にも[ツーリング・モデル]って印象になります。
ローキンはカスタムベースにも持って来いですけどね。



動画URL: https://youtu.be/on4ec8w1ctk



フロント19インチでも[FL]。
この機種に限らず、もう最近はこの辺の呼称は法則無視で(笑)。
ちなみにブレーキはブレンボ。


エクステンションで下に伸びたリアフェンダーと、サイレンサーに被さる特徴的なサイドボックス(サドルバッグ)。
ランプ類もCVOみたいなスタイリッシュなタイプに。


う〜〜ん、コレならツーリング系にも乗ってみたい!!
って人が増えそうですね。
私はとても手が出ませんが。。。


で、実は気になってるのが今回のミッドイヤーモデル・・・・今のところこの1機種のみ!?
まぁやたらと新機種を出す必要って無いのでしょうけど、バックステップやセパハン、シングルシートカウルが[パーツ]として発表されていたスポーツスター系がこのまま何も無いのですかね!?
日をずらして出てくるのか?(望み薄)

う〜〜む。



●ハーレーダビッドソンジャパン: http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html

Posted by xl1200 at 03:33│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Harley-Davidson  /   >  新型[ROAD KING SPECIAL]
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52484988
この記事へのコメント
昨日からあちこちのディーラーで予約開始始めました。
200台限定と煽るところまで

ソフテイル、ダイナと続々出すんでしょうね。
ミルウォーキー欲しくなるなぁ
Posted by あんちゃん at February 10, 2017 12:38
> あんちゃんさん!
半年で200台、、、1店舗辺りの割り当てとか考えると妥当なところかも知れないですね。
このあいだの限定フォーティエイトは日本に11台! でしたが。

ツインカムで今後の規制に合わせるのはかえってコストが掛かるとの判断でしょうから、今後4バルブ車が増えるのでしょうね。
Posted by Gotaro@管理人 at February 11, 2017 01:09
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。