883R :blog [TOP]  >  XL1200X(Forty-Eight)  /  883R.jp 開発  >  Forty-Eight(XL1200X)フェンダー適合の件

December 03, 2016

Forty-Eight(XL1200X)フェンダー適合の件


HARLEY-DAVIDSON XL1200X Forty-Eight
弊社ではセンターリブ・タイプのファイバー製フロントフェンダーを数種リリースしておりますが、2011年車をベースに開発致しました。 

そして2016年、Forty-Eight は足回りを中心に大幅なテコ入れ(ビッグ・マイナーチェンジ)が行われました。

2016 HARLEY-DAVIDSON XL1200X Forty-Eight
基本的なフォルムはキープしたまま、足回りで言うとキャストホイールの採用や前後サスペンションのグレードアップを実施。
フロントフォークはそれまでの39mm径から一気に49mmへとサイズアップ。


当然ですが、フロントフェンダーを吊しているスタビライザーも形状が変更されました。

タイヤサイズは変わっておらず、フロントフェンダーそのものを変更する[必要]は無いのですが、念のためモーターショーの時にディーラーの人に訊くと、やはりフェンダーは同じものだと。
ひと安心。



ところがある日、お客様より指摘がありました。
2016年式はフロントフェンダーも変更されているので、883R.jpの製品は適合しませんよ、と。
なるほど調べてみると他社さんも皆、適合は2015年式までになって居るではないですか。
そこで、弊社製品も表記(適合)を2015年モデルまで、と書き直しました。


ところがどっこい。
最近になって、いやいやディーラーで同じ部品と言われましたよ、とのご意見。
・・・・どうしてこうも情報が錯綜しているのか!?

ちなみに私も以前調べ直した事があるのですが、カスタムパーツ(純正)カタログの[COLOR SHOP]にある塗装済み外装キット(タンクと前後フェンダーをオリジナル塗装にしたセット)では2010年以降すべて適合(※何故かカナダ仕様、メキシコ仕様は除外)となっていたので、フロントフェンダーもタンクも2016年以降も互換性がある筈なのにな、と不思議に思っていました。



さて真実は何処?
と言う事なんですが先日、謎が解けました。

現行(2016〜2017年)のフロントフェンダーの純正部品番号は 58900101DH と言う聞き慣れない番号。
純正部品を調べたことのあるハーレー乗りならこの変な(今までの法則と違う)部品番号に驚かれると思います。
実は近年、部品番号の付け方が変わったらしいのですよ(知らんかった・汗)。
ところが、2016年以降のフロントフェンダーのプライム仕上げ(=下塗り状態)を調べて貰ったところ 60574-10 と言う、従来どおりの部品番号が出てきました!
この番号は末尾の2桁でも判るのですが2010年から同じものです。
※たとえば2015年に部品がアップデートされると 60574-15 となるのです。
なお、もし材質変更などで[変更になっても互換性がある場合]は 60574-10A みたいな感じです。
[補足]XL1200X は日本では2011年モデルが初ですが、北米では2010年ミッドイヤーモデル(レイトモデル)として先行販売されています。

調査にご協力頂いたハーレーダビッドソンプラザ伊丹さん、ありがとう御座いました。



と言う訳で二転三転しましたがこの度 XL1200Xのフロントフェンダーが、2010年から同じ形状と言う事が確認出来ました。
同じ部品と言う情報も、部品(番号)が変更されていると言う指摘も、どちらも間違っては居なかったのですね。

注)スタビライザーから吊り下げる方式ではないフェンダーは互換性が無い場合があります。




[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp

Posted by xl1200 at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  XL1200X(Forty-Eight)  /  883R.jp 開発  >  Forty-Eight(XL1200X)フェンダー適合の件
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52479621
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。