883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  RD56(250ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-11

November 26, 2016

RD56(250ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-11


YAMAHA COMMUNICATION PLAZA HISTORIC MODELS DEMONSTRATION RUN 2016

11月5日(土)にヤマハ袋井テストコースにて開催された[歴史車輌デモ走行会見学会 2016]より、展示車両のひとつ1965年型RD56です。
[2ストロークのヤマハ]を世界に印象づけた強力なマシン。 

ヤマハにとって初のGP250マシンRD48(1961年)を改良発展させ、翌1962年に国内デビュー。
エンジンはRD48の35psから45psにまで高められ、クローム・モリブデン鋼管のフェザーベッド型ダブルクレードルフレームに搭載。
足回りも大幅に強化され、1963年から世界選手権に投入。
トランスミッションを7段にするなど熟成を重ね、1964年、1965年と2年連続でライダー(フィル・リード)とメーカータイトルを手中にした傑作機。
展示車両は1965年型で、エンジンの出力は50ps超。


RD48まではYD系に大型のフェアリングを取り付けたようなフォルムでしたが、このRD56では低いハンドルとロングタンクという近代的なスタイルになりました。
ずらして溶接してあるフロントのアクスル部分はこれで良いのか? と目を剥きましたがこのマシンも美しいですね。
サイレンサーの着用義務が無かったのでしょうけど、細長いチャンバーの先端も新鮮に映りました。


















このマシンはデモ走行しました!
走行シーンは後日アップします。


1965 YAMAHA RD56
エンジン形式: 空冷、2ストローク、並列2気筒、249cc
ロータリーディスクバルブ
トランスミッション: 7速
最高出力: 36.8kw(50PS)/ 11,000rpm 以上



2009年9月の磐田(コミュニケーションプラザ)ではカウリングが外された状態で展示されていました。




●コミュニケーションプラザ - ショールーム | ヤマハ発動機株式会社: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/
●1965年 RD56 - コミュニケーションプラザ: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/racing_rd56/
●RD56 - レース | ヤマハ発動機株式会社: http://global.yamaha-motor.com/jp/race/wgp-50th/race_archive/machines/rd56/



  

Posted by xl1200 at 00:18│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  RD56(250ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-11
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52479023
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。