883R :blog [TOP]  >  Book  /  Motorsport  >  RACERS Vol.41 VTR1000SPW

November 24, 2016

RACERS Vol.41 VTR1000SPW


RACERS Vol.41 HONDA VTR1000SPW。
・・・・・っていつのネタやねん?? 

実はこの本、2ヶ月前に出た奴です。
忙しかったのと、実はこのホンダのVツイン・レーサーにはまったく思い入れも想い出も無かった為、買うには買ったけど書店の袋に入ったままずっと部屋の片隅に…


明日と言うか日付的にはもう『今日』なのですが、最新刊(カワサキ・タンデムツイン)が出るので 「書店に寄らないとなぁ〜〜〜〜あれっ!? VTR買ったまま放ったらかしやん!!!」と思い出しまして(汗)。
先ほど、開封してナナメ読みした次第です。。。


スーパーバイク選手権で日本メーカーの性能が高すぎて、ドゥカティが勝てるように2気筒が優遇されるレギュレーションになりました。
具体的には4気筒は750ccまで、2気筒は1000ccまで。
更に、最低重量制限まで差を付けたので、一挙に日本の4気筒勢は劣勢になったのです。
そこで4気筒に更なる磨きを掛けるのでは無く、ホンダさんはRVFと言うものがありながらもドカと同じ条件で走れるようにVツイン作っちゃった。
するともう、ドカより速い訳で・・・・

なんかその流れが好きになれませんでね。
FIMのレギュレーションもそりゃぁフェアじゃ無いのでホンダのやり方がズルいとは思わないけれど、なんか本末転倒な対応策に白けちゃったんです。
おかげで歪なレギュレーションが正される結果となったので、そこは評価してましたが。


でも、RACERSをパラパラめくってみると流石のホンダさんもそう簡単に2気筒をモノに出来て居たんじゃなくて(エンジンよりも車体)、度重なるフレームの設計変更を繰り返し試行錯誤。
クセのあるハンドリングをライダー達がなんとかしちゃってたんですか・・・・今度、ちゃんと読んでみないと。

関わった超一流のライダー達・・・・コーリン・エドワーズ、ニッキー・ヘイデン、加藤大治郎、ヴァレンティーノ・ロッシ、玉田誠、岡田忠之、、、、、
うん、今更だけど興味出てきたぞ・・・・今度読み返してみよう。



●RACERSブログ: http://racers.cocolog-nifty.com/



  

Posted by xl1200 at 05:21│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Book  /  Motorsport  >  RACERS Vol.41 VTR1000SPW
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52478839
この記事へのコメント
日本GPのノリックシートで辻本と共に来たグラサンした怪しい男が玉田と判明

オーラがなかった。(笑)
Posted by あんちゃん at November 24, 2016 17:10
> あんちゃんさん!
まぁ日本のレーサーって2輪4輪問わず、あんましオーラは出てませんよね(笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at November 25, 2016 08:26
>あんましオーラは出てませんよね
数年前、神戸の某ライブ会場でライジャケを着てスマホを触っている眼光の鋭い、何やら怪しい人を見て思い出せなかったのですが、歌の中で「カタヤマさん」って言ったような気がしたので再度見ると、なんと片山敬済氏でした。
ご家族で聴きに来てました。
20年来遠ざかっていたのですっかり忘れていました。写真集も買ったのにねえ。
ライブ後、少しお話をしたところレスキュー活動をしているとのこと。
たまには走ってほしいですね。
Posted by 読者 at November 25, 2016 20:29
> 読者さん!
をを、六甲最速のレジェンド!
彼のNS500のフレームは宇宙から集めたパワーで剛性アップしていたそうですね〜。
レスキューですか。
何かバイクのイベントにも来て欲しいですね!!
Posted by Gotaro@管理人 at November 25, 2016 23:33
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。