883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  YDS-1 浅間スペック [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-7

November 15, 2016

YDS-1 浅間スペック [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-7


YAMAHA COMMUNICATION PLAZA HISTORIC MODELS DEMONSTRATION RUN 2016

11月5日(土) ヤマハ袋井テストコースにて開催された[歴史車輌デモ走行会見学会 2016]より、展示車両のひとつYDS-1 Asama Specです。
これまたレトロな外観のオートバイですね。 

日本初の本格スポーツモデル[YAMAHA YDS-1]をベースに、大型燃料タンクなどのキットパーツを装着して作られたクラブマンレーサーの浅間火山レース仕様。
1959年8月、第3回浅間火山レースと併催された第2回全日本モーターサイクルクラブマンレースでデビューし、以降日本各地で開催されていたアマチュアレースにて活躍したオートバイ(展示車は1959年モデル)。
このモデルの登場によってレース参加の敷居が下がり、競技人口の増加、モーターサイクル文化の醸成に貢献したのだそうです。

YDS-1用キットパーツは[浅間仕様]以外にも各種カテゴリに合わせて色々出ていたらしい。
そんな時代にもう[レースキット]が多種存在したというのはなんだか凄い話ですね。
浅間仕様ではエンジンは公道仕様の20psから5psアップ!


タンクの赤とニーグリップパッドの色の組み合わせがなんともビミョウ(笑)。
全体のフォルムは懐かしさと言うには年代が違いすぎますが、SR400のカスタムバイクなどで見覚えがあるスタイル。
控えめなチャンバー形状を持ったメッキのエキゾーストが良い感じです。






展示車には白髪の元気なじっちゃん達が常に取り巻いていました。
きっと私らオッサン世代がテック21とかによだれを垂らすのと、同じ感覚なのでしょう!


1959 YAMAHA YDS-1 Asama Specification
エンジン形式: 空冷、2ストローク、並列2気筒、246cc
トランスミッション: 5速
最高出力: 18.4kw(25PS)/ 8,000rpm 以上


オマケ画像は例によって2009年9月の磐田(コミュニケーションプラザ)のもの。

この時のYDS-1 浅間スペックには風防が取り付けられ、誇らしげにゼッケンナンバー1も付いてました。



●コミュニケーションプラザ - ショールーム | ヤマハ発動機株式会社: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/
●1959年 YDS-1 Asama Spec - コミュニケーションプラザ: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/racing_yds-1/



  

Posted by xl1200 at 20:59│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  YDS-1 浅間スペック [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-7
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52478106
この記事へのコメント
60年近く前のバイクが綺麗に残ってるのがスゴイ
Posted by あんちゃん at November 16, 2016 12:19
> あんちゃんさん!
これより古い[赤とんぼ]YA-1で来場していた客がいてビックリしましたよ!!
Posted by Gotaro@管理人 at November 16, 2016 15:31
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。