883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  RF302(幻の50ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-4

November 13, 2016

RF302(幻の50ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-4


YAMAHA COMMUNICATION PLAZA HISTORIC MODELS DEMONSTRATION RUN 2016

11月5日(土)にヤマハ袋井テストコースにて開催された[歴史車輌デモ走行会見学会 2016]より、展示車両のひとつRF302です。
細っそい車体!
そしてまったく聞き慣れない機種名ですが・・・・ 

1969年に導入された世界GPの車両規定に対応して開発された、ヤマハ発動機初のGP50用ファクトリーマシン。
水冷・2ストローク・単気筒エンジン、6速トランスミッションを採用し、17馬力・最高速170km/h以上の性能を実現していたが、ファクトリーチームの世界GP撤退により1度もレースに参戦することがなかったとか。

世界GPの50ccクラスというのは1962年から1983年まで開催。
翌84年から89年までは排気量をアップさせた80ccクラスがあり、かろうじてその軽量級のレースが記憶に御座います。
デルビ、ガレリ、モルビデリと言った欧州メーカーが活躍していましたね。


幻の50cc・ヤマハ機。
全体のフォルムはこのクラスならではのもので、ライポジは低く、前面投影面積を少なくしたカウルのデザイン。
タイヤの細さやシートの小ささには驚きです。















1969 YAMAHA RF302
エンジン形式: 水冷、2ストローク、単気筒、49cc
トランスミッション: 6速
最高出力: 12.5kw(17PS)/ 14,500rpm 以上



●コミュニケーションプラザ - ショールーム | ヤマハ発動機株式会社: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/
●1969年 RF302 - コミュニケーションプラザ | ヤマハ発動機株式会社: http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/collection/racing_rf302/



 

Posted by xl1200 at 06:25│Comments(6)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Motorsport  >  RF302(幻の50ccレーサー) [ヤマハ 歴史車輌デモ走行会見学会2016]-4
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52477885
この記事へのコメント
ナローな造形にそそられますね!
Posted by 読者 at November 13, 2016 13:17
ヤル気になれば50ccで170kmも出せるバイク作れるのか。50ccで6速ってのも凄いな。。
Posted by あ at November 13, 2016 20:18
> 読者さん!
お腹出てると乗れませんね〜(苦笑)。
ハンドルの絞り具合もハンパなかったです!
Posted by Gotaro@管理人 at November 14, 2016 15:07
> あ さん!
この小さな車体に身体を折りたたんで目一杯伏せて、スクリーン越しに見る時速170kmって怖ろしい世界でしょうね。
Posted by Gotaro@管理人 at November 14, 2016 15:10
なんと詳細なリポートともにYouTubeもありました。

http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=120898
Posted by 読者 at November 14, 2016 20:31
> 読者さん!
なんとも何も、沢山のメディアで取り上げられてますよ。
それを紹介してたんじゃブログを書く意味が無くなりますが。

いずれ書きますが、一般見学客とプレス(メディア)との待遇差が酷かったです。
Posted by Gotaro@管理人 at November 15, 2016 02:46
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。