883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  キャップオープナーほか新兵器導入編 [HG YMS-03 ヴァッフ]-6

September 16, 2016

キャップオープナーほか新兵器導入編 [HG YMS-03 ヴァッフ]-6


HG THE ORIGIN 1/144 YMS-03 WAFF(ヴァッフ) 第6回。
細かい作業になりますが、ここで色々と新兵器投入。
新兵器というのはモビルスーツの武具の話じゃなくて、模型を作る上での道具です。 

前回の作業(塗料の蓋)で手のダメージが大きかったので、存在を知りつつ今までスルーしていた便利グッズに手を出しました。
それは、GSI クレオスが販売している「Mr. キャップオープナー」。

Amazonにはマーケットプレイス(プライム対象外)しか見当たらなかったので、ヨドバシを利用。
速攻で届きました!
ジョーシンまで買いに行くより便利でしたわw

ちなみに・・・・・この翌日だったか試しにスミいれペン(税込み 162円)を発注!

これもすぐ届きました、送料無料で!・・・・採算、大丈夫かと心配になるレベルですね。

さて「Mr. キャップオープナー」ですが、プラスチックのメガネレンチとゴムの器(ボトルグリップ)のセット。

こんなもん、わざわざカネ出して買うほどのもんか? と誰しもが思うことでしょう。
私も半信半疑でしたが、ことごとく固着してしまっている塗料の蓋を思うと、、、、


ボトルグリップに塗料の瓶を入れ、レンチのギザギザを塗料の蓋にセット。


あらら不思議? クイッと簡単に蓋が開きました!
指を痛めつけるあのギザギザがギヤとなってレンチと噛み合い、テコの原理で開くのですが、、、 この製品のポイントはこのレンチよりもむしろゴムのボトルグリップにあるのかも知れません。
これは愉快痛快!
こんなもの、、、、と言う先入観は捨てて、これは買ってみる価値アリですよ!(超オススメ)


レンチのギザギザはピッチが2種類あり、片方はクレオスの水性塗料やガンダムカラー用、もう片方はGXカラー用、真ん中のスリットはアクリル系Mr.カラーに使えます。
※一部タミヤの塗料にも使えるそうですが、自己責任でどうぞ。

ちなみに蓋を開けたカッパー(銅色)はバズーカの弾丸部分に塗りました。


さて次に平手。

製造の都合や強度の問題からか[水かき]がやたら目に付きます。


今度は買い置きしてあったクラフトソー(カッターのこ)を開封。


でもこれは失敗というか、使いどころがここじゃ無かった模様。
鋸の歯が引っかかる感じなので、このような狭い細かい場所では上手く使えなかったです(道具が悪いのではなく使い方が違ってた)。
刃は2種類付いていて、何故か片方にだけカバー付き。
OLFAの刃って事は・・・・・調べると黄色い柄のオルファ製も出回ってますね。


途中からアートナイフと紙ヤスリに持ち替えて作業してみたけどこんな感じで中途半端に(苦笑)。
オリジン版のザク系にはたぶんこの左手はデフォで付いているでしょうから、もうちょっと技術を習得しないと駄目ですね。


続きましてはバズーカと、そのスコープ問題。
スコープはシール式なので、ここはHアイズのレンズに取り替えたいところです。

ピンバイスで試すも、ここまで。
穴を広げる必要があります。

で、ダイソーで買ってきたコイツの出番!

ミニ・ルーターー!(CV:大山のぶ代)
安価な電池式ルーター(リューター)ですが、百均の中では600円+税という高額商品です。
単4電池(2本)は別売り。

早速試してみましたが、これも「使える!」アイテムでした。

プロクソンとかドレメルのほうがそりゃ数倍、数百倍モノは良いでしょうけど、今回の用途には百均アイテムで十分な結果を得られました。


スコープのレンズですが、何色にしようか考えた挙げ句、MGジムカスタムのゴーグルにしか使ってなかったクリアオレンジの塗料を思い出し、透明のHアイズに塗って使うことに。
レンズは塗料が乾くまで放置になります。


そしてバズーカ本体ですが、これがもう見事な「モナカ割り」構造。
HGなので当然の仕様ですけど、実はこれで済まなかったり、、、、

塗装した弾丸のカッパーは表面が乾いていたのでセットします。
真ん中で割れた筒を合わせる訳ですが、ここが最近バンダイが多用する「段落ち」になってるんです。


元からそこには分割線が走ってるので「合わせ目消し」は必要無いですよ〜〜! という段落ちモールドは親切な設計とも言えるのですが、それも場所によりけりでして。

このバズーカの場合・・・・

砲身から弾倉まで思いっきり段落ち仕様。
ザクバズーカやジャイアントバズのようなデザインが定着している武器では勝手にモールド付けると問題になりますが、試作機ヴァッフの試作バズーカという事で、投げやりというか開き直りのようなデザインです orz
また、この合わせ目(段落ちモールド)の一部または全部を消そうと思うと、パテ埋め〜塗装を要するので厄介です。


バズーカの段落ちモールドも問題ですが、Hアイズのクリアオレンジが乾くまでしばし中断と言う事でここまで。


>> つづく
>> HG YMS-03 ヴァッフ-1: http://blog-883r.jp/archives/52458300.html



    

Posted by xl1200 at 22:29│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  キャップオープナーほか新兵器導入編 [HG YMS-03 ヴァッフ]-6
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52472181
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。