883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Movie/DVD/TV  >  ムービーモンスターシリーズ [メカゴジラ初号機Ver.]

July 29, 2016

ムービーモンスターシリーズ [メカゴジラ初号機Ver.]


ムービーモンスターシリーズ メカゴジラ初号機Ver. のレビューです。

商品名には[初号機Ver.]としかありませんが、エヴァンゲリオン初号機カラーVer. の意。
シン・ゴジラ[ゴジラ対エヴァンゲリオン]コラボ企画のひとつとなります。 


新作映画[シン・ゴジラ]の前売りチケットとのセットで、セブンイレブンの限定品(5/2 即日完売!)。
フィギュアはPVC製、つまりソフビ人形。
一般発売されている[ムービーモンスターシリーズ]メカゴジラ(2004)の色替え商品。
プレミアムバンダイでもエヴァ初号機カラーと弐号機カラーのメカゴジラ(3式機龍)高級ソフビが予約受付中で、その価格(税込み 29,160円)と共にちょっと話題になりましたが、今回のはもっと廉価のシリーズがベースになってます。


こういう商品タグって外さない方が良いのですかねぇ〜??
別にコレクターでも転売目当てでも無いですが。
(とりあえず、まだ外していません)


エヴァンゲリオンにもミレニアム版メカゴジラにもそれほど執着していませんが、パープル基調のカラーリングがメカゴジラのフォルムに凄く似合っており、ビビッと来て予約しちゃいました。
また、エヴァはロボットでは無くて拘束具に覆われた生物である事と、ゴジラの骨格をメタルの装甲で覆ったメカゴジラ(3式機龍)という設定が妙にシンクロして、直感的に面白いと感じたのです。

※ゴジラのミレニアムシリーズで登場した[3式機龍](メカゴジラ)は、オキシジェンデストロイヤーで溶かされた初代ゴジラの骨格を東京湾から引き上げ、ゴジラの骨格をフレームにして作られた自衛隊の超兵器という事になってます。
ゴジラとの初対戦ではゴジラの咆哮に共鳴したことで[暴走]するという、エヴァ的な側面も。


ムービーモンスターシリーズは初ですが、サイズはこんな感じ。

リックドムとハイタッチ!
ガンプラ 1/144の中でも比較的ボリューミーな HGUC リックドム と比べて、頭ひとつ飛び出ています。


いつぞやのSHモンスターアーツ ゴジラ登場(つか、仕舞いこんでたので結構探したw)。

中途半端に、背丈はちょっとだけゴジラよりも小さい感じ。
でもってボリューム感ではゴジラが圧勝。


腰回りの太さや尻尾までの長さが全然違います。
[3式機龍]は歴代メカゴジラの中では尻尾が長いほうなのですが(中にゴジラの骨格ですからね)。


左右で肩のデザインが異なって居ます。
メタリックな塗装で[ソフビ]と言っても高級感がありますよ。


フロントビューはゴールド、グリーン、レッド、艶消し黒などカラフルですが、背中側はほぼパープル一色。
尻尾は画像のように根元から可動しますが、動かすためと言うより製造上の都合かも?


あとは両腕と首が動かせます。
顔はゴジラと言うよりドラゴンとか麒麟ぽい意匠かな。


迫力ありすぎるモンスターアーツ ゴジラと並べると少し貧相でしたが、単独ではプロポーション良好です。
何よりカラーリングのセンスがヨロシイ!
ソフビ人形というと子供の頃に集めてたブルマァク製ウルトラ怪獣のイメージなんですが、以外とディテールが細かく、かつ造形がシャープなので認識が変わりました。
でもソフビって事はそのうち色褪せたり加水分解でベトベトしたりするのかな??



ゴジラさんにガン飛ばされて硬直するメカゴジラ。。。
「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ・・・・」


以上、限定ソフビの簡単なレビューでした。



●映画『シン・ゴジラ』公式サイト: http://shin-godzilla.jp/
●ゴジラ対エヴァンゲリオン特設サイト: http://shin-godzilla.jp/gvse/



    

Posted by xl1200 at 04:01│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Movie/DVD/TV  >  ムービーモンスターシリーズ [メカゴジラ初号機Ver.]
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52466279
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。