883R :blog [TOP]  >  SUBARU XV  /  GEAR  >  バックカメラとガラコブレイヴ [SUBARU XV]

July 23, 2016

バックカメラとガラコブレイヴ [SUBARU XV]


以前、オートバイやヘルメットにも活用出来る[ガラコ]としてブログを書いたことがありますが、少し前に購入。
諸般の事情でバイクでのテストは行えませんので、ガラコ・ブレイヴをクルマのバックカメラほかに施工してみました。

※既に全国的に梅雨明けとなりましたが、近畿地方の梅雨入り直後に施工して、梅雨の間テストした結果のレビューとなります。 

ナビ連動のバックカメラにも色々あるのでしょうけど、私がスバルディーラーで取り付けて貰ったカメラは雨が降ると大きな水滴が育ち、カメラとしての機能を果たさなくなるのが欠点です。


水滴がレンズになり、画面全体がイビツに湾曲したまま揺れてしまい、後方視界が著しく悪化します。


本題へ行く、その前に・・・・
よく「バックカメラを使うなんて、どんだけ運転下手くそ?」的な話が出ますが、イマドキのクルマは衝突安全性が優先されるためかウエストラインが高い=グリーンエリア(ガラスエリア)が一昔前のクルマより狭い設計で後方視界は悪いです。
また車庫入れ等でバックする際に運転席のドアを少し開けて目視しながら・・・・というテクニックも出来ません(車種にもよりますが、ギアが入った状態でドアを開くと安全の為にエンジン停止したりします)。
よって新しいクルマほど視界確保のためにバックカメラはマストアイテムとなっているのです。
コーナーセンサーなどと同様に考えてはイケマセンですよ!


さて、ガラコブレイヴ。

特徴はガラスだけではなく樹脂にも使えるので、オートバイのウインドシールドやヘルメット(シールド)、樹脂製のヘッドライトレンズ、ドアバイザーなどにも施工出来るようになりました。

・・・・つまり、今までのガラコは樹脂はNGだったらしい(気にせず使っている人も少なくないと思いますが)。
新しい[ブレイヴ]は樹脂に浸食しない成分と言う事ですね。


開封すると、特殊な形状の容器に入った本体と、マイクロファイバークロスが入っています。
マイクロファイバークロスはカー用品店でワゴンに入っているような安っぽい感じですが、オマケですから大目に見ましょう。


特徴的な容器はフェルトが湾曲に重ねられており、曲面に施工しやすい構造。
ヘルメットのシールドに良さそうなカタチ。


ただ今回施工するバックカメラにはこの容器の構造は意味なし!(むしろやりにくい・苦笑)
結局、溶剤を適当に塗ってマイクロファイバークロスで均一に伸ばす手順となりました。


せっかくなのでリアウインドウにも塗ってみます。
※アイサイト車のフロントガラスには、コーティング類はNGと言う事になっていますので、リアに試した次第。


ついでにサイドミラーにも施工してみますが、ここまでこの容器の構造はデメリットでしか無く(苦笑)。
そのサイドミラーですが、以前乗っていたレガシィ(BG5)の場合は内蔵ヒーターONで曇り止めどころか熱で水滴をミラー表面から蒸発させてくれていました。
今乗ってるSUBARU XVだとヒーターが弱いのか曇り止めとしてしか使えないのが気になっており、ガラコの撥水に期待してみることに。

施工が済んだら付属の蓋をしっかり閉めて[フェルト面が上を向くように]保管せよ、と書いてますけどこの容器はフェルト側を上にして自立しません!
やっぱこの入れ物考えた人、アホだわ。



さて梅雨の間に試した結果なんですが・・・・まずリアウインドウ。

水はじきがこんな感じなんです。
従来のガラコと比べて水滴がずいぶん小く、おそらく個々の水滴が軽いためでしょうけど表面張力でガラスに張り付いており、普通のガラコのように水滴の自重や走行風で流れる感じと異なってます。
フロントだと違うのかも知れませんが、ハッチバック車のリアウインドウは走行しても水滴が落ちにくい印象。
その状態でも後方視界は確保されているので、言うほど悪くはないんですが。


ルームミラー越しの後方視界。
水滴が流れず張り付いて頑張ってくれてます。。。
サイドミラーも同じような感じです。

そして肝心のバックカメラですが・・・・

これはなかなか良好。
雨の降り方で水滴の付き具合は変わるので施工から暫く様子を見ましたが、ガラコ施工前のような状態にはならなかったのです(今なお観察中ですが)。


施工から現在までで、いちばん酷かった状態でもコレ(○の中に水滴)。
小さな水滴のまま[水滴によるレンズ]が大きく育たないみたいで、バックカメラに関しては良好な結果となっています。



なおアマゾンなどのレビューを読みますと、やはり水滴が走行風で流れにくい為に、オートバイのヘルメット(シールド)には不向きだと指摘されています。
撥水効果も通常のガラコより弱い。

樹脂に浸食しないというのは画期的なのですが、容器のデザインを含めてまだまだ改良の余地アリってところでしょうか。
よって今のところ可も無く不可もなしと評価させて頂きます。
バックカメラへの効果は(個人的に)満足していますが、他の製品のほうがもっと良いという可能性もありますね。。。
ご参考までに。



  

Posted by xl1200 at 05:39│Comments(9)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  SUBARU XV  /  GEAR  >  バックカメラとガラコブレイヴ [SUBARU XV]
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52465826
この記事へのコメント
バックカメラは必須アイテムです。
うちの車庫狭いのでバイク後ろにありますから
Posted by あんちゃん at July 23, 2016 14:49
この手の撥水剤は、夜間に残った水滴が街灯等の上からの光に乱反射して見えにくいのでフロントもリヤもサイドもちろんミラーにも使っていません。
Posted by フフ4RR at July 23, 2016 18:12
> あんちゃんさん!
をを、バイクにぶつけたら大変ですね!!
Posted by Gotaro@管理人 at July 24, 2016 05:48
この手の撥水剤。
湿度が高い地域に入ると、一瞬にして視界がホワイトアウト!
以来、使っていません。

油分をきっちり除去し、磨き上げるのが
私には好みです。
Posted by さと ゆご at July 25, 2016 16:04
> さとゆごさん!
まぁ好き嫌いのあるアイテムですよね。
今のところバックカメラが曇ったことはないです。
Posted by Gotaro@管理人 at July 25, 2016 21:09
お久しぶりです。毎日暑いですね。
この方法 バックモニターカメラに試してみます。
確かに 水滴が邪魔で わざわざ降りて拭くことも・・
ありがとうございました。
Posted by うたし at August 13, 2016 19:41
> うたしさん!
大きな水玉がレンズになって、殆ど見えなくなってしまいますよね。
バックカメラにガラコの効果は上々です。
お試しあれ。
Posted by Gotaro@管理人 at August 14, 2016 06:30
おひさしぶりです。
バックカメラの水滴防止、真似しました。
素晴らしい! 今まで雨が降ると見えなくなってたのが、いつでも視界良好。
ありがとうございます :)
Posted by e27 at October 29, 2016 19:41
> e27さん、お久しぶりです!
なんであのカメラのレンズには水滴が集まってしまうのでしょうね(苦笑)。
水滴が大きなレンズ化して画像がユラユラ!!
元から撥水性のフィルターでも付けて欲しいところです。
Posted by Gotaro@管理人 at October 30, 2016 05:26
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。