883R :blog [TOP]  >  Freetalk  /  Social/Environment  >  小型の移動オービス、生活道路にも実戦配備!

June 18, 2016

小型の移動オービス、生活道路にも実戦配備!


小型化された[速度違反取り締まり装置]・・・・そう言えば、このタイプの試験運用の話題が上がったのは随分前のこと(このブログだと2014年の10月)でしたね。 

毎日新聞の記事によりますと小型オービスは今年の4月から本格運用が始まっており、埼玉県警・岐阜県警では[生活道路]への設置も進めて行く、と言う事です。

>> 速度違反取り締まり装置:生活道路に設置 埼玉県警 - 毎日新聞: http://mainichi.jp/articles/20160618/k00/00e/040/258000c

「悲惨な事故や交通違反減らしたい」 岐阜県警も同時に

 埼玉県警が、学校の周辺や住宅街にある幅の狭い道路に「速度違反取り締まり装置」を設置する取り組みを進めている。同装置は全国の高速・幹線道路に設置されているが、いわゆる「生活道路」での運用は、同時に始めた岐阜県警とともに全国で初めて。警察庁は「効果を見極めた上で、全国に紹介したい」としている。

 埼玉県警交通指導課によると、運用開始は4月。高速道路などに設置されている装置は、アーチに取り付けたカメラなどで上方から違反車の撮影と速度の記録を行う。県警が生活道路に導入したのは、高さ約1.3メートルと約2.5メートルの小型の2種類で、三脚で立てるなどして設置する仕組み。運搬が可能なため、日ごとに異なる場所に置くことができる。

 県警のまとめでは、埼玉県内で昨年1年間に幅5.5メートル未満の道路で発生した人身事故は8052件で、死亡事故も22件起きている。生活道路は通学路になっているにもかかわらず、急いでいるドライバーが「抜け道」にして速度を上げることもあるため、子供が事故に遭うケースも後を絶たない。

 県警の担当者は「狭い道路にも速度違反取り締まり装置があることをドライバーに認識してもらうことで、法定速度を守ってもらい、悲惨な事故や交通違反を減らしたい」と話している。【鈴木拓也、川上晃弘】

生活道路での暴走車両を取り締まる、と言うのは実に良い話なのですが、不条理な取り締まりにならない事を祈りたいですね。
如何せん交通課の取り締まりって事故の[抑止]よりも[捕らえることが目的]に見えるケースが多々、ありますので。


●毎日新聞のニュース・情報サイト: http://mainichi.jp/

Posted by xl1200 at 23:07│Comments(1)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Freetalk  /  Social/Environment  >  小型の移動オービス、生活道路にも実戦配備!
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52462054
この記事へのコメント
スピードもいいけど、通学時間のスクールゾーンを抜け道に使う連中を何とかしてほしいですね。
Posted by RLS at June 20, 2016 00:07
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。