883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  LEGACY/Subaru  >  デアゴ ラリーカーコレクション - スバル・レガシィRS (1993)

April 16, 2016

デアゴ ラリーカーコレクション - スバル・レガシィRS (1993)


デアゴスティーニ 隔週刊ラリーカーコレクション Vol.69
Subaru Legacy RS] 1993年 ポルトガルラリー仕様 マルク・アレン車 

近所の書店にて予約取り寄せで発売日に入手しております。
デアゴのシリーズは創刊号から暫く経つと書店の店頭からは姿を消すんですよね。。。

久しぶりにこのシリーズを買います。
前回購入はインプレッサ555で、なんともう、2年も前!! >> http://blog-883r.jp/archives/52365400.html


一応書籍ですので・・・・

セバスチャン・ローブ選手、レガシィRS、セリカGT-FOURなどの記事が御座います。


コレクション(ミニカー)を開封。

デアゴやアシェットのミニチュア、製造時または輸送中に(or書店で)壊れてたり、部品が明らかに足りてなかったり色々あるので可能なら店頭で確認してから買うのですが、今回は取り寄せですから個体を選ぶことは出来ません。
一応、アンテナがもげてたりって事は無かったですが、、、


カラフルで好きなんですよね、このブルーが濃かった頃の555カラー。

しかしケースの蓋を外してチェックすると、画像では判らないですがそこらじゅうに指紋が!
素手で製造してるんですかね orz
あと、そこかしこに接着剤がはみ出ており、乾いた接着剤が糸状のゴミになってました。
ダッシュボードや、左ドア側面に大きな糸くず(接着剤)が引っ付いているのは画像でも判るレベル。


あと、ボンネットのイエローのグラフィック部分に傷が付いていました brz


そのデカール類(タンポ印刷?)ですが、余白の凹凸が結構目に付くんです。
)))SUBARU とが一枚のデカールなんですね。
今までのインプレッサなんかも同じだったっけ? と確認するとデカールの厚みもなく、青い部分に意味の無い凹凸は見当たりません。

指紋、接着剤、デカール・・・・初期よりも作り方が雑になっているって事ですわ、残念。
人件費云々も影響してるのかな〜。


あとまぁ、言っても仕方ないんですが[555]が[ )))]なのは残念ですね。
昔からレースの開催地によってはタバコ広告が禁止されてロゴを誤魔化すことはありましたが、このクルマは1993年ポルトガルですから写真にあるとおり555で走ってるんですからねぇ。


クルマ全体のフォルムというか造形は結構良いです。
この顔のツーリングワゴンに乗っていたこともあったので、思い入れもひとしお。
まんま同じデザインのテクノマグネシオのホイールがオートバックスで売ってたけど、高すぎて手が出なかったなぁ。


7〜8,000円クラスのレジンキットと比べると細部は雑な面も見受けられますが、2,086円+税で手に入ったのだから良しとするべきなのか?
元の造形(IXO製)は文句を言ってはいけないレベルなんでしょうけど、デアゴスティーニのコレクション用に安い予算で製造された際に雑な作りになっちゃったんでしょうかね。
ちょっと離れて見ると許容範囲ですけど。


いつものパターンで運転席(左ハンドル)の窓は開いてます。
ラリー用の4点式シートベルトや助手席足下の消火器、ロールケージなど内装も再現されています。


インプレッサ555(1995年 コリン・マクレー車)と。
時間がなかったので今回は台座に引っ付いたまま卓上で適当に撮りましたが、台座からの通り外しには三角ドライバーが必要なタイプです。



●デアゴスティーニ ラリーカーコレクション: http://deagostini.jp/rcl/



   

Posted by xl1200 at 02:20│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  LEGACY/Subaru  >  デアゴ ラリーカーコレクション - スバル・レガシィRS (1993)
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52456474
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。