883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Harley-Davidson  >  ハーレーの教習車 [大阪モーターショー2015]

March 08, 2016

ハーレーの教習車 [大阪モーターショー2015]


まだまだ大阪モーターショー2015。
大阪モーターサイクルショー2016の開催もすぐそこに迫っていますが、一向にブログのペースが上がりませんでヤバイです(下手するとMCショー2016に追い付かれそう・苦笑)。 

さて、お次はハーレーダビッドソン・ブースですが、2016年式のフォーティーエイトは繰り上げて別記事に取り上げましたので、あと残るはストリート750の教習車仕様。
いや、他の機種も置いてましたが48とこの教習車以外は一枚の画像もありません。。。

また、この教習車も大阪モーターショー2015の最初の記事に画像を1枚載せていますので厳密にはダブりネタ。。。



最新鋭の水冷750cc、[Street]を使った教習車。
今までもスポーツスター883を使って「ハーレーで免許を取れる!」みたいなのはよくありましたが、更に小型軽量でローコストなハーレー教習車となりますので、教習所側も導入しやすくなりますね。

この手のショーに教習用オートバイというのも珍しいのかも知れないですが、ディーラーと教習所のタイアップ(大型免許のサポートプログラム)がありますので、そこのアピールを兼ねて居るのでしょう。

ちなみにハーレーダビッドソンジャパンによる出展ではなく、現場を切り盛りするのはいちディーラー(ハイサイド)さんです。



大型バンパーのほか、沢山のランプを備えているのも教習者の特徴。
ランプ類は第三者(試験官)からギヤが何速に入っているかとか、速度が何キロ出ている(※急制動などで必要)、エンスト状態になっている、FまたはRブレーキが使われている、など判るようになっています。
千代田のウインカーを流用しているのかと思いましたがレンズにCGCロゴはなかったです。


あと目に付いたのがこの機器。
おそらくギヤポジションのデータを取り出すためのもので、エンジン内部ではなくシフトリンケージに機械的な仕掛けを後付けしています。
ごく最近のスポーツスター以上のH-Dモデルならメーター内にギヤポジションが表示出来るので、おそらく電気的にデータを取り出せたのでしょうけど、ストリート750のメーターにはないのでしょう。





●大阪モーターショー: http://www.osaka-motorshow.com/
●ハーレーダビッドソンジャパン: http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/home.html
●南大阪・堺でハーレーダビッドソン正規販売店なら【ハイサイド】: http://www.highside.co.jp/



 

Posted by xl1200 at 17:38│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Harley-Davidson  >  ハーレーの教習車 [大阪モーターショー2015]
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52453049
この記事へのコメント
教習車と同じバイクが欲しいと言う人はいるのですかね。

でもCB750より乗りやすいかも
Posted by あんちゃん at March 09, 2016 12:11
> あんちゃんさん!
これは楽出来そうですよね、大型教習。
教習所側も安くて導入しやすく、[ハーレー]でPR出来る。
更に、ディーラーもノルマ的に都合良かったりしてw

教習車って免許取ったあとはあまり乗りたくないですよね。
だから教習スポーツスターはやめて、コッチに切り替えていって欲しいです。
Posted by Gotaro@管理人 at March 10, 2016 04:27
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。