883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  LEGACY/Subaru  >  レガシィ・ツーリングワゴン「BF前期」とミニカーのお話

October 10, 2015

レガシィ・ツーリングワゴン「BF前期」とミニカーのお話


LA-X(ラックス)製1/43 レジンモデル、レガシィツーリングワゴン(BF5)。
このミニカーが奇跡的なのは初代レガシィ・ツーリングワゴンの「前期型」という点!! 

ご存じの方が多いと思いますが、まぁだいたい日本の乗用車ってフルモデルチェンジの途中にビッグマイナーチェンジが行われるのが一般的です。
スバルの場合は「年次改良」を真面目に毎年行うのですが、フェイスリフトなどのやや大掛かりな変更は(例外も多々ありますが)だいたい登場から3年目、そして6年目にフルモデルチェンジのスケジュールが基本。

で、私の元愛車である初代レガシィ・ツーリングワゴンは前期型でした。


実は別の捜し物をしていたのですが、ちょうどこんなものが出てきました。
レガシィ・ツーリングワゴンのカタログ。

残念なことに前期型ツーリングワゴンのカタログは見つかりませんで、後期型のカタログと、前期型のアクセサリーカタログ。

カタログの写真を使わせて頂いて・・・・

これが初代BF型レガシィの「後期型」です。
この顔のツーリングワゴンは大ヒットして、ウジャウジャ街を走っていました。
確かにかなり洗練された顔つきで、日本車のフェイスリフトって(無理矢理の変更で)失敗例が多いのに、このレガシィは上手く行った好例だと思います。
ちなみに後期型は全グレード同じ顔で、GTなど上位グレードはサイドシルやらバンパー下部に黒いモールが付いています。

前期型はアクセサリーカタログから・・・・

上がGTで、下がノン・ターボ車。
グリルのデザインやバンパーの大きさが異なります。
元々ワゴンはノン・ターボ車のみのラインナップでしたが、あとからターボ車(GT)が追加された格好です。
セダンにのみ初期から設定されていたターボエンジンのスポーツモデル「RS」およびレースベース車「RS typeR」(いずれもマニュアルミッションのみ)を、グランドツーリングの為に設定し直したのが「GT」で、GTグレードはAT車と5MTがあり、セダン、ワゴンのそれぞれにラインナップされました。
※ちなみに私のGTは5速マニュアルミッション車。

RSの大きなバンパーと開口部の大きなフロントグリルがGTにも与えられ、当時まだ稀だった「レーシーな」ワゴンが誕生したのです。
BOXERターボを搭載した「速いワゴン」はジワジワと人気をあげていき、新しい顔になってから爆発的な売れ行きとなるのです。


当然、セダンも同じく新しい顔になりましたが、その頃はもうレガシィ=ワゴンの代名詞となっており、後期型セダンって言うのがちょっと影が薄い感じに。
またレガシィセダンの「RS」ですが、コイツはWRCへ参戦して大きな話題となりましたが、インプレッサにバトンタッチするまでスバル・ワークス(と言うか英プロドライブ)のレガシィは市販車がフェイスリフトしても前期型の顔のままでした。



これらを踏まえて(またまたクソ長い前置きでしたが)、本題!
要するに、初代レガシィにとって印象的なモデルというとセダンは前期型の「RS」または「RS typeR」であり、ワゴンと言えば後期型の「GT」なワケなんです。
すると、ミニカーとかプラモデルとかって世界でも、モデル化されやすいのは上記モデルって事になるんです。



で、これが探していたブツ!

ハセガワのプラモデルですが、定石通り!? セダンは前期型RSがキット化され、ツーリングワゴンは後期型GTです。
もっとも、セダンRSのスケールモデルは定番ながら、初代のワゴンって後期型すら珍しいのですけどね。

さて、これは「プラモデル」なんですよ。
やっぱ考える事はひとつ、、、ですよね?

蓋を開けてみると、あぁ、何十年の前の私もやっぱ凝り性で飽き性で不器用ですから、なんかこのキットのためだけに塗料とかいっぱい買ってあったり、なんか頑張ろうとしていた痕跡が窺えます。

そう、ツーリングワゴンGTにセダンRSのキットから顔とホイールを持ってくれば話が愛車をでっち上げることが出来るんじゃないか? と(つまり、ニコイチ)。
しかし凝り性で飽き性で不器用なワタシの事です、この作戦は(も)途中で放り出したと、おぼろげな記憶。

今ならガンプラのために買いそろえつつあるので道具ももっと良いものが手元にあるから、完成させることが出来るかも??


が、、、、非常に残念ながら箱の中にあったのは切り離して不要になった部分のボディとか、デザインの違うホイールとか。
肝心の部分が行方不明。
捨てちゃったかな??


と、まぁタイムマシンなお話はここで途絶える訳ですが、まさか今ごろになってBF5前期型ツーリングワゴンがレジンのミニカーとなって、しかも色まで元愛車と同じものが手に入るなんて!
オーバーな表現じゃなくて「奇跡的」だったのです!!


おそらく元オーナーしか共感出来ないであろうお話でした(笑)。


ちなみに、LA-XではなくWIT'SのBF5前期ですが、またまた発売日変更の通知が来まして、いったい何ヶ月で手元に届くのやら。
・・・・もはや必要を感じないけど、キャンセル不可ですからね。



  

Posted by xl1200 at 05:23│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  LEGACY/Subaru  >  レガシィ・ツーリングワゴン「BF前期」とミニカーのお話
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52438778
この記事へのコメント
私も初代レガシィは前期型が好きですね。
後期型はヘッドライト周りがスマートになりすぎてちょっと。。
Posted by KENSO at October 14, 2015 23:41
> KENSOさん!
でも後期はリアガーニッシュにちゃんとLEGACYって書いてあるんですよね。
[レガシィ]が認知されるまで前期乗りはちょっと辛い時代が(苦笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at October 17, 2015 03:04
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。