883R :blog [TOP]  >  Book  /  Hokkaido  >  片岡義男とオートバイの夏

September 12, 2015

片岡義男とオートバイの夏


オートバイの夏、と言ってもブログ更新速度が遅すぎてすっかり夏も終わりですが・・・・・
MOTO NAVI 2015年10月号(8/24発売)はまたもオッサン・ホイホイ企画! 

ひと月ほど前にYouTubeに上がっていた動画を観てますので、こう言った特集は来ると予想しておりました。
切り口は「彼のオートバイ、彼女の島」ではなく作者、片岡義男先生でしたが。

>> その動画。
 
動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=Dn-PrWhcieQ

※ちなみに原作ではこの瀬戸内の白石島がミーヨの島。
映画版では大林宣彦監督の好みもあって、「島」は尾道や向島がロケ地とか。

このイベントの際に撮影されたカワサキ(メグロ?)Wの写真が表紙の候補だったのかも知れません(EDITOR's VOICEのページに、使用されなかった表紙画像と思わしき残像あり)。
それが後に差し替えられたのかな?

なんと! 表紙には大谷勲氏が撮影した三好礼子さんの画像(当時モノ)ですよ〜!!!

もうね、これだけでウォ〜〜〜! となる世代なワケです。
ご飯三杯行けそうな勢いです。
大谷カメラマン、三好礼子さん、agvのジェットヘル・・・・
片岡義男先生は写真家でもあるので、ある時期からは自身で撮影した写真をカバーに使ったりもしていましたが、黄金期(?)のオートバイ モノのカバー写真と言えば大谷勲氏と三好さんなんですよね〜!



さてさてMOTO NAVI誌の内容は・・・・・はい、著作物ですからネ。
気になった人は買って読んで下さい!
80〜90年代にライダーしていた貴兄なら保存版とも言える内容かと。
色んな角度から「片岡義男」の世界に触れています。

三好礼子さんもですが、香咲弥須子さんの著書にまで及ぶ内容で大満足!!


もう書店では見かけない「幸せの赤い背表紙」たち。

ちょっと前までAmazonで1冊1円〜で中古が売られてたのですが、最近また人気出ているのですかね?
さっき調べたらマーケットプレイスで「彼のオートバイ〜」が3,000円とか、ちょっと変なことになってますw
確かに文庫本というスタイルも良いのですが、以前ブログに書いたとおり「片岡義男 全作品の電子書籍化」も展開していますので、kindle アプリでタブレットやスマホを使って読むという手もあります。

883R_blog 片岡義男の全著作が電子化開始 >> http://blog-883r.jp/archives/52428787.html


ちなみに「赤い背表紙」じゃないカタオカも御座います。


買うだけ買って、実はまだ読んでない(パラパラめくって、読んだ記憶が無い)本もあったりするのですけどね(苦笑)。



さてさて、MOTO NAVI の内容から離れますが、「私と」片岡義男とオートバイの夏は?
実は初めてオートバイで夏の北海道をツーリング(ひとり旅)する際に、友人から手渡されたのが2冊の片岡義男。
私にとっての初カタオカは「彼のオートバイ、彼女の島」と「Ten Years After」だったのです。

当時「西」舞鶴港から小樽まで、新日本海フェリーで片道30時間!
船で上映される映画は寅さん(知床慕情)と言う時代、時間つぶしに持ってこい・・・・・とは行かず、まぁ船旅がもの凄く楽しかったのは当時を知る人ならご理解頂けましょう。
バイク乗りの賑わいときたら凄かったですからね。
だからツーリング中に全部は読めなかったので、残りは帰ってから読みましたけど。


2冊とも、今も持ってます。
旅の相棒はYAMAHA XJ400Z-S。
画像に写ってる砂利道、何処か判りますか?
左端、海の向こうにうっすら見えているのが「利尻富士」・・・・・そうなんです、その昔「オロロンライン」は全線ダートだったんですよ!

インターネットは勿論のこと、まだ「アウトライダー」誌も「ツーリングマップル(ツーリングマップ)」も無かった時代でした。
で、2冊の片岡義男と一緒に携帯したのがバイク雑誌「The Bike」(現在は廃刊)の北海道特集号。
現地でのクチコミと、The Bikeの北海道一周ツーリング記事が重要な情報源でした。
そしてその記事を書いていたのが、これまた三好礼子さんだったりもします。

そんな懐かしい初・北海道ツーリングの事もいつか機会があれば書きたいのですけどね。



そんなこんなで当時を懐かしんでしまう MOTO NAVI 10月号でした。



    

Posted by xl1200 at 05:38│Comments(12)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Book  /  Hokkaido  >  片岡義男とオートバイの夏
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52435967
この記事へのコメント
この本売れてるとTwitterには書いてありましたが(笑)

三好礼子様は静岡で農業やってるイメージしかなく、今は悲しいものがあります。

静岡に住んでた頃はDIYの番組でよく見かけました。
昔を知らない人は色黒のオバサンとしか思わないだろうな。(^^;)
Posted by あんちゃん at September 12, 2015 09:25
こんなにバイクが居る白石島も珍しい!?(苦笑)

白石島,山をめぐる遊歩道があるのですが,ちょっと険しかったと重いますが,島も周囲も箱庭的で眺めは良かったと記憶しています。

笠岡周辺は,白石島に確か国際交流のヴィラがあり,もう二つ南の真鍋島などは外国人のほうにむしろ有名かもしれません....
Posted by ファイヤー at September 12, 2015 12:07
片岡義男はほとんと読んだ記憶はありませんが,
当時,映画「スローなブギにしてくれ」の浅野温子に一目惚れしたのが懐かしい。
写真集持ってたけど,どこ行ったかな?

---
近況報告させてください。
7月に大型二輪免許をギリギリながら卒検イッパツ合格(苦手な一本橋を6秒で突っきったのに。笑)。

早速憧れのMT-07に試乗。
あれ? 何か違う。。。違う。。。ちがう。

いろいろ物色。
ドカティ スクランブラー
カワサキ ZX-6R
カワサキ Ninja1000
ホンダ CBR600
カワサキ Z1000
スズキ GSX-S1000
etc……

GSX-S1000に決まりかけるも。。。




---
今日納車になりました。
カワサキ ER-6f ホワイト 2013。笑
Posted by KENSO at September 12, 2015 17:57
自分も青春時代の愛読書でした。
今は、目が悪くなり読めません。
近海郵船の東京〜釧路の長距離フェリーでした。
映画のミーヨの島もバイクで帰省した際に岩子島に行きました。

自分のミーヨは、当時知り合った信州の女性ライダーでした。
ハッピーエンドには、なりまえんでしたが、今も強烈にあの夏の北海道
を思い出します。

それから毎年の夏の北海道、ミーヨには出会えませんでした、今も。
Posted by 風ささき at September 12, 2015 19:52
> あんちゃんさん!
TwitterアカウントはAmazonで売り切れたとか言ってましたが、書店にあまり入荷していないんですよね(バリバリ伝説の時も探すの苦労しました)。

三好礼子さん、オーガニック系カフェのオーナーとして頑張って居るみたいです。
> 色黒のおばさん(爆)!!
時間の経過とは残酷なモノですね。
あと昔から、ビジュアル的には美形だけど、実際に合うと完全に中身は「男」って話もよく聞きますw
Posted by Gotaro@管理人 at September 13, 2015 04:57
> KENSOさん!
ををを! おめでとう御座います!!!
ER-6fですか〜! なかなか守備範囲の広そうなオートバイですね!!
MT-07は合わなかったですか。
私は今、同じエンジン、シャシーのXSR700が凄く欲しいのですが(どうせ買えないけど)試乗してみないと駄目ですね。。。
Posted by Gotaro@管理人 at September 13, 2015 05:02
> 風ささきさん!
80〜90年代と比べると北海道にミーヨは見つけにくくなっているのかもw
でも渡道出来て居るだけでも羨ましいです。
私は一番最近がもう5年前ですから、、、
Posted by Gotaro@管理人 at September 13, 2015 05:06
> ファイヤーさん!
さすが島巡りツーリングのオーソリティ!
情報ありがとう御座います。
Posted by Gotaro@管理人 at September 13, 2015 14:09
うわ〜物持ち良いですね!

風より元気!とグッバイタンデムシート。
私も今も実家に置いてます。
こんなの男が読んでいいのか?とコソッと買った記憶があります。

片岡義男は、残念ながらお洒落すぎて、当時はあまり嵌まりませんでしたが、
ミーヨの島で写真撮ってみる企画は羨ましいと思ってしまいました。

まさにオッサンホイホイ(笑)。
Posted by taki at September 14, 2015 19:31
> takiさん!
風より元気! はレジに持って行くのが恥ずかしかったですねw
まだAmazonとか無かったし(苦笑)。
片岡義男、たしかに現実離れというか、違う世界の人たちが主人公って感じの作品も多いですが、ウンチクのタネになる短編とかも面白いですよ。
Posted by Gotaro@管理人 at September 14, 2015 23:06
「彼のオートバイ、彼女の島」を読んで、バイクで旅に出たら美女と出会えると信じていたのは私です。そしてバイクで旅することウン十年、未だに美女と出会ったことはありません。
Posted by keiichi_w at September 15, 2015 06:09
> keiichi_wさん!
急がないと美女ライダーはどんどん減っていきますよ!(爆)
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2015 15:00
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。