883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Other BIKE  >  ホンダ BULLDOG at 大阪モーターサイクルショー

March 21, 2015

ホンダ BULLDOG at 大阪モーターサイクルショー


ホンダのモーターサイクルショー出展概要に1台、事前情報無しのワールドプレミアが予告されていましたが、その正体がこれ。
BULLDOG(ブルドッグ)・・・・ かつてヤマハに同じ名前のオートバイ(1100cc Vツイン)が存在してましたがそれはさておき、、、ご覧の通り如何にもホンダらしいレジャーバイクの提案です。 

モトラ、ハンターカブ、PS250 などの匂いが漂う佇まい。
ホンダさん、こう言うの好きですね。

※EOS Kiss のストロボ あり・なし、iPhoneの画像が入り交じっていますので色調がバラバラなのはお許し下さい。

この大きいモトラ(?)、エンジンはバーチカルツイン・・・・訊いてみたところ、400X(現行CB400のクロスオーバー車)がベース車輌なのだとか。
なにげに画面端に・・・・ホッカイダーにはお馴染みのホクレンフラッグが置いてあったり(笑)。


角張った巨大なタンク部分、昔のパリダカマシンのような分厚いシートなど基本的にヘビーデューティーなスタイルの中に、樹脂パーツやパステルカラーを上手く使ってイマドキの登山用品のような当たりの柔らかい印象を持たせています。


かつてXLR(XR)-BAJAなどで皆さんよくヘッドライトの上にテントマットなどを丸めて積載していましたねぇ・・・・ここの位置のキャリアはオッサン世代には懐かしい装備です。
個性的なウインカーはLEDでしょう。


そしてなんと! ごっついタンクの左右は実はトランクだったりします!
雨合羽とか、温泉派の「お風呂セット」とかを入れておけば、リアの荷物を解かずにすぐ取り出せるナイスアイデア。
タンクがメットイン構造のオートバイは今までにもありましたが、ロンツーでタンクバッグが載ると使い勝手がイマイチだったりするのです。
現行CB400系は燃費も良好ですし、ビッグタンクなんてあまり必要無い。

画像で見ると巨大なオートバイに見えるかも知れませんが、シート高は低くて730mm。

車体が大きく見える原因は、、、、実はホイールが前後とも15インチなんです。


市販未定って事ですが、、、CRF250RALLYやSFA150を先にウェブで公開しておきながらもコッチは温存という扱いだったり、そもそもこの手のバイクってホンダさん、過去の例からも市販しそうな予感が!?
それとも、にっちもさっちもどうにも・・・・(略


>> Honda 参考出品車・コンセプトモデル「BULLDOG(ブルドッグ)」を世界初公開: http://www.honda.co.jp/news/2015/2150320.html

●大阪モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.jp/
●東京モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.org/

Posted by xl1200 at 02:21│Comments(1)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Other BIKE  >  ホンダ BULLDOG at 大阪モーターサイクルショー
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ブルドッグと聞いてシティターボを思い出すか、BT-1100を思い出すかで世代や趣味が別れますね(笑)
こいつのDCT仕様なんかが出たら、PS250乗りがこぞって乗り換えそうな気がします
Posted by at March 22, 2015 23:35
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。