883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  リック・ドムはじめました(HGUC DOM/RICK-DOM その1)

December 18, 2014

リック・ドムはじめました(HGUC DOM/RICK-DOM その1)


部品紛失のMG ジム・カスタム、完成と思いきや足がもげたRG ガンダム・・・・これらが中途半端な状態ですが、次へ行きます。 

作っていないガンプラは手元に3箱。
・RG 1/144 MS-06S シャア専用ザク
・MG 1/100 MS-06J 量産型ザク(Ver.2)
・HGUC 1/144 MS-09/MS-09R ドム/リックドム(コンパチ)

MGザクは「トリ」に置いておき(?)、RGシャアザクとHGUCドムと、どっちから行くか迷いました。

箱の大きさは同じで、予想外にHGUC ドムもパーツがぎっしり。
HGUCって廉価な下位グレード = 部品数も少なくて組み立てカンタン! と思ってたのですが、想像していたよりもずっと手強そうな感じ。
ただパーツのボリュームは凄そうだけど、組み立て説明書を見比べるとRG シャアザクよりドムはアッサリしており、楽そう。
・・・・ガンダムとジムでかなり時間が掛かったので、箸休め的に(?)楽そうなドムから手を付けることにしました。

ネットでガンプラ製作の検索をすると、意外なことに主流は精巧なMGじゃなくて廉価なHGに人気があるみたいでしたので、このHGUCの魅力って何なんだろう? という興味もあります。



製作開始 第一夜。
適当に「パチ組み」なら数時間〜半日で出来上がるかも知れないキットですが、これまで学んだことを生かしてしっかり作ってみましょう。
画像が無いですが、組み立て前にランナーごと石けん水で洗浄(金型からの離型剤を洗い流す)。
組み立て手順は基本的には取説に従います。

ニッパー&アートナイフでランナーから切り離し、必要に応じてフィニッシングペーパー#400→#1000→#2000。
バーニアや関節裏側など、例によってガンダムマーカーなどで色も塗りながら、また組み立ててからでは手が入らない箇所に必要ならスミいれも行いながら、じっくり取り組んでおります。

バーニアとそのカバーが2種類入っており、ここで陸戦型の「ドム」を作るか宇宙用の「リック・ドム」を作るかの選択となります。
・・・・リック・ドムで行きます。


ランナーから切り離して次の組み立てまでに十数分なんてザラで、更に塗料が乾くまで数時間放置・・・・みたいなのんびりした作業。


5時間ほど掛かったでしょうか・・・・胴体と頭部で初日終了。
塗料も一部生乾きなので、放置モードへ。


明けて・・・・翌日の日中。

百均へ出掛けてギャルのスマホ用デコレーションを買ってきました。
スワロフスキーぽい奴(レジに持って行くのが恥ずかしかった)。
ジオン系モビルスーツのモノアイやバズーカの照準などを、こう言うデコでディテールアップするのが主流らしいですが・・・・球面じゃ無くてダイヤカット風なので、確かにキラキラ輝くけど使うべきか思案中。
ドムの場合、脇腹の拡散ビームにも使って居る人が多いみたい。

>> HGUC DOM/RICK-DOM その2: http://blog-883r.jp/archives/52400891.html



  

Posted by xl1200 at 20:26│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  リック・ドムはじめました(HGUC DOM/RICK-DOM その1)
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。