883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  トップコートとシルバリング(GUNDAM & GM CUSTOM)その8

December 15, 2014

トップコートとシルバリング(GUNDAM & GM CUSTOM)その8


さてガンプラ、RG(1/144) RX-78-2 GUNDAM(初)と、MG(1/100) GM CUSTOM(手直し)のトップコート処理ですね。 

先日はじめての「トップコート」をやってみたジム・カスタムですが、デカールが剥がれたり、缶スプレーの圧力不足で噴霧が上手く行かず一部汚い仕上がりとなっていました。
RG ガンダムは見るからに表面積が小さいので、ガンダムで残った分でジムも修正してみます。


その前に・・・・初回トップコートが乾いたジム・カスタムですが剥がれた箇所以外もデカールが浮いてきています。

デカールのニス部分が浮いて光る「シルバリング」と呼ばれる症状らしい。
トップコート前には綺麗に貼れているつもりだったのに、なんでこうもデカールが浮き上がる?
プラとの密着が悪ければトップコートの溶剤が隙間に入り込んでいく事が考えられるのですが、しっかり空気を抜いて、結構綺麗に貼れたつもりの箇所もシルバリングしているのです。


そうかと思えば、目の粗い自動車用カラースプレーを吹いた箇所で、予想外にデカールが密着してたり(・・・かなり顔を近づけないとニスの存在すら判らないほど綺麗に貼れてる)。

これは、デカールとプラの間の空気や水分を上手く押し出せたか否か、という問題だけじゃ無い気がしまして、今更いろいろググってみたのです。


答えは・・・・デカールの貼り方ですね。
ポイントは水に浸けておく時間でして、この手順についていい加減な情報が多いみたいでして、、、
ぬるま湯に5秒、または温度が低ければ10秒なんて書いている人が多いのですがそれでは浸けすぎなんだそうです。
水やぬるま湯に浸けるのはせいぜい3秒程度にして、水から取り出したあと台紙とデカールが動くようになるまで20秒でも1分でも辛抱強く待ったほうが良いのだとか。

また、デカールをしっかり貼るための溶剤が売ってるみたいです。
・マークセッター・・・・デカールを貼る場所に一滴落としておくと、デカールの密着が良くなる(少し柔軟剤が入ってる)
・マークソフター・・・・デカールの上から塗ってデカールを柔らかくし、パーツの凹凸にも密着させられるが、デカールが壊れやすいのでビギナーには要注意。

まぁ今更なんですけどね・・・・次から注意しましょう。


で、そんな事知らずにRG ガンダムにも100枚近いデカールを貼ったワケなんですが、その大半は水転写じゃない「リアリスティック・デカール」と呼ばれるもの。
水転写デカールは一部、ガンダム・デカールDXなどから流用しています。

う〜〜〜む、心配だなぁ。

※デカールを安定させるためのトップコートですが、トップコートを使う場合はデカールの貼り方に細心の注意を!
マークセッターは買った方が良いかも(製造からの経年でデカールの品質も劣化しますから)。


さて、デカールの心配はあるけど今更遅いですから、このままトップコートやってしまいます。

GM CUSTOMのほうは今回はある程度組み立ててからやります(装甲の裏側とかは前回のバラバラ状態で行き渡っているので大雑把に)。
1/144 と 1/100 でかなり表面積、違うのが判ると思います。
GMは剥がれたデカールを貼り直した付近と、腕、肩パーツなどトップコートが汚くなった箇所中心。


RG ガンダム・・・・このキットは可動箇所が多く、関節動かすと装甲板がスライドしたりもしますから、一回ではスプレーが掛からない場所が出来てしまいます。



つや消しのトップコートあんまりしつこく重ね塗りする必要はないと思うのですが、例えば足を曲げた状態と伸ばした状態、というように最低2度塗りはやらないとダメです。


GSI クレオスのトップコートは[艶あり][半艶][つや消し]の三種類があり好みで選ぶと良いのですが、私はつや消しを選びました。
手持ちの完成品フィギュア、GFF(ガンダム フィックス フィギュレーション)やジオノグラフィがつや消し仕上げで気に入ってるので。
お台場のガンダム立像は塗装に光沢があるので、RG ガンダムは半艶で仕上げる人も多いみたいです。

実は、RGに付属のリアリスティック・デカールは余白が大きく、その余白がパーツ形状に合わされていることでデカールを貼る場所の目安になるのです。
余白を殆ど切り取ってしまうエキスパートの場合は別として、私のようなシロートは余白を有効利用して貼ると思うのですが・・・・この余白部分は光沢が抑えられています。
上から艶アリや半艶のトップコートを吹くと余白部分が目立つみたいなので、諸説ありますが私の(ビギナーへの)お奨めは[つや消し]です。



あとは乾燥したらほぼ完了と言う事になります。
GM CUSTOMも最初のゲート処理も何もしないパチ組み状態から見違えるように格好良くなったのですが・・・・

行方不明のヒサシをなんとかせねば(情けない顔・苦笑)。
バンダイにパーツ請求できるみたいですけどね。

>> RGガンダム http://blog-883r.jp/archives/52400257.html
>> MGジムカスタム http://blog-883r.jp/archives/52401866.html



  

Posted by xl1200 at 23:38│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Toy/Hobby  /  Gundam  >  トップコートとシルバリング(GUNDAM & GM CUSTOM)その8
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52400077
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。