November 13, 2014

ニブラー


鉄板を切るのに小回りの利く工具はないものかと調べたらヒットしたのが「ニブラー」。
目的はアルミやステンの板をくり抜いたりする為です。 

ネットで調べたモノと違ってホームセンター(コーナン・プロショップ)で取り扱っていたのは見た目そっくりのコピー商品っぽい奴でしたが、すぐ手に入るのがそれしか無かったので取り敢えず購入。

さしあたって切りたかったのがこの某ナセルで、ここまではグラインダーに切断砥石を装着して作業していたのですけど、グラインダーだと(騒音が凄いとかって問題もですが)大雑把にしか切れないし曲線なんて無理だし、何より高熱で鉄板が変形する欠点があったのです。

で、早速買ってきたニブラーを使ってみたのですが、、、、、「文字通り」刃が立たないorz
ま、ステンレスの0.9mm程度の厚みったら結構な硬さ。
ハンドツールで切れる筈無かったんですね。

ちなみに・・・

これぐらいの厚みのものが限界。
※ステンレスは0.6mm以下と書いてるのは先に判っていたのですが、もしかしてちょっと無理すれば倍の厚みまでぐらいはイケルかな? と甘い目算でした。。。



その後しばし放置していましたが、実はアルミで工作する事も考えて居たので、第2幕は0.6mmアルミ板。

厚みと言い材質と言い(ステンレスと違ってアルミって柔らかいです)、今回は無理なくイケそうです。
そしてアルミこそ熱に弱いのでグラインダーは使いにくいのですよ。

作業は良好です。

「切る」というよりも小さい四角を切り取っていく作業。
平成生まれには通じないかも知れませんが、昔の電車の切符切りみたいな感じですかね?
イモムシが葉っぱを食べながら進んでいく感じかな?
パチパチと小さな長方形を切り取って切り取って、切断。


最初は楽しいのですが、、、、、小さくカットしていくので時間が掛かるんです、これが(苦笑)。
もうちょっとパワフルで早く作業できるのがあると助かるのですが、手で切っていく奴なのでこれが限界なのでしょうかね。

アルミ板は切断さえ出来ればちょっとした工作に向いております。

表面に「Pカッター」で傷を入れて板を折って、こんな感じに出来ました。
これは某パーツの試作(検証用)です。



時間は掛かるけどアルミ等の切断に、静かに安全に使える「ニブラー」は一家に一台・・・・とは言いませんし、出番は少ないかも知れませんが、持っておくと便利なツールだと思います(安いし)。
工作好きにはお奨めです。



  

  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52395283
この記事へのコメント
カット、意外と難しいですが。。。
コンプレッサとニューマチックツールがあれば
(無ければ電動ドリルで)ホールソーを使うのがよいかと。
センターを開けて、あとはできるだけ大きな径でカット。

あとはやすりなり糸鋸でカットするのが早道〜
Posted by さと ゆご at November 13, 2014 21:43
> さと ゆご さん、初めまして。
御指南ありがとう御座います。
エアツールは持ってませんがドリルはありますのでホールソー、検討してみます。
ニブラーは熱による歪みが出ないのが良いのですが、薄い板しか切れませんでした。
Posted by Gotaro@管理人 at November 13, 2014 23:19
電動しか持ってないので手動であの動き…
想像を絶します。

小さな穴を開けてジグソーを低速で走らせれば直線も曲線もいけるんですけどね。
切り粉も飛び散らないし火花も出ないし。

音はそれなりですが(-_-;)
Posted by マン蔵 at November 13, 2014 23:55
> マン蔵さん!
ジグソーも欲しいですねぇ、、、
ハンドドリル、ボール盤、グラインダーぐらいしか持ってませんので。
Posted by Gotaro@管理人 at November 14, 2014 01:31
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。