883R :blog [TOP]  >  Other BIKE  /  MotorShow  >  Kawasaki Ninja H2 V型18気筒

October 09, 2014

Kawasaki Ninja H2 V型18気筒


Kawasaki Ninja H2 第14弾
ハイハイ、今日も川崎重工業の手先と化したブログです!(開き直り)
川崎重工業「ガスタービン・機械事業」部門についての情報です・・・・ 

 

さて・・・・ちょっと意味がワカラナイですよね。
途中で出てくる巨大なエンジンはきっと船舶用のガスタービンエンジ、、、、、

ちがう! 工場に置いてる!!

カワサキグリーンガスエンジンKG-18(-V)
実はコレ、発電用のガスエンジンなんだそうです。

全長約13メートルで乾燥重量 133トン・・・・とか聞いてもまったく何がどうなのか解らないですが、この発電用V型12気筒エンジンは従来のものと比べて非常に発電性能(効率)が良く、コンパクトに出来て居るんだそうです。
このガスエンジンを使って既に国内に複数の発電プラントが出来て居るらしく、海外からも注目されているとか。
とっても手軽に発電(売電)事業を起こせるらしいので、皆さん副業にでもお一つ如何ですか?


でもってこのエンジンのノウハウが[Ninja H2]のエンジンにも生かされているって事らしいですが・・・

具体的に何処にどういう工夫がされているのかはよく解らないですね。
って言うか、ノッキング対策を含めて二輪用の精密なエンジンのほうが技術的に先に行ってるんじゃないか? と思うのですが、どうなんでしょ。
30年ぐらい前にターボエンジンをバイクに乗せてたカワサキですし。

もはや川崎重工内部のステマの様相が、、、、(苦笑)。

実際、私もこの発電用エンジンの事なんて今回のNinjaの動画がなかったら一生知らなかった可能性高いですし。
何であれ、カワサキと言うメーカーのイメージがこのNinja H2で変わってきたのは事実ですよ。

昔はタンカー造る職人さんがついでにオートバイも(工具も造船用だから小さい排気量は無理)、、、、 なんてジョークすらまことしやかに囁かれていて居たぐらい[大雑把]イメージがありましたが、実はハイテックで最先端の企業なんですよね。

 


新しい情報はまた明日!!(マジか・・・)





>> Ninja H2 BUILT BEYOND BELIEF: http://www.ninja-h2.com/
>> グリーンガスエンジン 発電機器・システム 川崎重工 機械ビジネスセンター: http://www.khi.co.jp/machinery/product/power/green.html



 

Posted by xl1200 at 17:37│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Other BIKE  /  MotorShow  >  Kawasaki Ninja H2 V型18気筒
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52390652
この記事へのコメント
過吸した上で圧縮比を高く保つために,アンチノックの技術を定置用エンジンから借用した....という感じですかね?(動画を観ると,普通の自然吸気のエンジンとあんま圧縮比が変わってない?ような感じもありますが)

多分そういった面は,信頼性が非常に重要になる他の産業用エンジンからもってこられるものも多いのでは?とも思いマス。

フレームなんかは橋梁関係からノウハウをもらって....なんていうネタもあったり?!(苦笑)
Posted by ファイヤー at October 09, 2014 23:57
> ファイヤーさん!
過給機付くとノッキングしやすくなるのですかねぇ(この辺の理屈がまったく解らないので・汗)。
車のエンジンで見ると、過給機付きエンジンは同じ形式のNAよりも[圧縮比]を抑える傾向がありますね(って、レガシィのEJ20の話ですが・笑)。
ノッキングの原因って[燃焼]にあるんじゃないかと思ってるので(違うかも知れないですが)そう言うのって燃調で解決出来るものじゃないかと機械音痴の考えです。

が、[ガスタービン・機械事業]のノウハウと言う事でポート形状だとか燃焼室形状だとか、その辺の設計に鍵があるのでしょうか。
仰るとおり、信頼性という部分ではオートバイと事業用の発電機じゃ違いますね。
発電用ガスエンジンから[ナニ]を得たのか謎ですがそれこそトップシークレットなのかも知れません。

> フレームなんかは橋梁関係からノウハウをもらって
いや、本当にそう言うのあるかも知れませんよ!!(最近の更新が川崎重工業の事業案内に近くなってますし)。
Posted by Gotaro@管理人 at October 10, 2014 01:04
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。