883R :blog [TOP]  >  GoPro/動画撮影  /  Photo/Camera  >  GoPro HERO4 はタッチLCD標準搭載!(公式動画、価格ほか追加)

September 29, 2014

GoPro HERO4 はタッチLCD標準搭載!(公式動画、価格ほか追加)


新しいGoProがリークされていますね。
他社のウェアラブルカメラが猛追するなか、老舗のGoProも遂に! 
液晶モニターを埋め込んできました!!


タッチ画面のLCDモニターがボディの背面に。
Black Editionおよび Silver Edition (White Edition は不明)
※一部スクープ記事にはシルバーのみモニター付きと記載されたものもありますが、↑ の元の画像のファイル名にはblackとあります。

追記 公式でました。 ブラックにはLCDモニターは装備されていません!!
タッチLCD内蔵はシルバーエディションだけになります。


今までLCDモニターはバックパックという形でオプション販売されており、HERO3および3+ではタッチ画面になっています(古いGoProではソフトウェアの関係でタッチ操作が出来ません)。

タッチ画面の操作で殆どの操作が出来るというのですがご覧の通りかなり大きくなってしまうのと、オプションなので別途10,260円が必要となってました。
※何故か正規輸入代理店での取り扱いが終了しています。

用途にも寄るでしょうが、一般的な使い方ではぶっちゃけモニターが必要になるのはカメラ(アングル)をセッティングするときのみで、電力消費を考えたら消したい装備。
スマホの画面にWi-Fi 接続で表示させることも出来ますから。
故に後付けで1万円払って取り付ける人は少ないと思いますが、新型では最初っから付いているのは朗報ですね。

しかも、画像で見る限り本体サイズが従来モデルと変わっていない感じ!

ハウジングも、バックドアはモニター画面に被らないように新型になってますが、本体部分は現行と同じかも。
気になるのは価格上昇がどんなものか? なのですが。


アップデートはLCDモニターだけじゃ無いです。
Black Edition はデュアルプロセッサの搭載で3+の2倍の処理能力となり、4K動画が3+ Blackの15fpsから待望の30fpsへ!
[HERO 3]→[3+]だったのは、[4Kカメラ]として使えるレベルに達するまで[4]というモデル名を温存してたのかも知れませんね。
なおSilver Editionは今回も4K対応はせず、4Kのブラック、フルハイビジョンのシルバーという構図です。
マイク性能も向上している模様。
操作系ではセッティング用のボタンが従来のWi-Fi ボタンに割り振られていますね(サイドのボタンにスパナのマーク)。

ひとつ心配があるとすると、バッテリー。
従来モデルと互換性があると良いのですが、LCDモニタの埋め込みでバッテリー形状が変更されていると既存ユーザーからはブーイングが起こりそうな気がします。


個人的な意見ですが・・・・
私もこの春からHERO 3+を使って居ますが(主にバイクツーリング時のオンボード撮影用)、不満点があります。


それは電源スイッチとモード切替が共通になっている事。
プッシュで電源ON、そのあと押すたび動画、静止画、タイムラプスと切り替わるのですが、電源OFFはボタン長押しになります。
消費電力を抑えるために単純な移動区間で電源を切ろうと長押ししたつもりが、実はモード切替になってしまう事がしばしば。
バイクで走りながらグローブをしたままの操作故、なのですが。
どうも製品画像を観る限りその問題点は改善されて居なさそうですね。
液晶をタッチ&スワイプ出来ると言ってもやはりバイク用のグローブがあっては、、、、

もうひとつ。
新型はモニター画面が付くので必要ないかも知れませんが、アングル決定をスピーディーに行うには[水準器]で事足りる場面が多いと思うのです。
ハウジング上面の蓋をロックする黒いパーツに原始的な水準器をなぜ埋めてこないのでしょうね。
※カメラ用に小型の汎用品は売ってますが、GoProのハウジング上面はフラットじゃ無いので取り付けできない。


ともあれ新しい[HERO4]、楽しみです。
問題はお値段ですね。

>> 参照 PetaPixel: GoPro HERO4 Revealed! 4K Video at 30FPS and the First Built-In Touch Display



そしてもうひとつ新型。

HERO4のWhite Editionの存在が不明ですが、この新しいローエンドモデル[GoPro HERO]が従来ホワイトのポジションなのかも知れません。
画像で判るとおり2ボタンで、Wi-FiやBluetoothの搭載ナシ。
思い切ったシンプル構造でコスト削減してきている模様。
ただし1080p 30fps(フルハイビジョン)撮影が出来ますので、お値段次第では面白い存在になりそうです(だから、ハウジングに水準器を埋め込んでくれってのw)。
安ければマルチカム撮影用にサブとして欲しいなぁ。

>> 参照 PetaPixel: GoPro to Launch a Cheaper, Low-End Action Camera Simply Called the HERO. Here It Is.


■■ 追記
GoPro HERO4 公式動画(4K)が出ました!!

 

>> http://jp.gopro.com/
価格ですが、アメリカで4は3+に100ドル上乗せって感じ。
HERO4 BLACK EDITION 499.99ドル
HERO4 SILVER EDITION 399.99ドル
サーフがハウジング付き、ミュージックがネイキッドフレーム付き。
BLACKにタッチLCDは装備されていません!!


そして、バッテリーが新型になってしまいました。

廉価「HERO」は$129.99で、HERO3ホワイトよりも70ドル安い設定。
15,000円ぐらいなら「買い増し」に良さそう。
※カメラがハウジングに固定されている模様(バッテリーも内蔵式)。

■■ 追記
HERO4 BLACK 5万9000円
HERO4 SILVER 4万7000円
HERO 1万9500円 ←思ったより高かった!


 

Posted by xl1200 at 12:37│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  GoPro/動画撮影  /  Photo/Camera  >  GoPro HERO4 はタッチLCD標準搭載!(公式動画、価格ほか追加)
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52389194
この記事へのコメント
コンツアーユーザーです。
ちょっと気になります。
Posted by あんちゃん at September 30, 2014 06:35
> あんちゃんさん!
ソニーのも良いですよ!
画質良好、手ぶれ補正付き!!
Posted by Gotaro@管理人 at September 30, 2014 19:16
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。