883R :blog [TOP]  >  Sportster and...  /  Customize/Parts  >  スポーツスターに時計つけたった

September 23, 2014

スポーツスターに時計つけたった


小ネタですが・・・・数ヶ月、買ったまま忘れてたモトフィズの小さな時計。 

Forty-Eight(2011年モデル)はトリップと切り替えで時計表示が出来るのですが、もう1台のXL1200Sは年季の入った1997年モデルなので時計が付いておらず、ちょっと不便を感じていたのです。
※Forty-Eightも、タンクが小さすぎて常に満タンからの距離が気になるオートバイなので、頻繁にトリップと切り替えるのが面倒ですが。


せっかくなので取り付けましょう。
購入時から、ハンドルクランプ手前側の空間を想定していましたので、適当にアルミ板を切って曲げてステーを作ります。

ハンドルクランプが思ったより曲線を描いており、ぜんぜんフィットしません!
更にカットして少し面取りするようにヤスリで丸めて、あとは両面テープの厚みで誤魔化すかな。


時計とクランプをほぼツラ合わせすると、えらく接着面が少ないですね。。。。
この製品、マジックテープで取り付けるようになってますが、マジックテープを貼ってみるとテープの厚みがあり、またまったく安定しない(グラグラ動く)ので、ステーと時計本体も両面テープで直づけします。
電池交換の際に剥がして貼り直しになりますけどね。
あ、ちなみにこの時計、予め入っている電池はディスプレイ用で消耗している訳ですが、中に新しい電池も1個、入ってました。


作業中、何度も頭をかすめるのは[クランプ上面に貼り付けた方が手っ取り早くないか?]って事なんですが、ステーを作り始めたので、やっぱり[DIYは楽し]って方向で進めます。

装着完了・・・・・あんまり格好良くないですが、、、

ちなみにこの画像のカーボン柄シールは貼りませんでした。
全部で3種類のシールが付いてましたがどれを貼っても安っぽい感じ(まぁ安物ですが)。
何も貼らずにスケルトンのままが宜しいですね。


そして翌々日だったか・・・・・ふとバイクを観ると orz

時計の自重でビローンと・・・・落ちてますよ。
けっこう強力なリャンメンだった筈が。

ホームセンターへ走り、Scotchの[超強力]って両面テープを買ってきました。
ステーをヤスリで更に削って丸みを持たせ、ハンドルクランプとのフィットも向上させます。

貼り付け面積を増やす為に、今度はクランプより飛び出た位置に貼りましたが、別に違和感なかったです。
これで完了!

・・・・と思ったのですけどこの時計、バックライトが無いから昼しか見えませんね。



※実は作業日は9月初頭でまだ[Apple WATCH]は発表されていません。
手元に余ってる(第何世代か知りませんが)iPod nanoを眺めてて思ったのですが、コイツが防水でバイクから給電出来るならなぁ、とも。

時計表示と、ポケットのiPhoneと連動してのナビ(矢印と交差点の距離だけ出る簡易表示で良い)、GoProのリモコン、欲を言うとバッテリー電圧や油温表示が出来る iMotorcycle なんての出ませんかねぇ???



ちなみに、このモトフィズのはたまたまお店にあったのを買ったのですが、ブログ書く前に調べたらバックライト付きってちゃんとあるんですね。
買い換えるほどでも無いけど、、、、失敗した。


  

Posted by xl1200 at 16:30│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Sportster and...  /  Customize/Parts  >  スポーツスターに時計つけたった
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52388439
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。