883R :blog [TOP]  >  Maintenance  /  Customize/Parts  >  Forty-Eightのリアウインカーが外れない件

May 07, 2014

Forty-Eightのリアウインカーが外れない件


ウインカーの交換が目的ではないのですが、別件でウインカーを車体から外そうとして四苦八苦しましたので、そこらへんのレポート。
諸悪の根源はカプラーなんです。。。 
つまりForty-Eight やらIRON883 やらNightster やSeventy-Two やらの、HDの言う[choped fender]と尾灯を埋め込んだウインカーとの組み合わせの問題なので、そうでないスポーツスターはたぶん問題にならない事と思われます。

シート下で接続されたカプラー3個(ウインカー左右とナンバー灯)を外し、配線を狭いフェンダー裏を手探りで外して行くのもたいがい大変でしたが(まったくフェンダー裏の様子が見えない為)、なんとか左ウインカーの付け根まで来まして、1/2インチのスパナでウインカーを留めているナットを外しに掛かります。
するとウインカー本体(ヘッド部分)とステー部分とバラバラになるのですが、どうしてもウインカーのカプラーが引っかかって外れない、、、

こんな状態でにっちもさっちも行かなくなったのは・・・・実は1月中旬のこと!


まぁ他にもやることがあったので面倒くさくなって放置というのもあった訳ですが、実はこんな宙づり状態が長いこと続いていたのです。
車検切れてるから乗ることもないですしね。


そんな放置プレー中のある日、リア・フェンダーを(外しては居ないが)緩めてグラグラ状態にすることで、なんとか宙ぶらりんな左ウインカーと左ストラットカバーを車体から外すことが出来ました。
そうすると、今度はナンバープレートの付いている樹脂フェンダー部分もブラブラし始めて、、「いい加減、続きをやろう」と。

そう、面倒だけど右側も外すのです。

すると、左はウインカーのナットにスパナが掛かったのに、右は無理である事が判明。
枠状になった囲いの中にナットがあり、スパナは掛からない。
無論、ソケットレンチもタイヤが邪魔で入らない・・・・・
では何故左はすんなり行ったかというと、形状が違ったから(サイドナンバーの仕様地もあるから??)。


結局、今更ながら・・・・本当にイマサラなんですが、ジャッキアップしか手は無い!!
ってか最初っからやれよと言う事なんですが、とにかく面倒くさがりなんで如何に手抜きするかに全エネルギーを注ぎ込んでおり、ジャッキアップは「最後の手段」ぐらいに思ってました(コッチのほうが結果、作業が速いのですが)。

ジャッキアップするとフェンダーの裏側も当然見えるので、配線を引っかけてある爪の形状もよく判ります。
手抜きしようとしてとんでもなく面倒な苦労をしていたって事ですよ。

でもやっぱりカプラーはサイズがギリギリというか、無理矢理ですね。
ともあれ、4ヶ月弱も放置されていた作業がこれで進みます。

実は製品としては随分前からあるのに、未だ装着画像が無かった[883R.jp]カーボン・フェンダーストラットカバー(2004年〜スポーツスター用)をForty-Eight に取り付けて見ようというのが本来の目的。
それについては後日、記事を分けて書くとしましょう。


さて外したウインカーですが、純正ストラットカバーとウインカーヘッドとウインカーステーがバラけたまま繋がってしまってます。
なぜなら・・・・

なんと! ストラットカバーの穴よりカプラーが明らかにデカい!!!

これ、どういう事なんでしょうね?
つまり新車の組み立て工程はどうなってんのか、不思議なんです。
ウインカーとストラットカバーが引っ付いたアセンブリ状態でHDに納品されているんでしょうか?
組み立て工場の流れ作業の中で、バラで届いたカプラー部分に端子を一個一個通しているなんて想像できない。

とにかく、一度カプラーの分解を試みます。

一部分が開閉出来る構造である事と、開いた部分から端子を引っかけてあるようなポッチは確認出来るのですが、ピンセットでごにょごにょやっても全然外れない。
壊す確率のほうが圧倒的な気がしてきたので作戦変更。
そもそも、ウインカー外すたびにここのカプラーを分解するなんて異常だ。

「B案」に移行します。

困ったときはドリルです(笑)。
ストラットカバーの穴を大きくしてしまえ、という考え。
これならカプラーごと通すのが容易になるだろう、と。


まぁ雑な作業なので穴はナナメってますが、これで整備性アップ!
その前に、なんでそもそもハーレーダビッドソンはストラットカバーをこういう風にしないんだろね?

このカプラー、デカいデカい言ってるようですが本当はデカくは無いのです。
なにせ4極カプラーですから。
ウインカーの中にテールとストップランプも埋め込んでいるので、このタイプは配線が4本に倍増しました。
きっとストラット(フレーム)の穴に通るように特注したカプラーなんだと思います。
なのに、なんでストラットカバーの穴は前のまんまなんでしょね、、、


Posted by xl1200 at 04:00│Comments(10)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Maintenance  /  Customize/Parts  >  Forty-Eightのリアウインカーが外れない件
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52370385
この記事へのコメント
俺は、フェンダー→サブフレーム→カバーの順番でくぐらせて外して行ったけど、そんなめんどくさい作業じゃなかった気が…。
48とアイアンは違うのかな?
Posted by ドルバッキー at May 07, 2014 04:21
カプラーから端子を外す工具なら、モトメンテナンス最新号31Pに載ってましたね。
ちなみに101Pには私のブログの紹介がw
Posted by takkey at May 07, 2014 06:31
個別カプラを使うようになって進化したかも(笑。

オイラの4速はテールランプアッセンの2本と左右のウインカーが、
リアフェンダーフレームより内側で、1つのカプラに入ってます。
フロントウィンカーは端子接続ですが、見たこともない端子なので、
他種交換の際、ギボシに変更。

ともかく取れない限りは「切る」が普通です。
フレームを通さなければ、それこそパートごとのフルアッセンの分解が
可能に見えますが、そうしないのはアメリカ人が考えないから?(笑。
Posted by ジャイアン at May 07, 2014 07:23
端子とカプラーを外す、のが一般的な方法だと思います。
ピンセットでゴニョゴニョはカプラーの正面からです。画像の方向からでは外れません。
Posted by あ at May 07, 2014 09:28
04のマニュアルにはカプラーの分解の仕方が載っていますので、もしかしたらカプラー分解が正解かも?

Posted by OKK at May 07, 2014 17:54
> ドルバッキーさん!
簡単でした?
もしかしたら年式で違う(改善されている)のかも知れないですね。
私の48は2011年モデル。
穴がカプラーサイズにきっちりなのに、フェンダーの穴とストラットの穴がずれていて、カバーの穴は完全にカプラーより小さいです。
カプラーも目一杯小さく作っているのでしょうけど、四隅が丸くなれば穴に通しやすくなると思うのですが。
Posted by Gotaro@管理人 at May 08, 2014 01:04
> takkeyさん!
転写の奴ですね(笑)。
カプラー用の工具、昔は持ってたのですが紛失しました。
緑色の六角形から髭が出てる奴で、最近売ってるのを見かけなくて。。。

それよりこの特殊なカプラーの構造が知りたい・・・・
Posted by Gotaro@管理人 at May 08, 2014 01:07
> ジャイアンさん!
最近の・・・ドイツカプラー? ですかね、進化していますね。
しかしこの4極カプラーって、、、 2極カプラーを、長さをずらせて2組付けてたほうが穴に通すとき便利な気もするんですけど(苦笑)。
1200Sのウインカーは苦労した記憶が無いのに、なんで今のは? って感じです。
1200Sは着脱が多いのでアチコチにギボシ端子入れて、自分に便利な仕様になってます(でもよく左右逆のウインカーが点いたりしますがw)。
配線、フェンダー裏を通さずにストラットカバーの中を通すと楽なんですけどね!!
Posted by Gotaro@管理人 at May 08, 2014 01:11
> あさん
もちろん普通の端子はしょっちゅうバラしますけどね。
コイツ、バラせません(内部構造が解らないというのが辛い)。

このカプラーも正面からやれるんですか?
四角い穴にきっちりのコの字に折った端子なので表からはまったく隙間がないんですが??
それと、よくある爪が引っかかるタイプとも違って小さなポッチ(突起)でロックされているように見え、そこにアクセスするのは裏から(画像の方向から)しかないのですけどね。
それ用の工具があると凄く簡単だったりするのでしょうね。
Posted by Gotaro@管理人 at May 08, 2014 01:15
> OKKさん!
カプラーを簡単に分解出来ればそうするのですけど、、、、

あとから(ナイトスターが出来たときから)出てきた変なウインカーなのですが、フレームの穴サイズは変えずに2極から4極にしたので無理があるんでしょうね。
無理したらバラせたかも知れないのですが、壊すと面倒なのでカバーの穴を広げました(笑)。

それと、カプラーを都度分解するのが正解なら、フレームの穴にギリギリ通る特殊なカプラーをわざわざ作った意味が根本からおかしいかとw
Posted by Gotaro@管理人 at May 08, 2014 01:20
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。