883R :blog [TOP]  >  883R.jp SOHO  /  883R.jp 開発  >  サイドポッドカバーのクイックファスナー位置

April 19, 2014

サイドポッドカバーのクイックファスナー位置


商品お問い合わせがあったのですがメールでの返信や画像添付では説明しにくいのと、同様の疑問をほかの人も持ってるかも知れないのでブログにアップしておきます。 
実はちょっと前にも似たようなことに触れたのですが、クイックファスナーのスタッド位置。

Forty-Eight(XL1200X)基準で開発したので、この機種ならこんな感じなんですが・・・

社外カスタムシートは純正より更にスリムな形状のものが多いのですけど、場合によってはクイックファスナーのスタッドをシートが上から覆ってしまう可能性も考えられます。

そこで軽く採寸(あまり精密な数値でありません)。

Aはフレーム(両サイドにある)のネジ位置中心から、クイックファスナースタッドの中心までの距離です。
そしてBがフレームの外からスタッドの外周までの距離、隙間の数値です。
シートがフレームより多くはみ出ているとスタッドに被さって来ます=スタッドを抜きにくい。


またForty-Eightなどの機種はサイドカバーの上面からシートの下面まで画像の通り隙間もあります。
現行モデルの純正シートを調べると多くの機種はちょうどクイックファスナーの辺りが(足付き考慮してか)少し絞ってあるのですが、そうで無い機種もありました!
XL1200CとXL883Rは意外と純正シートの幅が大きいのです。


なかでもXL883Rはシートの淵が下まで延びており、上の48の写真のようにシートとサイドカバー、縦方向の空間も少ないですね。
しかも今回の問い合わせはこのXL883Rでした、、、、


カスタムパーツと言うよりも実用パーツの要素が強いですので、純正の大きめのシートを想定して早急に改善が必要と感じております。
前にも、このスタッド位置を (なるべく不用意に触らないように) 内側に追い込みすぎたかな? と書きましたが改良版の開発を急ぎます。
不満点を集めていつか総合的に、と思っていましたがこの問題は早くやったほうが良さそうです。
少しでも早く対処する方法としてはインナーパーツの作り直し。
アウターは穴位置だけで対処しようと思います。


 



●[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp
●Forty-Eight x 883R.jp: http://883r.jp/xl1200x/


[883R.jp]パパサンアール
Posted by xl1200 at 04:14│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  883R.jp SOHO  /  883R.jp 開発  >  サイドポッドカバーのクイックファスナー位置
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52367837
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。