883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /  SUBARU LEVORG  >  驚くほど想定内の新型アウトバック

April 18, 2014

驚くほど想定内の新型アウトバック


ニューヨーク国際自動車ショーにてベールが外された新型OUTBACK。
いや、それより前にTXN系「ワールドビジネスサテライト」のテレビカメラの前で、吉永社長がカバーをめくって公式発表前のOUTBACKのフロントフェイスを先に日本のお茶の間に見せちゃったのには驚きましたけどね! 

さてワールドプレミアとなった新型アウトバック(MY 2015)ですが、あまりにも想定内に納まりすぎていてビックリ!
ではインパクト・ゼロか? と言うとそうでも無くて、非常に良くまとまったクルマでした。

新型レガシィ(MY 2015)と共通イメージのフロントマスク、現行OUTBACKと非常に似通った印象を与えるルーフライン。
フォグランプ周りの力強さが、ややぼやけたラインで構成されていたレガシィ(2015)よりも引き締まった顔つきを演出しています。


レヴォーグとのシリーズ感のあるリア・コンビランプ、現行OUTBACKの後継モデルである事を疑わせない各部の意匠。
今のスバル・デザインの集大成的なエクステリアは見ていて凄く安心感がある。
個人的にシャークフィン・アンテナは大嫌いなんだけど、ルーフのアンテナはフラットな形状に見えます。


馬鹿でかくて四角いセンターパネルなんかは如何にもアメリカ人好み。
エンジンはFB25(水平対向4気筒 NA2,500cc)とEZ36(水平対向6気筒 NA3,600cc)の二本立てですが、今回3.6リッターにもリニアトロニック(CVT)が採用されました。
4WDシステムにはフォレスターで採用されているXモードも搭載(※グレードによるかも)。
アウトドアでも威力を発揮出来る本格クロスオーバーって事でしょうか。


アイサイト(Ver.3)搭載は当然として、新型レガシィと同様、車線変更時のミラーの死角に他車が居れば警告するシステムも搭載。


広大なラゲッジルームを誇りますが、画像で見る限りダブルフォールディングではなく、倒したシートの背面はナナメになるみたい。
これまたフォレスターに採用済みですが、パワーゲートも装備されています。


 

 

 


現行同様サイズ的には日本の道路を無視した感じですが、さすがはスバルSUVのフラッグシップと言った内容ですね。
レガシィ・ツーリングワゴンの「GTカー」要素はレヴォーグへ受け継がれましたが、レオーネから続く4WDレジャービークルとしての要素はこのアウトバックの中に生きていると思います。



さてそのレガシィ・ツーリングワゴンですが、いよいよ生産終了です。
スバルからのDMによりますと6月末日が最終オーダー日とのこと。

新しいアウトバックも、BR(現行)レガシィ・ツーリングワゴンと比べると(背が高い以外)さほどサイズの差は無いですし、現行ツーリングワゴン・ユーザーにはこのまとまった新型OUTBACKって「要チェック」では無いでしょうか。
レヴォーグにはレガシィの魅力の「一部分」しか無いので、日本市場にもこのアウトバックは導入されることでしょう。



●SUBARU OF AMERICA: http://www.subaru.com/
●SUBARU New York International Auto Show 2014: http://www.subaru-global.com/ms2014/newyork/index.html
●富士重工業 ニュースリリース: http://www.fhi.co.jp/news/14_04_06/14_04_18_98490.html
Posted by xl1200 at 03:07│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /  SUBARU LEVORG  >  驚くほど想定内の新型アウトバック
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52367696
この記事へのコメント
こんばんは
感謝デイへ行ってきました。無料サービス点検も、それほど待たずに済ませてもらえました。
レヴォーグ展示車 見てきました。
883さんに詳細を紹介いただいているので、それの確認?になりましたが内装はXVよりも洗練されていますね・・
座ってみた感じも、車高の低さはあまり感じられず、これでSUV版が出てくればそそられそうです。
OUTBACKも良さそうですが、お値段も良いのでしょう。
カーゴルームは広いですねレヴォーグ。アイサイト3も小振りにできていますね。
電動サイドブレーキは良いでしょうね。追従クルコン解除がなくなるでしょうから。
試乗車が配備されたころに、18か月点検を予約しようかと考えています。
Posted by うたし at April 19, 2014 21:28
> うたしさん!
レヴォーグ、内装なんかXVの使い回しなんですが、それでも質感が違います。
ドア、リアハッチの開閉する音も違います。
ベースがインプレッサでもターゲットはレガシィ・ユーザーですから、当然と言えば当然でしょうけど。
1.6ターボも気になるところです。

でもスタイル的には今度のアウトバックは良いですね。
飽きの来ないデザイン。
これでもうちょっとコンパクト(BPレガシィぐらい)なら言う事なしなんですけど。
Posted by Gotaro@管理人 at April 20, 2014 03:00
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。