883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Other BIKE  >  エストレアとW800をkwsk(大阪モーターサイクルショー2014)

March 26, 2014

エストレアとW800をkwsk(大阪モーターサイクルショー2014)


大阪モーターサイクルショー2014
あまりkwsk(詳しく)は無いですがkwsk(カワサキ)ブースその1は新型エストレアとW800。 


今年1月から販売開始になったNew エストレア。
生産中止になっていた同機を、現代の環境基準に合わせてリニューアルしただけ、ではありますが単なる再販でしょうか?
鮮やかな色味と上質なペイントはサイドカバーやライトステー、ライトケースにまでおよび、クランクケースにバフの掛かった梨地エンジンの仕上げ、シート生地など各部を細かく見直した結果、従来モデルより品質的にワンランク上がっているように思います。
税込みで50万円を軽く越える価格設定になりましたが、コストダウンではなく品質アップを行ったのは英断では無いでしょうか。


グリーンのタンクもとても綺麗ですね。




この車体はオプションパーツでドレスアップされていましたが、白いフラットなダブルシート、ウインドシールド、サイドボックスなどでレトロな雰囲気を強調しています。
古いスポーツスターにも通じるものがありますね。


そしてカフェレーサー風のビキニカウル付きバージョン。
カウルはW800と共通部品でしょうか?


このシートが格好イイですね〜!
てっきりこの黒い車輌もカスタム例として展示しているのだと思ってましたが、カウル以外はストック、つまりスペシャルエディション。
オレンジパイピングのシートも標準装備になります。


そして親玉、W800。

クロームメッキとのツートンになった赤いタンクが古いWを思わせます。
しかしこちらもすごい質感。
カワサキのオートバイって何時からこんなに上質な造りになったのでしょう!
ちなみに4月から発売予定の追加モデル、W800 Chrome Edition です。




なんというか、国産車のクオリティを越えてるというか、作り手の拘りや誇り、自信が伝わってくる佇まいだと思います。
W800の歴代[スペシャルエディション]はスタンダードとの差別化は解るのだけど、ちょっと的を「外している」部分があったと思うのですが、このクローム・エディションは全体のバランスも良く「当たり」かと。


唯一、好みが分かれそうなのはサイドカバーのレトロながら派手なエンブレムかな?


う〜〜〜ん、良いですねぇ。
本当にカワサキ?



●大阪モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.jp/ 3/21(祝)・3/22(土)・3/23(日)
●東京モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.org/ 3/28(金)・3/29(土)・3/30(日)
●カワサキモータースジャパン: https://www.kawasaki-motors.com/mc/
Posted by xl1200 at 23:02│Comments(1)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  Other BIKE  >  エストレアとW800をkwsk(大阪モーターサイクルショー2014)
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52364561
この記事へのコメント
SRを買う前W800を考えていて(大型も取ろうかなぁと思ってて)、その年にでたキャンディースパークゴールドが塗装でなく転写みたいな仕上がりだったのでなんだかなぁってなりました(笑)

Wはいい車両なんですけどね。
この赤はW1S?を彷彿とさせるようでかなり好みです!

しかし、カワサキ車とツーリングに行くと高確率で事故に遭う(カワサキが)ジンクスを持つ私が乗るとどうなるのでしょうか・・・。
Posted by HIRO at March 27, 2014 22:14
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。