883R :blog [TOP]  >  YAMAHA Bolt  /  MotorShow  >  Bolt Cafe' 市販タイプ???(大阪モーターサイクルショー2014)

March 22, 2014

Bolt Cafe' 市販タイプ???(大阪モーターサイクルショー2014)


昨日から始まっているモーターサイクルショー。
ヤマハ・ブースは[Bolt]と[Bolt Cafe']から。 
楽しいガレージライフをモチーフにしたボルトの展示です。

メーカーとしてただ走る為だけにモーターサイクルを「売る」のではなく、同社のSRやDragStar、米HARLEY-DAVIDSONのようなオーナーとオートバイとの関わり合いを期待しているのが伺えます。
それを[盆栽]と揶揄した見識の狭いメーカーもありましたが、オートバイの楽しみはひとつじゃないって事で、それを広げて提案していくことも作り手の努めだと思いますし、メーカーが制限を掛けるなんてもってのほかだと思います。
無論、周囲に迷惑を掛けず、安全を損ねない範疇で、と言うことになりますが。


さて目に付くのは(たぶん大阪初上陸の) Bolt Cafe'。
ですが、昨秋の東京モーターショーの車体と少し雰囲気が違います。

東京モーターショーへ行けなかったので、前回のコンセプトモデルを実際に目にしては居ないのですが、よく言えば[シンプル]、悪く言えばショーモデルとして[地味]。
とりあえず現場ですぐに思ったのは「あ、タンクが新しい色になって、ロゴ含めてこれは良いセンスかも」と。
次に、「ミラーがバーエンドタイプから普通の場所に来てるな」と。


あとマフラーが違うような気がしたぐらいで、全体にシックで現実的な装いに見えるけど、東京モーターショーのBolt Cafe' の手直しだと思ってました。

帰宅後、東京モーターショー2013のBolt Cafe' の画像を探し出す・・・・・あれっ!! やっぱ全体にクオリティの差がありますね。

グリップ、メーターなど各パーツのスペシャル感が違う。
そして何より決定的な違いはシートカウル!
今回のBolt Cafe' はシートが変わっている上に、シートの取り付く高さが下がっているんです。

それ故、サイドカバー部分のアルミプレートが小さくなっているのが解ります。

今回のBolt Cafe' はシートの起点が通常のBolt に近い場所です(ノーマルはフレームと一緒に後方へ行くほど下がっていきます)。
エアクリーナーカバーは純正オプション(ワイズギア)のものでしょう。


ちょっと奇妙なサスペンション取り付け位置は変更無し。
オーリンズは黄色いバネのものを付けています。


タンデム部が跳ね上がったシートに、シートレールも沿っているように見えます。
テールランプはノーマルの流用。


突き出されたフォークと、セパハン、セパハン用のトップブリッジが確認出来ます。
そしてメーターはノーマル流用でマウントのみ変更かな?
東京モーターショー出展モデルはメーターケースから違っていましたが。


今回のこれらの仕様違いから読み取れるものは・・・・・ Cafe' の市販型を示唆しているような???
マフラーや高そうなオーリンズのサスは標準にはならないでしょうけど、変更されたシートやハンドル廻りが量産品に見えるんですよねぇ。。。
ステップだけは違和感残りますが。

まぁ、いつもの妄想ですし、私が買うならCafe' じゃないBolt ですけど!!


ワイズギアからのパーツ単体やボディキット販売も考えられなくもないけれど、アライメントが大きく変わってしまうので装備を簡略化した新機種として出てくるものと予想します!
つまり、今回の展示車両は「量産型Bolt Cafe'」にマフラー、オーリンズ、エアクリーナーカバー、ちっこいウインカーなど「カスタムパーツを取り付けた」仕様だったりして?
タンクも市販バージョン(があるとしたら)には、もっと別の新しいカラーリングが用意されるでしょう。
もちろん、何の確証もないですけどね。。。



隣にもう1台のBolt が展示されていましたが「カスタム途上」という設定でしょうか。
Cafe' とまた異なるマフラーが付き、燃料タンクが目に馴染みのあるものへ。


昔、SR400の限定車で出てたレッドサンバースト仕様ですね!
これ、Bolt の展示会でポスターに載ってたタンクですが今調べると単品販売されているんですね。
形状は同じなはずですが、タンクサイドのピンストライプの効果か? 少し前後に長く見えるから不思議です。




こちらはフロアに展示された「跨がって良い」Bolt。

オプションパーツをいろいろ取り付けてありましたが、コイツの燃料タンクもSR似のスペシャルカラー。
このタンクも既に単体で市販されている模様です。


もう1台、実に見慣れた姿のボルトですが・・・・

この緑のタンクは北米BOLTや欧州向けXV950Rに設定されていたのに、どういう訳か日本向けにはラインナップされなかった色です。
国内向けボルトが発表されたとき「なんで緑色ないの!?」って思った人は少なくない筈。
私もブログで「なんで?」と書きました。
そして「どうせYSPバージョンか何かで出すんじゃ?」とも書いたはずですけどね。


カッコイイのにラインナップから外された色のタンクを積んで、何食わぬ顔で(?)展示されていた緑ボルト。

ん・・・・何か貼ってある?

ハイ、やはりYSPバージョンでした!
YSP(ヤマハ・スポーツ・プラザ)発足30周年記念カラーなんだそうですよ・・・・ って事は限定車かな。
緑色のBoltが欲しい人はYSPへレッツゴー! 急ぎましょう。


BOLT R-Spec ABS YSP 30th Anniversary Edition
 ニューハイスパークルグリーン 2014年7月26日発売
 税(8%)込み 希望車両本体価格 995,760円 (※本体 922,000円なので、標準ラインナップのBolt R-Spec ABSと同価格)


うん、イイ色だ!



●大阪モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.jp/ 3/21(祝)・3/22(土)・3/23(日)
●東京モーターサイクルショー: http://www.motorcycleshow.org/ 3/28(金)・3/29(土)・3/30(日)
●BOLT - バイク スクーター ヤマハ発動機株式会社: http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/bolt/
●BOLT スペシャルサイト: http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/bolt/special/
●ヤマハバイク専門ディーラー【YSP|ヤマハスポーツプラザ】: http://www.ysp-members.com/



 
Posted by xl1200 at 14:08│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  YAMAHA Bolt  /  MotorShow  >  Bolt Cafe' 市販タイプ???(大阪モーターサイクルショー2014)
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52363959
この記事へのコメント
カフェ仕様がかなり良くなった気がします。
ただ、ナンバーはシートカウル付近についてたほうがカッコいいかなぁってのとマフラーをメッキにしたいなぁとは思いましたが。

「盆栽」大いに結構じゃないか!といつも思います。
原付以外のほとんどのバイクにそういった一面はあるはずですしね。
Posted by HIRO at March 24, 2014 22:21
> HIROさん!
カフェ仕様を市販するのか、ワイズギアでキット化するのか不明ですが、出せば人気出そうですね。
SRにもうちょっと排気量が欲しい、て人にもよさげです。
Posted by Gotaro@管理人 at March 25, 2014 03:07
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。