883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /   >  2015 新型レガシィ 公式発表

February 07, 2014

2015 新型レガシィ 公式発表

スバル・レガシィ(セダン)の次期モデルが先ほど、シカゴで公式発表されました。

最初に流れたビデオ(歴代レガシィ・セダンによるリレー)がなかなか良かったです。 
初代(しかも前期型GT)カッコエエ!! 

朝靄の中から現れた初代(BC)がワインディングを走る → 道端で待機していた2代目(BD)が動きだし、初代と併走 → 初代がヘッドランプを消灯/同時にBDがライトオン → 初代が減速 → 待機していた3代目(BE)に向けてBDがパッシング → 動き出すBE → 併走と、再びヘッドランプOFF/ONのリレー・・・・
ちょうど時期的なこともあって、ヘッドライトがオリンピックの聖火リレーをイメージしているのかも知れないですね。
同じパターンを、BEから4代目(BL)、現行モデル(BM)と繋ぎ、最後に新型の後ろ姿が現れる映像でした。

LEGACY of LEGACY.
次期モデルのキャッチフレーズでしょうか? (※legacy=大いなる伝承物 の意)
しかし映像に出てきた初〜4代目はスポーティなターボ車で5代目6代目はビッグセダン、伝承は途切れているように見えますけどね。


さて映像が終わると偉いさん達が出てきて最近の実績やら喋ってましたが(たぶん)、端折ります。
クルマの登場ですが、ステージに大きな白い箱が置いてあり、どうやら3Dプリンターという設定みたいです。

プロジェクションマッピングというよりも平面にアニメーションを投影している感じでしたが、それなりに面白かった。
YouTubeには凝ったプロジェクション・マッピングの動画がアップされているのですが、まったくベツモノです。


無駄に大きな箱から3Dプリントされた(?)レガシィが登場(・・・リーク画像まんまです、当然)。


ガイジンさんが横に立っても大きさが掴みにくいですね。
実際は現行モデルより更に大きくなっている模様。
 全長: 4,796mm(現行USモデル比 +51mm)
 全幅: 1,840mm(現行USモデル比 +19mm/現行日本モデル比 +60mm)
 全高: 1,500mm(現行USモデル比 -6mm)
 軸距: 2,750mm(現行と同じ数値)


とりあえずエンジンは2タイプで、いずれもガソリン。
・2.5リッター(水平対向4気筒/FB25): 175hp/5,600rpm (=177.4ps) 現行USモデルは 173hp/5,600rpmなので2hpアップ。
・3.6リッター(水平対向6気筒/EZ36): 256hp/4,400rpm (=259.6ps) 現行と同じ
ハイブリッドや過給器の付いたものは今のところナシ。
トランスミッションは2.5、3.6ともCVT(リニアトロニック)で、マニュアルモードは6速(パドル付き)。
AWDのトルク配分制御はアクティブトルクスプリット方式に。


PZEVのロゴが付いていますが、これはパーシャル・ゼロ・エミッション・ビークルの略で末尾にEVと付くけどモーターを積んでいるのではありません。
スバルの定義の中にレギュラーガス仕様である事が書かれていますが、向こうのレギュラーは日本のガソリンよりオクタン価が高いです。


ちょっと目に付いたギミックとしてアクティブ・グリル・シャッター・システムなんてのが装備されている模様(2.5のみ)。
開口部に可動式シャッターを付けてリアルタイムでエアフロー管理!?
閉じることで空力特性を向上させて燃費に貢献、冷却が必要になったら開口して冷気を取り入れるらしい。
ボンネットはアルミ製。


内装では、ナビゲーションにインターネットラジオの機能が付いているほか、最上級グレードにはハーマン・カードンの12スピーカー。
室内空間はシリーズ中過去最大で、特に後席レッグスペースが拡大されているそうです(スペース38.1インチ)。


そして! オドロキのアイサイト3!!
いや、ステレオカメラ自体は国内でレヴォーグに搭載されるものと基本的に同じだと思いますが(レーンキープなども搭載)、車体後方に向けてレーダーが搭載されているんだそうです!!!


ブラインド・スポット・ディテクションと、リア・クロス・トラフィック・アラート機能。
フロントのステレオカメラ・ユニットをEyesight と呼んでいると思ってましたが、それ以外の「目」もアイサイトで括っているのですね。

アラートはサイドミラーのミラー面に表示されるのか!

これだけじゃ判りにくいので、状況により警告音も出るのかな。
※ピラーなどによる死角を補う目的だそうです。
バックカメラも標準搭載。


ひととおり説明のあと、短いイメージ映像が出て、続いていつものオッサンが出てくる動画へ。
会場では記者による撮影タイムですね。

 
この映像がまんま流れてウェブでのプレス発表は終了!!


現行よりサイズアップされて居るという事ですが、デザイン的にはリークされた公式画像で観るよりも、動画で立体視すると(第一印象より)良く見えてきます。
特に顔つきはレヴォーグよりスッキリしてて、ヘッドランプもBL/BP型のホークアイに似て無くもない。
このテイストでBL/BPのサイズだったら、案外レヴォーグよりも良かったかもね。。。


YouTubeには既に幾つか公式動画が上がっています。
やはりフラッグシップモデルだけに力、入ってますね・・・

おっと、冒頭のリレー動画(The baton)がアップロードされてます!!(最後の部分が増えて、長くなってる)

 



●SUBARU 2014 Chicago Auto Show: http://www.subaru-global.com/2014chicago.html



  
Posted by xl1200 at 04:21│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /   >  2015 新型レガシィ 公式発表
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。