883R :blog [TOP]  >  SUBARU LEVORG  /   >  レヴォーグ 予約開始ですか・・・

January 04, 2014

レヴォーグ 予約開始ですか・・・


本日から先行予約開始ですね、スバル・レヴォーグ。 

かつてBF5(GT)、BG5(GT B-Spec II)とレガシィ・ツーリングワゴンのターボ車に乗っていた身としては非常に魅力的なクルマです。

BG5の限界(17年乗った!)で、XVを実車も見ないまま先行予約した私でしたが、もしあと1回、BG5の車検を通していたら間違いなく新しいステーションワゴン、レヴォーグを狙ったことでしょう。
ま、XVは納車タイミングなどから「めぐり合わせ」みたいなのかも知れないですけどね(BGの車検が切れる日に納車)。
XVおよびGP/GJ系インプレッサが登場した時からワゴン・ボディの存在は知られていましたし、フォレスターのモデルチェンジも確定されていたのですが、BG5の車検切れに間に合うのはXVだった、と言うことなんですが。


さて、レヴォーグ。
ブランニューなステーションワゴン、と言うよりBRレガシィによって失われた部分を補う、ラインナップ上の隙間を埋めるモデルでしょうか。
基本的にインプレッサ(GP/GJ)のプラットフォームを使い、部品も可能な限りインプレッサと共通化、エンジンは全車ターボゆえ足回りやトランスミッションは高出力に見合ったものが組み合わされています。
ただインプレッサ・ワゴンと言うよりも価格的には完全にレガシィでして、1.6GT-S で360万円、2.0だと軽く400万円超えるみたいです。

本日、先行予約の開始に合わせて車の詳細が公開されました。
これでモーターショーの展示車では解らなかったことがいろいろ明るみに出ています。


1.6GT Eyesight (アイスシルバーM)
1.6GTのみアイサイト無しバージョンも設定されておりますが、これは設定価格の底辺を下げる為のもので、どうせならあと10万円プラスしてアイサイト3搭載モデルを選ぶ人が殆どでしょう。
名古屋及び大阪モーターショーでは観ることが出来なかった1.6GTはアルミホイール+ホイールキャップ付き。
ホイールキャップなんてダッサイ、、、、 って思うけど、一般ユーザーは気にしない層も多いのでしょうね。
ただデザイン上の自由度は高いので、今後こういうのが増えていくのかも知れません。

下位グレードと言っても外観上はホイールとヘッドランプウォッシャーの違いぐらいしか目立たないですね。

気になっていたLEDアクセサリーライナー(デイライト)はディーラー装着オプション。

あとミラーのメッキカバーはメーカー装着オプションで、ウェルカムライティングとの抱き合わせ設定です。

内装ですが、本革シートを選ぶとシートヒーター及びシートポジションのメモリー機能が付いてくる模様(メモリーは全車付けとけよ、と思う)。
またSじゃないほうのレザーシートの場合、アイボリー内装も選べます。
メモリーなしパワーシートとかどうでも良いんですが、、、 BF5に付いていた可変式ランバーサポートって最近は付いてないんですね。
あれ、すごく良かったのに。

上から2.0GT-S、1.6GT 本革(アイボリー)、1.6GT-Sの内装・・・・・ん?

ここで気付いたのですが、モーターショー会場でスタッフに1.6と言われたクルマ、、、 2.0じゃないか!
1.6GT-Sであの内装なら嬉しいよなぁ〜と思ってたのに、1.6GT-Sはアルカンターラを使わないファブリック+青ステッチなんですね。

騙されてた!!

つまり、名古屋及び大阪モーターショーに展示されていたクルマ、排気量が逆だった訳です!

このブルーグレーが1.6GT-S Eyesight。


車内に乗り込めたこの白い奴が2.0GT-S Eyesight。
名古屋でも大阪でも触れないほうが2リッターって現地スタッフに言われたが、あいつらめ!!
排気量以外、何訊いても答えられないヘボスタッフ達でしたが、その排気量さえ嘘だったとは〜〜〜!!
あとでモーターショーの記事も訂正しないとイケナイ。


にしても、おそらく販売の中心になるであろう1.6GT-S Eyesight が価格(乗り出し350万以上)の割に安っぽい内装と言う事になるなぁ。
OPの本革は滑るし冬冷たくて夏熱いから好まない人も多いはず。

あと、諸元など出てますのでチェックしますと、2.0はアイドリングストップが搭載されていません!
何だろう? やはり300psバージョンのタービンは回し続けたほうが熱的に良いのか??
理由は何処にあるのでしょうね。

そして燃費ですが、1.6ターボの自慢は満タンで1,000km! なんて言ってましたが1.6GT-Sは16.0km/l (x60リットルで航続距離は960km)。
リッター17.4km表示の1.6GTもオプション付けて車重が1520kg → 1530kgになると16.0だって!
例えば助手席パワーシートが付くと10kg増えますが・・・

XVやインプレッサで抱き合わせオプションしか選べず不評だったサイドカーテンエアバッグは全車標準装備となります。
あと気付いたのは、2.0GT-Sのマニュアルモードが新型WRX同様の8速だと言う事、1.6GT/Eyesightのフロントブレーキは16インチ(1.6GT-S以上は17インチ)、アイサイト無しモデルはサイドブレーキが機械式って辺りでしょうか。

ま、あとでもうちょと諸元表見てニヤニヤしようと思います。
って、当分XVからの買い換えはないですけど。
2年ぐらいしてB型の在庫処分お買い得モデル的に1.6GT-Sのアルカンターラセレクションでも出してくれたらちょうど良いなぁ(笑)。
タイプ tS(STi バージョン)にも憧れるけど、このクルマでSTi だととんでもないお値段になること間違いなしだな。。。


諸元表(PDF): http://www.subaru.jp/levorg/levorg/spec/pdf/levorg_specifications.pdf

装備表(PDF): http://www.subaru.jp/levorg/levorg/spec/pdf/levorg_equipment.pdf

 

 




●SUBARU キャンペーン情報 LEVORG先行予約特典キャンペーン: http://www.subaru.jp/campaign/topics/levorg_preordercp/

●SUBARU 車種紹介 レヴォーグ: http://www.subaru.jp/levorg/levorg/
●SUBARU LEVORG(レヴォーグ) SPECIAL SITE: http://www.subaru.jp/levorg/sp/


   
Posted by xl1200 at 17:20│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  SUBARU LEVORG  /   >  レヴォーグ 予約開始ですか・・・
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52353734
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。