883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  XL1200X(Forty-Eight)  >  大阪モーターショー ハーレー・ブースと2014年スポーツスター

December 25, 2013

大阪モーターショー ハーレー・ブースと2014年スポーツスター


大阪モーターショーにはハーレーダビッドソンが出展していました。
ホンダ、スズキが四輪の隅に二輪も一緒に展示していた以外では、大阪の二輪メーカーの展示はこのハーレーぐらいでした。 

実は、名古屋モーターショーであらかたの四輪車はチェックしていたにも関わらず、大阪モーターショー2013へ出向いた目的として、このハーレーダビッドソン・ブースがありました。
まぁ、近所のディーラーへ行けば済む話なのかも知れませんが、なかなか時間と、ディーラーへ行く用事というか口実がなくて、まだ2014年モデルを自分の目で見てなかったのです。

で、ハーレーブースに付くや否や真っ先にスポーツスターの展示車のサイドカバーを開けてたのがワタシです(笑)。
■2014年 XL1200X Forty-Eight

これこれ、バッテリー搭載方法が変更されているのです。
04〜13年モデルまではプラス端子が外(こっち)を向いていて、マイナス端子は奥の方で工具が入らない状態。
バッテリーの取り外しはマイナス端子から、というのが鉄則なのに、恐ろしい設計になっていたのでした。
もっともプラス端子が外向きだと、バッテリー上がりの際のジャンプスタートには便利なのですけどね(バッテリーのプラスと、バッテリーから離れた場所でボディアースするのがジャンプスタート時の配線だから)。

2014年モデル(ラバーマウントになって10年目!)でようやく整備性が改善されたと言う事です。
しかしその影響でオイルタンクからなにから大幅に部品が変わっていて、2013年までのスポーツスターとはかなり違った眺めです。


なんか配線コードの取り回しが不自然に回り込んでますね、あちこち。
そしてバッテリーの搭載方法が左右逆転することで、車体の前方にあった端子が後方へ来た訳ですが、これにより、シートフレームの三角の空間にプラス端子が位置し、シートを外すとプラス端子にもアクセスできるようになっているんですよ。
いままで端子に配線繋がったままおっかなびっくりバッテリーを引き出していた事を思うと素晴らしい進化ですが、しかしなんで最初からそうしなかった? とも言える訳で(苦笑)。

ほかにも、2014年のスポーツスターは結構なマイナーチェンジ箇所があるんですよね。

メーターのデザインが一新され、多機能化と、トリップボタンがハンドル側に移されました。

そのハンドルスイッチ周りも新しくなってます。
4パカがボタンひとつで操作可能に(今までは左右のウインカーボタンを同時に押していた)。

左スイッチは写真がピンぼけ。
パッシングも出来るようになりました(今まで無かったんだ、これが)。
トリップボタンでメーターの液晶部分を切り替えますが、時刻表示やギアポジション、回転数(タコ)などいろいろ出来るらしい。
だったら、ツイントリップにしてくれるともっと使い勝手が増すと思うのですけどね・・・


ブレーキローターが少し大きくなっているのですが、言われないと判らないレベル?
キャリパーも新型です。


リアのブレーキマスターがアルミ製に変更され、右フットペグ後方に。


リアのキャリパーもフロント同様のものに。

と、まぁここら辺までは「知ってた」内容の確認でしたが、これは初めて気付いた・・・

タンク下から延びていた配線用のダクトが短くカットされて、断熱チューブ巻になってました。
48などのピーナッツタンクだと、従来のダクトは格好悪く目立ってたんですよね。


ハードキャンディ、クローム・フレーク。

あれれ!? フォーティーエイトのナンバープレートの付き方が変わってる??

スタッフに訊いてみたら、これは部品を取り替えてあって、純正は今までと変わってないとのこと。


なるほど、タイヤもオールステートに変わってますね。
こう言う旧車ルックのタイヤって、ちょっと興味はあるんだけどグリップとかどうなんでしょうね?
ワインディングレベルで。


さ、2014年スポーツスター(48)をひととおりチェックしたところでハーレーブースに目をやりましょうか。

48、72、ファットボーイ、ブレイクアウト、エレクトラグライドなどが置かれ、自由に跨がったり出来ます。
老若男女、お子様から、48でつま先ツンツンのおっちゃんまで、この時ばかりはと。


Seventy-Two は新色のブードゥーパープル・フレーク。
ハーレでムラサキ色って珍しいと思うのですが、キャンディーなのでカッコイイです。

プロジェクト・ラシュモア、新しいエレグラ。

ヘッド水冷になった新しいエンジンを搭載(基本空冷で、排気バルブ周辺だけを液体で冷却するシステムとか)。
そうそう、バイクの横に篭があるのは跨がるときに荷物を入れておくためです。


2014年から、ヘッドライトもヤッコカウルも新しくなりました。


タッチスクリーンのナビ&オーディオ。


ヘッド水冷のためのラジエター。


をを、CVOのロードキングまで置いてるやん!
これに跨がるなんてなかなか機会がないんだよなぁ・・・あ!?

おあとが宜しいようで。。。



●大阪モーターショー: http://www.osaka-motorshow.com/
●ハーレーダビッドソンジャパン: http://www.harley-davidson.co.jp/



  
Posted by xl1200 at 03:42│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  MotorShow  /  XL1200X(Forty-Eight)  >  大阪モーターショー ハーレー・ブースと2014年スポーツスター
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52352300
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。