883R :blog [TOP]  >  883R.jp 開発  /  XL1200X(Forty-Eight)  >  スポーツスター用サイドカバー 近況

December 09, 2013

スポーツスター用サイドカバー 近況


しばらく情報を載せていなかったからか、Facebookやメールでスポーツスター用サイドカバーの問い合わせが相次ぎました。
なるほど、前回ブログに書いてから1ヶ月近いですね。 

残りの作業は主にファイバー屋さんに委ねられている状況で、向こうもウチの製品だけをやっている訳ではないですので、開発の進展はペースが落ちています。
ウチの製品だけを取っても、今は48用ビキニ等の生産が優先されていますし。


さて現在の状況ですが、製品版の最終チェックの段階です。

前回のサイドカバー記事にもチラリ書きましたが、アールの付いている小物入れスペース内側をフラットに。
FRPのプレートを取り付けました。
ファイバー樹脂の硬化剤の熱によって表面に溶接痕のごとく跡が出ると困った問題なのですが、かといって接着剤はFRP(それも凹凸のある裏側)の接着には適しておらず、やはり樹脂で硬化剤のブレンドを調整しての取り付けとなりました。
状況は良好で、表面(外側)は綺麗なままです。

ETC車載器より一回り大きな面積で平面が出来ましたので、ETCや警報器の取り付けはやりやすくなったと思います。
閉じたときに垂直になる「ただの板」ですので、ETCなど仕込む場合はベロクロ(マジックテープ)固定が良さそうです。
これも過去に書いておりますが、ウチで提供できるのはモノの入る「空間」と、この平板ぐらいです。
用途もそれぞれでしょうし、あとは各自で工夫して頂く方向で。

前回までのサイドカバーは穴位置等が決定されていない状態で持ち帰り、ハンドで残りの加工 → そこから穴位置やカットラインなどを割り出し、それを元に製品「型」にケガキ入れしました。
今度はその「型」の通りに造った物でズレが無いかなどの確認です。

小さな問題はインナーパーツのみにあり、左右のカバー本体は合格です。
インナーパーツの問題点と言っても、クイックファスナーを受ける部分の穴を10mm → 11mmにする事、フレームにネジ留めする部分の穴も7mm → 7.5mmに変更して、ほんの気持ち穴位置をずらす、と言った程度のものです。


もうひとつ、最終的な確認が必要だったのが、古い年式。
2005年 XL883L をちょっとお借りして軽く確認しました。

右側(オイルタンク側)はカットラインを最小公倍数にしており、05年も11年も共用可能である事を確認出来ました。
サイドカバー周辺は04-05年、06-09年、10-13年、そして2014年以降とマイナーチェンジを繰り返していますが、05年と11年で問題なければ04-13年は全部大丈夫だろうと思います。
装着するポイント3点も変更ありません。


左は電装類の取り外しまではやれませんでしたが、現行モデルと違ってシート下にモジュール(点火モジュール?)があり、フレーム、オイルタンクと共締めになっていました。
ネジ位置は同じでしたのでインナーパーツの取り付けには問題無さそうですが、片方のネジでインナーパーツを挟む事になるので、残りの1箇所用にシム代わりのワッシャーを用意して、モジュールが傾かないようにしたほうが良さそうですね。
左も04-13年は大丈夫そうです。
※2014年モデルからはバッテリー搭載方法もオイルタンク形状も変わっていますので、適合未定になります。
04-05年は走行中のサイドカバーの脱落事故が多いそうですが、弊社サイドカバーは専用のインナーパーツを使うので破損でもせぬ限り滅多に落ちることは無いはずです。

05年(04-05年)は下側の爪が小さいのがちょっと気になりました。
最近のもののように、カバー下側の爪に引っかけてヒンジのように開くことも出来ないので、初期モデルはETCなどをカバー裏に固定するよりもバッテリー側に取り付けたほうが良いのかも知れません。


ひととおり確認事項をチェックして、最終的な指示が整いました。

これで「生産の準備」は整った感じですかね。


さて、納期と共に問い合わせの多い「価格」ですが、まだ見積もりが出ません。
塗装はファイバー屋さんから更に外注に出るのですが、そこでの塗装のコストを確認する必要があります。
そしてカーボン・バージョンの要望も多いですが、カバー本体はかなり段々になっていて、シンプルなデザインに見える割に作り手からすると難易度が高いそうです。
これもカーボンの貼り方をいろいろ試してみないと想像では計算しづらいそうです。
ペイントとカーボンを算出したのちFRPゲル仕上げとのバランスも見ながら価格を決定するので、まだ何とも言えない状況なのです。
しばし、お時間を。


年内に(ファイバー屋さんなどが正月休みに入る前に)ゲルコート仕上げだけでも発売に漕ぎ着けたいのですが。




●[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp
●Forty-Eight x 883R.jp: http://883r.jp/xl1200x/



−AD− [883R.jp]プロストック・ミニビキニカウル/Forty-Eight 専用

Posted by xl1200 at 02:43│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  883R.jp 開発  /  XL1200X(Forty-Eight)  >  スポーツスター用サイドカバー 近況
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52349980
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。