883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /   >  NO DAMAGE:DELUXE EDITION / 佐野元春

November 26, 2013

NO DAMAGE:DELUXE EDITION / 佐野元春


佐野元春の初期作品をまとめたベスト・アルバム「ノー・ダメージ」が年末にデラックス・エディションとして再登場します。 

デビューアルバム『BACK TO THE STREET』(1980年)、続くセカンドアルバム『HEART BEAT』(1981年)、佐野元春の名を不動のものとした傑作『SOMEDAY』(1982年)、さらに大瀧詠一、杉真理との共作アルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』(1982年)までの楽曲を再編したこの「14のありふれたチャイム達」は、佐野のNY滞在中の穴を埋める意味合いもありリリースされましたが、決してシングル曲の羅列ではなく、レコード盤(当時)のA面をBoy's Life Side、B面をGirl's Life Sideとして構成された、新しい切り口によるひとつの作品でした。


Disc 1 アルバム『ノー・ダメージ』(オリジナル1983年4月21日発売)の最新デジタル・リマスタリングをBlu-spec CD2(高品質CD)規格で。

−Boy's Life Side−  
01. スターダスト・キッズ  
02. ガラスのジェネレーション  
03. SOMEDAY  
04. モリスンは朝、空港で  
05. IT’S ALRIGHT  
06. Happy Man  
07. グッドバイからはじめよう  

−Girl's Life Side−  
08. アンジェリーナ  
09. So Young  
10. Sugartime  
11. 彼女はデリケート  
12. こんな素敵な日には(On The Special Day)  
13. 情けない週末  
14. Bye Bye Handy Love

今回その14のありふれたチャイム達に、沢山の特典をプラスしてのデラックス盤がリリースされることになりました。

Disc 2 ライブ盤『ロックンロール・ナイト ライヴ・アット・サンプラザ 1983』(1983年3月18日 中野サンプラザにて収録)。
こちらもBlu-spec CD2(高品質CD)規格。

01. 彼女はデリケート  
02. バック・トゥ・ザ・ストリート  
03. イッツ・オーライト  
04. スターダスト・キッズ  
05. サムデイ  
06. ドゥー・ホワット・ユー・ライク - 勝手にしなよ  
07. ガラスのジェネレーション  
08. ソー・ヤング  
09. ハートビート  
10. ロックンロール・ナイト  
11. 悲しきレイディオ  
12. アンジェリーナ  
13. ナイトライフ  
14. グッドバイからはじめよう  

と、まぁ旧盤のリマスター+ライブ音源というのはよくある手法なのですが、もう一枚、DVDもセットになっています。


Disc 3(DVD) 『フィルム・ノー・ダメージ』
30年前の幻のドキュメンタリー・ムービーなのですが、今年の9月に音声をサラウンド化して一部の映画館で限定的に再上映されました。
見逃したファンも多いはずですが(私も行けないまま、あっと言う間にロードショーは終わってました)、嬉しいことに収録されました。

って言うか・・・・・たぶんこの企画盤の軸になっているのがこの掘り起こされた「フィルム・ノー・ダメージ」なんじゃないかなぁ?

01. 悲しきレイディオ
02. ガラスのジェネレーション
03. グッドバイからはじめよう
04. ハートビート(小さなカサノバと街のナイチンゲールのバラッド)
05. スターダスト・キッズ/ソー・ヤング/君をさがしている(朝が来るまで)/彼女はデリケート
06. ハッピーマン・メドレー
07. ロックンロール・ナイト

1983年製作、約70分


 

つまらないオトナになっちゃったけど、あの頃の血潮(young bloods)が蘇るかな?
■NO DAMAGE:DELUXE EDITION(DVD付) /佐野元春  定価 6,500円  2013年12月25日発売予定です。


  
Posted by xl1200 at 23:41│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /   >  NO DAMAGE:DELUXE EDITION / 佐野元春
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52348366
この記事へのコメント
あれれ!車関連のみと思っていましたが
こういうのもありですか?
私、このライブビデオ持っていますよ。
若いころよく見ました。
管理人さんはひょっとして私と同世代でしょうか?
或いは私よりも若干若く思われます(笑)
最近Charさんもよく聞くんですが
そのドラマーどこかで見たなあと思い調べてみました。
すると佐野さんのバンド(ハートランド)にもいた人でした。
確か古田たかしさん
奥田民生さんのバンドでも見かけました。
ベテランの方ですね〜
Posted by hide325v59 at November 27, 2013 09:02
> hide325v59さん!
古田たかしさん、ハートランド解散後もホーボーキングバンドでも活躍されていました。
同じく元ハートランドのギタリスト(長田進さん)と共に奥田民生/ユニコーンのサポートメンバーでもありますね。
Charさんのバックもやっていたとは知りませんでしたが、いろんなバンドのサポートメンバーや、レコーディングでのセッションマンとして活躍されているみたいです。

そうそう、つい先日Facebookに懐かしい顔がw
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=551503384929645&set=a.228895607190426.56641.228847883861865
Posted by Gotaro@管理人 at November 27, 2013 12:18
ダディ柴田さんですか?懐かしいですね。
悲しきレイディオなんかも2人して
乗りまくってますね。カッコいいです。
そういえば
チャーさんのデビュー曲(ネイビーブルー)のドラムも
古田さんだそうです。
NSPのバックバンドで一緒に地方を回ったみたいですよ。
ごく最近知ったのですが・・・
Posted by hide325v59 at November 27, 2013 16:59
> hide325v59さん!
そして最後に! スーパーダイナマイトサキソフォン・・・ ですねw
Tokyo Be-Bopがいた頃のライブはよく見に行きました!
Posted by Gotaro@管理人 at November 27, 2013 21:03
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。