November 21, 2013

LEVORG 諸々


スバル・レヴォーグ。
前の記事に加筆するのもそろそろ限界なので続き・・・ 

最初の画像、ここまでではじめて見るアルミホールを履いていますね。
いや、公式画像の白いクルマはコレっぽいのですが、ホイールが回っている画像しか無かったのです。
雰囲気的に18インチかなぁ? であれば「2.0GT Eyesight」って事でしょう。
既出のものと基本的にデザインは共通ですが、黒基調の切削ホイールではありません。


ヘッドライトがメッキ、グリルの3本線もメッキ、デイタイムランプなし、シルバーのホイール、ドアミラーもメッキ。
ゴージャス系の上級モデル 2.0GT Eyesight と見た!?


で、こちらはブラックベゼルのヘッドライト、グリルの3本線も黒、デイタイムランプ装備、切削ホイール・・・・ ビルシュタインショック装備の走り系最上級モデル 2.0GT-S Eyesight でしょうか?


これらの画像は今日アップされた新しい動画から。

 

なにせ限られた情報しかないので、食い入るように新しい動画をチェック。


やはりコの字テールランプはボディ側だけで、ハッチ部分の赤レンズはダミー(リフレクター?)。


右側のコの字のあいだにリアフォッグランプが見えます(XVやBRZみたいに低いところに付けたほうが良心的だと思うけど)。


メーター照明はブルー系(アメリカで発表されたWRXはレッド照明)。
なかなか上品な感じに思います。


最初の、グレードの話に戻って・・・・

昨日と重複しますが、謎のホイールキャップ車(東モ展示車両)。
これはやはりボトムグレードの1.6GT Eyesight しか考えられませんよね。
法人ユースや公用車的な需要を見込んだ装備簡略グレードかもしれない(フォレスターの2.0i みたいに)。

で、残る 1.6GT-S Eyesight は??
ダウンサイジングターボとはいえ、まさかビルシュタイン装備の-S がスチールホイールって事はないでしょうし、あともう一種ホイールがあるのかも知れないです。
もっとも、最初のシルバーのアルミホイール車が 2.0GT じゃなくて 1.6GT-S の可能性もありますけど。
画像では17インチなのか18インチなのか判別しにくいのです。

で、ここまでの予想(妄想)が正しければ、1.6GT だけ価格を下げて(でもいろいろなモノが省かれている)、ほかは高いんじゃないかなぁ〜〜〜とも感じてます。
上位グレードはドライバーの膝まで保護する7点エアバッグが付くらしいですし、たった4つのグレード展開ですが価格帯に幅がありそうです。


判らないことが多くてまどろっこしいですが・・・・詳細が判るまでの今が、それはそれで楽しいのですけどね。



レヴォーグは、2014年春に発売を予定しており、2014年1月4日より先行予約を開始します。



・全長 × 全幅 × 全高(mm) 4,690 × 1,780 × 1,485  ※ルーフレール付き車についての記載無し(=設定無し?)。
・ホイールベース(mm) 2,650
・車重(kg) 1,540(1.6リッター) / 1,570(2リッター)
・サスペンション形式 ストラット / ダブルウイッシュボーン
・アイサイトVer.3
・荷室容量 522L

・1.6リッター直噴ターボ車
 グレード 1.6GT EyeSight / 1.6GT-S EyeSight(ビルシュタインショック装備
 エンジン FB16 DIT  ボア × ストローク(mm) 78.8 × 82  圧縮比 1:11.0
 エンジン出力 125kW[170ps] / 最大トルク 250Nm[25.5kgm]
 燃費(km/L[JC08モード]) 17.4 (レギュラーガソリン仕様)
 変速機 CVT(リニアトロニック)
 駆動方式 アクティブトルクスプリットAWD
 タイヤサイズ 215/50 R17

・2.0リッター直噴ターボ車
 グレード 2.0GT EyeSight / 2.0GT-S EyeSight(ビルシュタインショック装備)
 エンジン FA20 DIT  ボア × ストローク(mm) 86 × 86  圧縮比 1:10.6
 エンジン出力 221kW[300ps] / 最大トルク 400Nm[40.8kgm]
 燃費(km/L[JC08モード]) 13.2 (ハイオク仕様)
 変速機 CVT(スポーツリニアトロニック)
 ・・・・(参考)次期WRXのスポーツリニアトロニックはS+モード&パドルで8速マニュアル操作が可能です。
 駆動方式 VTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)
 タイヤサイズ 225/45 R18


 
荷室はシングルフォールディングですね。
傾斜しているのと、座席を倒した付け根部分の段差の具合が気になります。


 

 


●SUBARU TOURS TOKYO MOTOR SHOW 2013: http://www.subaru.jp/tms2013/
●SUBARU I'm a SUBARIST: http://www.subaru.jp/subarist/

●SUBARU LEVORG(レヴォーグ) SPECIAL SITE: http://www.subaru.jp/levorg/sp/ ※新しくなってます。
●東京モーターショー: http://www.tokyo-motorshow.com/
●ustream SUBARU-USTREAM: http://www.ustream.tv/channel/subaru-ustream


  
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52347655
この記事へのコメント
いつも参考になる情報
ありがとうございます。
この度ヴェネチアンレッドで
仲間入りさせていただきました。

気に入っていますが
すぐにハイブリッドがでたことと
荷室がせまいところが残念!

このレヴォーグも気になります!
でも
ボディカラーが保守的に思えます。
Posted by kobered at November 23, 2013 16:20
> koberedさん!
納車おめでとう御座います!
ヴェネチアンレッドはまだ実車を見たことがありません!!

XV、スタイルは良いですが荷室がちょっとネックですよね。
レヴォーグのアウトバック的なのが出ると不満も解消されるでしょうけど。
レヴォーグ、確かにボディカラーは保守的というか、高級感のある色は良いのですが・・・・かつてレガシィが試みたゴールド、イエロー、コッパーみたいなインパクトのある色も加えるべきですね。
Posted by Gotaro@管理人 at November 23, 2013 23:26
そうなんです!
「レヴォーグのアウトバック的なの」が
気になります!

XVでは、なかなかチャレンジしてる
カラーバリエーション。
今後の展開に期待ですー
Posted by kobered at November 24, 2013 09:46
> koberedさん!
レヴォーグが大ヒットしてくれれば可能性、あると思うのですよ。
次のアウトバックは現行より更にデカくなることが確実でしょうから。
レヴォーグをベースにXC70みたいなノリで。
Posted by Gotaro@管理人 at November 24, 2013 12:59
遠征してレヴォーグ見てきました。
運転席にも座りましたよ♪

レヴォーグの説明員に話を聞いたところ、意外な事実がわかりました。

GTとGT-Sの違いなのですが、聞いた範囲では、
•ホイールが17インチから18インチになる。
•ヘッドライトまわりとグリル奥がブラックになる。
•内装のステッチがブルーの縫糸になる、など。他にもありそう。

あれ?ビルシュタインは?と思い尋ねたところ、
「標準装備です」との答え。
まさかと思い、再度聞くも
「標準タイプもスポーツタイプも足回りは同じで、共にビルシュタインですよ」とのこと。
驚愕です。だったら標準タイプで300万円を切るくらいの価格になるのでは?

疑り深い私は、もう一台のレヴォーグのところに行き、同じように質問したのですが、やはり全部ビルシュタインが付くとの話。信じていいんでしょうか?笑

Posted by KENSO at November 29, 2013 20:24
> KENSOさん!
情報ありがとう御座います!!
1600ccでもGT-Sが18インチになるって言うのは最近何かで読んだのですが(メーカーのリリースをよく読んだら17インチは"代表的なサイズ"みたいな書き方でしたw)、ビル足は意外ですね〜!!
「Sパッケージにはビルシュタインなどが付く」って社長のコメントにあったはずなのですがw
って事は最安グレードでもお安くは無さそうですね。
まぁ、ある程度プレミアム感があったほうが良いと思います。
Posted by Gotaro@管理人 at November 29, 2013 21:52
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。