883R :blog [TOP]  >  YAMAHA Bolt  /  Sportster and...  >  YAMAHA BOLT 国内仕様

September 14, 2013

YAMAHA BOLT 国内仕様


2013 YAMAHA NEW MODEL EXHIBITION 大阪会場へ行ってきました。

お目当てはもちろん、BOLT。
3月の大阪モーターサイクルショーでも一度見ていますが、今回は「跨がりオッケー」と言うことで、つまりステージの上じゃなくもっと間近に「かぶりつき」で見られるって事ですからね〜。

スマホとか、通信環境によってはちょっと閲覧しにくいかも知れませんが画像たっぷりでお届けします。

会場はグランフロント大阪・・・・JR大阪駅北側の貨物ヤード再開発で立派なビルが建ってるんですね(初めて行った)。

フロアにはヤマハ車が沢山並んでいましたが、BOLT以外は後日気が向けばアップします。
お客の反応も殆どボルトに向いており、スクーターの最新モデル「マジェスティS」の人気のなさには逆にちょっと驚きましたが・・・
BOLTは1Fに3台、2Fに1台の計4台が展示されておりました。


YAMAHA BOLT (スタンダード)
カラーバリエーションはこのホワイトとブラックの2種。
前後フェンダーもタンク同色です(欧州向けXV950はタンク以外は黒)。

スタッフに「ほぼこのまま市販になるのですか?」と訊ねたところ、帰ってきた答えは「今回の展示は国内仕様そのものです」・・・・!!!!!
これにはビックリ、今までことごとく「国内仕様とは異なります」でしたからね。
国内仕様が「今回の展示にギリギリ間に合いました」との事でした。
ちなみに発売日はハッキリは言えないけど11月の予定だとか。


で、外観は欧州の「XV950/R」寄りではなく北米仕様の「BOLT」そのもので、エアクリーナーには「Star」ロゴまで。
アメリカではクルーザーモデルの販売チャンネル(ディーラー)が「YAMAHA」ではなく「Star Motorcycle」なのですが、日本でもDragStarオーナーを対象にした「Star Meeting」なんて開催していますから、そのままStarロゴを採用したのでしょうかね?
個人的にはエンボスで音叉マークを期待してましたが。。。

エアクリーナーに貼られたコーションラベルもちゃんと日本語。

ハーレーと違ってインテークマニホールドがクリーナーボックスから独立して2本出ていました(どういう意味か解りますよね)。


YAMAHA BOLT R-Spec
BOLTの高級バージョン。
カラーバリエーションはこのマットグレーとブラック。
欧米(XV950R および Star BOLT R-Spec)で用意されている印象的な「グリーン」は残念ながら設定されないとのことです。
タンク単体が市販されるか、次年度モデルで採用されるかも知れないですけどね。


R-Specの「R」たる部分、リザーバータンク付きのリアサスペンション。
スポーツスター(IRON883)との比較で前後サスともストローク量で勝っているという動画がありましたが、しかし短いサスペンションですね。


こちらはスタンダードのリアサス。
オプションで更なるローダウンサスが用意されているなんて!
ブレーキローターは花弁タイプ。



おそらく国内仕様R-Specだけの装備だと思うのですが、スポーク部分が切削されたホイールが付いていました。


スタンダードは真っ黒なホイール。
欧米モデルではR-Specでもホイールはこの真っ黒バージョンだったはず。
・・・・ここは個人的には黒一色のほうが好みかな。


R-Specのバックスキン調シート。
なお国内モデルは全タイプ「乗車定員2名」で、タンデムシートが標準装備だそうです。


カメラのアングルがちょっと悪いけど、足つきはフォーティーエイトなどと変わらないレベル。
ちっこいオッサンでも両足カカトまでべったりです。
小柄なライダーのためにヒップポイントを前にずらす(=ハンドル近づける)シートも開発中だそうです。


ミッドポジションのステップに足を置くと、右足はスポーツスターのごとくエアクリーナーでニーグリップ。
で、スポーツスターだと左足は遊ぶのですが、BOLTはシリンダーヘッドがドドーンと。
夏場、スポーツスターだとオイルタンク(キャップ)で右太もも裏側を火傷して「カ・イ・カ・ン」なのですが、BOLTは左足を虐めてくれそうです・・・・ライダーは基本「M」だから。。。
なお、タンクに子持ちストライプが付くのはR-Specです。


モーターサイクルショーの展示や雑誌、ウェブの写真では判らなかったこのアングル!
スバラシイ!
エロ過ぎます。
エアクリーナー、シリンダーヘッドがタンクより飛び出していて、タンクとシートの間にはフレームがチラリ露出!
開発スタッフにリジスポ(1986-2003年HDスポーツスター)大好きなド変態が居たに違いないレイアウトですわ・・・!!
ツボ押さえすぎ。


タンクも、ライダー目線だと(96年〜3.3gallonではなく)昔のXLH1200のキングタンクって感じですよ。
ペイントの品質の高さもさすがヤマハ。


個人的に未だ好きになれないのはこのテールかなぁ。
ちなみに油断していて跨がるときに展示車のテールランプに蹴りを入れてしまいました(壊してないですよ)。
LEDが自慢らしいけど、予想外にでかいんですよね。
ま、ランプも付いたフェンダーレスキットみたいなのがアフターパーツとして市販されるでしょう。


空冷950cc Vツイン・エンジンはかなりの存在感。
腰下はハーレーよりずっとコンパクトなんですが、シリンダーヘッドの大きさ!
その割に冷却フィンは意外と浅いですね。
これでちゃんと冷えるんですかねぇ〜?? オイル経路をよく考えてあるんだろなぁ。


顔つきは極めてシンプル。

そして傍らにあったワイズギアのポスター、つまり純正オプションパーツ。


カラータンクも開発中みたいですよ(なんでグリーンは無いの?)。
市販されるのがどれか解らないですが、SRっぽいのもありますね。

※BOLT オプションパーツ(ポスター)大きな画像(1200x1800px): http://livedoor.blogimg.jp/xl1200/imgs/6/1/613848c4.jpg


しかしどのアングルでも破綻しないデザイン。
旅先で絵になるバイクの予感。

眺めてるとやはり欲しくなるのと、これのオリジナルパーツをやりたくなるw


シンプルなコックピット。
メーターは点けて貰えませんでした。
ハンドルはXL1200Sみたいな感じですかね。


エンジン後方に大きなタイコが隠れて・・・・・ません!
近年のオートバイの設計からして、てっきりチャンバー室+触媒があると思ったのですけど。
(記事と関係ないけどバリアングル付きのキッスデジタルX6i、便利〜!)


左サイドカバーに蓋付きの鍵穴がありましたので収納スペースがありそう。
このキー部分が良いなぁ・・・・今やってるスポーツスター用のサイドカバーにこう言うの付けたかった・・・
しかし樹脂パーツの熟れた使い方はやはり日本の製品ですね(良くも悪くも)。


サイドビューも良いですが、この俯瞰の素晴らしいこと。
国産ユーザーよりもむしろ旧スポーツスターのオーナーへの強烈な訴求力を感じます。
走らせるとどうなのか? 気になってしょうがないです。

ちなみにスタッフ曰く
社内で883と比べたんですが、、、 申し訳ないぐらい差があった」んだそうです。
おいおい、きっとスポーツスター乗りも大勢見に来てるよ、ヤマハのスタッフさん!!(笑)


次はぜひ試乗したいですね。


BOLT Rスペック ABS 968,100円(本体価格922,000円) ブラックのみ 
BOLT Rスペック 918,750円(本体価格875,000円) マットグレー/ブラック 
BOLT スタンダード ABS 924,000円(本体価格880,000円) ブラックのみ 
BOLT スタンダード 874,650円(本体価格833,000円) ホワイト/ブラック



●ヤマハ発動機: http://www.yamaha-motor.co.jp/
  >> BOLT ティーザーサイト: http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/bolt/
Posted by xl1200 at 23:51│Comments(24)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  YAMAHA Bolt  /  Sportster and...  >  YAMAHA BOLT 国内仕様
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52338272
この記事へのコメント
細部まで徹底的に造りこだわってますね。
全体から「開発チーフの好みで造り込みました」感が、
溢れていのは気のせいでしょうか(笑)

ちょうど昨日、ヤマハコミュニケーションプラザに行っており、
展示されていた限定カラーのMT-01を見たせいか、
これからBOLTを新発売するなら、
MT-01も国内投入しておけば良かったのにと個人的に思いました。

長らくヤマハのツインスポーツ車は国内ではヒットしていないので、
今後の動向に注目ですね。
Posted by kou at September 15, 2013 03:40
確かにかっこいいですね

相手(スポスタ)をよく研究してますなw

我が家のスポも11月車検なんで後ろ髪引かれそうです(笑)
5年目なんでバッテリーやらなんやら交換しなきゃいけない予感
先日はニュートラルランプ(センサー不良)がつかなくて始動ができなくなって
サルベージしてもらったし(^。^;)

潤沢な予算と家族の理解を得られれば交換したいですわ(^_^;)
でも交換できるならMTー09の方がいいなw
Posted by ぶっちゃん at September 15, 2013 03:46
YAMAHAはいいものを出してきますね。
そしてジワジワとヒットする。
このモデルもそうなりそうな予感が。
Posted by keiichi_weiichi_w at September 15, 2013 04:41
これは細かいところまで造り込まれている感じしますね〜。
しかし見れば見るほどスポーツスターに近づけていて…(笑)
スポーツスターにこだわりを持っている人には色々言われるでようけど
値段はスポより安いし、ハーレーブランドにこだわらなくてスポーツスターっぽい
バイクに興味がある人には魅力的でしょうね。
Posted by ヤエ at September 15, 2013 11:02
ヤマハが作って883(スポーツスター)と比べて申し訳ないほど差がなければ、それはそれで驚きですけどねw

まぁ〜仮に差を全くなくしても発売はヤマハの名にかけて出来ないでしょう。
それがハーレークオリティですから。

しかしボルトをスポーツスター風にカスタムするアフターパーツやそれを買う人がいても逆はないでしょうね。

それもまた1つの差ですよね。
Posted by マン蔵 at September 15, 2013 11:52
> kouさん!
そうです、そうです! 作り手の拘りが溢れています、このバイク。
このBOLTとMT-09でヤマハの反撃が始まりそうですね。
MT-01とか、ちょっと前まで大型車は逆輸入(プレスト)に任せている節がありましたがBOLTはその流れも変えてくれそうです。
その先にはSAKURAもあるのですかねぇ〜!
いろいろ楽しみです。
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2013 11:55
> ぶっちゃんさん!
MT-09も気になりますね。
軽量ボディ+ハイパワーエンジンで、海外のレビューではこぞってウイリー走行してますね。
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2013 11:57
> keiichi_wさん!
最初は若干、(XS-V1サクラじゃなくて)安っぽい路線に行っちゃったなぁ、なんて気もしたのですが、変なコストは掛けてないのに造り込みが気合い入っていて、所有車は満足度高いバイクになると思います。
暫く死に体だった国内向けヤマハも、これを機に復活の予感がしますね。
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2013 12:01
> ヤエさん!
そこですね、、、今のスポーツスターの新車販売のうち半分ぐらいは「ブランド」の気がする昨今です(そういう人はあっと言う間にビッグツインに乗り換えている事実!)。
リジスポの頃は「ハーレーは好きじゃないけどスポーツスターだけ別なんだ!」って人が凄く多かったのに、不思議です。
そういう層への訴求力はかなり強いと思いますよ、このBOLT。

まだエンジンフィールとか走りの面は(乗ってみないと)解らないですが、48とかと同じ方向の今風の外観でありながら、サスストロークやバンク角をちゃんと確保しているのは美点かも知れません。
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2013 12:11
> マン蔵さん!
ホンダが「883を越えた!」なら単純にスペック的な話になるのでしょうけど、ヤマハの言う「883越え」がどっち向いた話なのかが興味深いのですよ。
例えば汎用パーツのウインカーひとつ取ってもVT750S(シャドウRS)のような品質ではないのです。
ロイヤルスター(VMaxエンジンのツアラー)から始まったアメリカ戦略でのノウハウが十分生かされていると思いますよ。

会場で気付いたのは、老若男女幅広く注目されているモデルであったこと。
また、走ってナンボって思ってるライダーにはハーレーを毛嫌いする人も多いので意外とこのBOLTのポジションって美味しいかも知れません。

ただヤマハ好きにはこのあと3気筒が控えているのですけどね。
Posted by Gotaro@管理人 at September 15, 2013 12:23
渋谷でのエキシビジョンに行ってきました
Rスペックの切削ホイールはいかがかと・・
その代わりにリアサスはRスペックが良いなと
スタンダードを買ってリアサスを交換しようかな
エンジンは掛けてもらえませんだしたがメーターの動作をお願いしたらONにしてくれました
トリップは2つ、時計も表示できてハザードも付いてます
燃料残警告もメーター内、ウィンカーとハイビームもメーター内に表示されます
メーター交換はちと大変かも
確認は取れていませんが北米仕様とはマフラーが違うように見えるので音質は異なるかと
Posted by JJ at September 16, 2013 11:35
> JJさん!
まったく仰るとおりで、私も最初(アメリカで発表されたとき)は「日本市場じゃR-Specだけでいいやろ?」ぐらいに思っていたのですが、いざ国内バージョンを考えると黒一色のホイールと余計なストライプの入らないタンクなどからスタンダード推しですね。
リアサスはオーリンズが出すでしょうしw

ツイントリップは良いですね!
街乗りでは時計を常時表示したいですから。
ハーレーの48だと、時計も表示したいけど常に走行距離(=ガソリン残量)が気になって面倒なんです。

マフラーは違いますね。
US仕様の動画の音は明らかに大きいです。
ハーレーでは北米仕様の外した中古純正マフラーが人気です(私も付けてます)が、BOLTも北米マフラーの需要があるかも知れません。
ちなみにハーレー純正の日本向けは94dB、アメリカは99dB。
Posted by Gotaro@管理人 at September 16, 2013 15:11
はじめまして。
いやぁ、非常に参考になる詳細なレポに感謝です。
欲しいなぁーーー。

切削ホイール、なんか不評ですね。
非常に気になります、実物見比べたいところです。

エキシビジョン、札幌では来年2月開催予定になってますが、
それより早く発売されることってあるんですかね。
早いにこしたことはないですが。
Posted by ミツモト at September 16, 2013 22:07
> ミツモトさん、はじめまして!
BOLT、格好良いですね〜!
私も欲しいです・・・・・一番安いグレードの黒を買って、弄りたいw
切削ホイールは(好き嫌いはあるでしょうけど)フロントの右サイド(ディスク板がない側)でシルバーの部分が目立ちすぎる気がします。
スポークだけシルバーにしてハブ部分は真っ黒で良かったのに・・・。

札幌は2月ですか〜!
一応、メーカーの公式発表ではBOLTは「年内発売」で、現地のスタッフに聞いた話では11月に発売開始と、同時に各地で試乗会が開始されるようなこと言ってました。
2月だとMT-09も並びそうですね!!
Posted by Gotaro@管理人 at September 17, 2013 00:02
お世話になっているYSPの方がイベントで試乗したとのことです。

その方は普段オフ車に乗ってる方で走行時のとりまわしとかどうだろうと思っていたそうなのですが、こういったスタイルでは考えられないほど曲がる・バンクできる(過去スポスタに乗ってる方も同意見だったそうです)。とのことで、一言「これは売れるw」と仰っていました。

お店的には同じヤマハ車の中でアメリカンに乗りたい。でも、ドラスタは重そう(大きすぎ)。でも250は嫌!って層や、スポスタ(ドラッグ系?)に乗りたいけどいろいろ予算が辛い・国産がいいって層に受けるはず!
とのことです。

個人的にはマフラーやエンジン周りのメッキパーツ(現行ハーレーのスーパーロー)等・メーター類がアナログっぽいとドハマりなんですけどね。
なんか俯瞰した時のエンジンやエアクリが樹脂?プラスチック?っぽいとなんかこうなんか・・・SR乗ってるからかな?
ドラスタやSAKURAを見る限りでもヤマハはそういうところ得意と思うんですけどね。

100種類のアクセサリ・周辺パーツ!ってのは本当みたいですね。

ただ、MT-09の方が気になりますけどね!
Posted by HIRO at September 17, 2013 02:05
>>ハーレーと違ってインテークマニホールドがクリーナーボックスから独立して2本出ていました(どういう意味か解りますよね)。

すみませんどう意味かわからないので、簡単でいいので教えてもらえませんか?
Posted by HIRO at September 17, 2013 02:12
> HIROさん!
以前のプレスや販売店向けの試乗記事は散見できますが、すべて北米仕様なんですよね。
「音が心地良い!」ってコメントをよく見ましたが、近接騒音が5dB違い、加速騒音まで軽装される国内仕様は去勢されるでしょうね。
ともかく早く乗ってみたい(笑)。

BOLTはまずデザインの良さだけでも訴求力があります。
加えて足つきも抜群だから、女性の人気が出るでしょうね(エキシビション当日もスタッフに詳しく話を聞く女性ライダーの姿を見ました)。
そして女性ウケするオートバイはたいていヒット商品になるんだと思います。
ただ巨大なエンジンと鉄のフェンダーなどの影響か、車重は結構ありますが(〜03スポーツスターぐらい)。

デザインの関係か、メッキパーツはあえて排除していますね(ハーレーでもDARK CUSTOMが全盛なので)。
オプションパーツもクロムメッキよりブラス調のパーツが目立ちます。
エンジン自体はXVS950ベースなので、メッキが欲しい人は流用できる部分があるかも知れませんが。

エアクリから前後シリンダー個別にダクトが出ていると言う事はインジェクターが2個と言うことです。
日本車では珍しく無いですが、ハーレーは1個のFIからY字のマニで分けていますので、BOLTは出力特性を上手くコントロール出来てるんだろうね? って話です。
ハーレーでツースロートはレーシングエンジンでしかやりません。
Posted by Gotaro@管理人 at September 17, 2013 12:11
こんばんは、はじめまして!
実はこのブログは半年ぐらい拝見させていただいています。

現在大阪でSR400(改511)に長らく乗っているのですが、Boltの発表以来買い替えを検討しています。
そして、883Nと悩んで決めかねています。。

私は元来、古くて壊れ、手間暇がかかるものが好きなんです。
しかし、最近SRの所構わずな不具合発生率や終わる事のないキャブセッティングに多少疲れてきました。

そんな中、2台で悩んでいます。
正直、買い替えの目的が果たせるのであれば883Nに乗りたい。
しかし、最近のハーレーは壊れないと聞きますが、実際はどうなんでしょう。
絶対的なパフォーマンスは求めません、ただ所有観を満たしつつのんびりまったりツーリングに安心して出掛けることが出来ればと。

悩みはつきません。(笑)
Posted by Kazuhiro at September 17, 2013 23:00
> Kazuhiroさん、はじめまして!
まず認識を改めて下さい!
ハーレーダビッドソンの品質は非常に高く、某イタリアン・メーカーのスーパーバイクのように手が掛かったりもしません。
15年ぐらい前まではレギュレーターがパンクしやすかったりしましたが、今のはストックで乗るなら故障なんて日本車並みに起こらないですし、リコールなどのフォローも万全です。

正規ディーラーにはたいてい試乗車がスタンバイしていますから、乗ってみることをお奨めします。
アイアンは今風のダークカスタムで仕上げられた883cc。
いじり甲斐もありますが、バンク角の浅さなどが気になるかも知れないですね。
BOLTもデザインでもかなりイイ線行ってますし、エンジンのレスポンスが良さそうなので、悩ましいところと思います。

なお新車価格ですが、ハーレーは1円も値引きしません(オプションのサービスはあります)。
輸入車なので車検(完成検査)や、更にディーラーまでの「運賃」まで請求されるので乗り出し価格は国産車よりかなり膨らみます。
いちど見積もりも出させた方が良いでしょう。
2013年のアイアンはたぶん完売しているでしょうけど、もうまもなく2014年モデルのデリバリーが開始されます。

ハーレーは年間に日本に入る台数が先に決まっていますので、色まで指定したい場合はこまめにディーラーに足を運んで状況をチェックした方が良いですよ!(増産はありません)
Posted by Gotaro@管理人 at September 18, 2013 01:39
ありがとうございます。
そうですか、壊れないですか。
ググってるとオイル滲みは避けれないなどネガティブな情報ばかり目についたので。。
何度か試乗もしていますし、見積りも頂きました。
確かにVT750Sなんかと比べると金額は雲泥の差ですね。
BOLTの試乗会を待ってから検討しようと思います。
Posted by Kazuhiro at September 18, 2013 14:14
はじめまして!
いつもブログ見させてもらっています。
自分もハーレーを買おうか悩んでおります。
アイアンか48がいいなと思っており見積もりだしてもらったところ車体+諸費用+2人乗りシートとペグ17万でした。
国産に比べてパーツや車検等も高いとききますがどうなんでしょうか?
ボルトにも興味があり値段がハーレーに比べて安いのがいいですね☆
マジ悩みます…
Posted by モヒ at September 18, 2013 18:01
> Kazuhiroさん!
ロッカーボックスからのオイル滲みは「仕様」ですかね。
走行できなくなるような「故障」とは違うので、気にするかどうかの問題でしょう。
ヤマハのTT250R系エンジンのようにオイルを吹き出すわけじゃないですよw

今のスポーツスター(2004年以降)は良くも悪くも日本車みたいな感じなので、BOLTのほうが逆に硬質な乗り味だったりしたら面白いでしょうね。
私も試乗してみたいです(増車は難しいですが)。
Posted by Gotaro@管理人 at September 18, 2013 20:41
> モヒさん、はじめまして!
ハーレーは値引きがないですが、パーツのサービスは可能なので私の48はタンデムステップとピリオンシートはサービス分で付けて貰いましたよ。
昨年ぐらいからインチ工具セットが省略されているらしいので、初ハーレーなら工具もご用意下さい(北川商会とか安くて質も良いです)。

純正パーツはビックリするほど高いです・・・・並行輸入も出来なくなってます。
車検は正規ディーラーはさすがに高いですね。
ユーザー車検なら2万円ちょっとで済みますが、長期保証とか受けたい場合はディーラーの点検/車検を受ける前提になってます。
※私は初回点検だけお願いして、あとは自分でやってます。

ボルトはいろんな面で魅力的ですね。
どのみちハーレーも14年モデルへの切り替え時期なので、BOLTの試乗車が出るまで決断を待っても良いんじゃ無いでしょうか?
Posted by Gotaro@管理人 at September 18, 2013 20:50
詳しく教えていただきありがとうございます。
ボルトでるまでまってみます。
Posted by モヒ at September 19, 2013 17:15
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。