883R :blog [TOP]  >  Sportster and...  /  Street750/500  >  これが噂の500ccハーレー??

September 05, 2013

これが噂の500ccハーレー??


これまで公然の秘密だったインド(バワル工場)生産のエントリーモデルですが、ミルウォーキーで開催されているハーレーダビッドソン110周年記念式典にて現在のCOO、Matthew Levatich氏の口からついに公式の場で存在を認める発言があったそうです。

COO Reportedly Confirms 500cc Harley at 110th - Motorcycle USA

「110周年記念式典でインド生産500ccエントリーモデルについて何らかの公式発表がある」「インドは年度替わりが4月(※アメリカは9月)なので、年明け2月にインドで開催されるオートエキスポにてワールドプレミアになる」と言う事さえも前々からリークされていたので驚くことでは無いのでしょうが、しかし未だにオートバイそのものの輪郭が見えてこない・・・


まぁ500ccハーレーの存在については今までも語られてきたわけですが、Buell ブラストのように1シリンダー化したXLスポーツスター系エンジンだと言われたり、あくまで「V-ツイン」という説があったりし、その中でもXL883のエボリューションエンジンのボアダウン説や、Buellがハーレーから離脱する直前にそうしたようにロータックス系の水冷エンジン(※ロータックス製エンジンはKTMやBMWも一部機種で採用しています)だ、なんて噂もありました。

ちなみにインドのバワル工場は本国の工場に引けを取らない規模と最新設備を持っており、一部の既存モデルは既にノックダウン生産を行っていると聞きます。
ハーレーというブランドの維持とインド工場の生産能力を考えるとOEMで他社から買ってくることは考えにくく、自社開発・生産のブランニューかもしくわXL883のスケールダウンと言う事になり、、、しかしXL883の排気量を落としたところで価格まで極端に落とせるものでは無く、それ(各部の大幅コストダウン)をやるとスポーツスター系のブランド力も失われかねないところです。

やはり「新興国向けの完全新型」ってのが可能性高いかな?


で、凄いタイミングで出てきたスクープ画像。

Photo: Team-BHP(インドの自動車関連サイト)
元記事: Harley Davidson COO confirms 500cc made-in-India motorcycle

そこの掲示板(※登録制)に画像投稿された謎のテスト車輌なんですが、これがその500ccハーレーじゃないか? って事です。
・・・・本当に!?
まずそこから審議しないといけないでしょうけど、ぱっと見はホンダの250マグナみたいな印象(カワサキのエリミネーターV似とも言える)。


または水冷ハーレー、V-ロッド的なスタイルとも言えますが、、、微妙ですね。
何より(画像の範囲で)現行ハーレーダビッドソンとの共通部品が殆ど見当たらない。
フロントエンドがまるまる違う、ホイールも、ブレーキなんかも。
せめてウインカーぐらい他のハーレーダビッドソンと一緒であるべきじゃ? と私は思うのです。
ただし! バックミラーの、ステムは違いますがミラー本体部はハーレー純正のカタチっぽいです。
う〜〜ん、謎だ。
これが東名高速なんかでスクープされるヤマハの公道テストなら、車体のロゴはガムテープで厳重に隠しておきながらもテストライダーがヤマハの派手なジャケット着ているんだけどなぁ(笑)。
つかグローブ付けなさいよ、インドのテストライダー君。


ともかくこのスクープ画像が500ccハーレーだとして・・・・

まず気になるエンジンですが、VRSC系のような広いバンク角(60°?)のV型2気筒エンジン(プッシュロッドが見えないのでOHVではなさそう)。
空冷フィン付きでありながらラジエターおよびクーリングファンが見えており、Team-BHPの記事では空冷+液冷の「ミックス」との事。
ちょうどツーリングモデルにヘッド水冷による「TWIN-COOLED」を採用したばかりなので、仕組みは違ってもイメージをダブらせる事が出来ますね。
ミッションケースは一体式で、(ハーレーにしては)前後長が短いエンジン。
右サイドカバーにオイルキャップが見えないので、一般的なウエットサンプ方式の可能性もあります。
マフラーは2into1。
駆動方式はちょっと判りませんね(少し見えるスプロケの感じからチェーンぽいが)。
車体はロー&ロングのスタイルで、テールカウルの造形とかなかなかスタイリッシュです。
シートは、まんまマグナ・・・・



本当に画像が500ccハーレーなのか、私としては半信半疑ですが、何であれ新しい小さなハーレーが来春には出てくるのでしょう。
海外メディアでは「新興国専用モデル」と言う説が多いですが、日本のチビライダーにはXL883Lスーパーローですら車重がありすぎますし、アメリカ本国でさえH-D正規ディーラーがロワレンジに韓国製クルーザー(ATKブランドのヒョースン車)を取り扱っていたり、H-D自体のライディングスクールでBuell Blastが現役である現状を考えると、もっとワールドワイドな展開があるものと私は予想しています。
ただ日本に関しては「やっと取得した大型免許」でエントリー用にコレを選ぶかな? って気もしてますし、ビッグツイン・オーナーの下駄代わりの増車なら国産かスポーツスターを選びそうな・・・・全ては新型500ccの出来次第でしょうけどね。

これからイロイロ出てくるであろう情報に注目です。



●Team-BHP: http://www.team-bhp.com/
●Motorcycle News and Motorcycles - Motorcycle USA: http://www.motorcycle-usa.com/
Posted by xl1200 at 17:00│Comments(5)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Sportster and...  /  Street750/500  >  これが噂の500ccハーレー??
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52336816
この記事へのコメント
先日,アジアロードレース選手権が鈴鹿で初めて開催されたので見に行って来たのですが,CBR250Rカップにはインドの選手が二人,参加していましたネ。

前戦がインドで開催されて,そのまま機材をコンテナ積み→鈴鹿のパドックにはコンテナがずらりと並んで,いつもと違った?雰囲気でした。


初めて見たアンダーボーン115ccの速さには度肝を抜かれましたが,ロードレースで食べていける環境もあるようで,羨ましいところデス。

今回のレースもアジアにTV放映されたと思いますが,鈴鹿の,ガラ空きの観客席も映し出されていたと思いますから,果たしてアジアのバイク乗りはどう思うのか....思ったより早く,レースの重心も日本->インドを含めたアジアに移っていくんでしょうネ。
Posted by ファイヤー at September 05, 2013 22:06
> ファイヤーさん!
新興国、特にインド市場は今後更に凄いことになりそうですね。
人口が多いうえに、某国より成長が健全ですから。
モータースポーツは・・・・なんで日本には根付かないんだか。
悲しいですね。
Posted by Gotaro@管理人 at September 05, 2013 23:33
気になる車両ですね〜!

後方からの画像だと、右サイドカバーの張り出しが随分大きく見えますね(ライダーの太腿が載るくらい)。
現行モデルもこんな感じなんでしょうか?怪しいカラクリも入りそうですw

その右前方にいるのも同一モデルに見えますが、プライマリーケースの張り出しなどはビッグツインの面影を感じさせますね。

しかしタイヤのサイドウォールが汚い…(苦笑
Posted by 魚屋 at September 06, 2013 03:44
ごめんなさい。
サイドカバーじゃなくて、エアクリーナーカバーですね。
自己解決しましたm(_ _)m
Posted by 魚屋 at September 06, 2013 03:51
> 魚屋さん!
エアクリーナーとマフラー集合部とステップの位置が奇妙なことになっていますね!!
左サイドとかも観てみたいです。
タイヤが変な色味なのはデジカメの画像処理の関係かも知れませんし、あるいわ未舗装路が多いのかも知れないですね。
それかタイヤにターメリック練り込んでるかw
Posted by Gotaro@管理人 at September 06, 2013 11:11
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。