883R :blog [TOP]  >  883R.jp 開発  /  Customize/Parts  >  制作中スポーツスター用サイドカバー おさらい

July 07, 2013

制作中スポーツスター用サイドカバー おさらい


このブログだけではなく、Facebookやツイッターでもしつこく途中経過を流していますが、現在開発中の04年〜スポーツスター用 オリジナルサイドカバー。
最近ちらほら質問も来るのでおさらい。 
そもそも何をやろうとしているのかと言いますと、収納スペースの獲得です。

エンジンがラバーマウントによる搭載となった2004年、それまでのスリムなスポーツスターから一転してかなりボリューミーな、まるでダイナやFXRを小さくしたような方向へとスポーツスターのスタイルは変貌しました。
それまで剥き出しだったバッテリーやオイルタンクは「サイドカバー」に収められたのですが、これまた車体を大きく見せる要因のひとつになっていました。

オリジナルパーツをやるなら、ここは極限までスリムにしてしまいたい、、、 などと当初考えておりましたが、やはり皆、気になるポイントは同じだったみたいで小型に見せるサイドカバーは先に他所から製品が出ました。

そこで、よそと同じ事をやっても面白くないですから、逆転の発想で小物入れにならないかを模索し始めたのです。
04年〜以降の「ファットな」スポーツスターにも見慣れましたし、レーサールックやダートトラックスタイルよりもローダウンモデルが主流になってきた事からも「べつにスリムなサイドカバーじゃ無くても大丈夫では?」との考えを後押ししています。


無論、収納したいのはETC車載器。
日本車のように小型の雨具まで入るスペースは無理ですが、ETCと車検証(のコピー)ぐらいは上手い事収められないかな、と。
だから今回のサイドカバーの膨らんだ部分はETC車載器のサイズが基準になっているのです。


純正カバーから樹脂のダミーを2個造り、1個は切り抜いて収納スペース部分の張り出し分として貼り合わせる。
ここからデザイン性を考えてあれやこれやエンドレスな作業に陥っている状態です。
ゴールデンウィーク前に市販に移したかったのですが、どんどん予定は延びています。。。


完成予想図?
かなり横に張り出しているのですが、Forty-Eightのようなローダウン系なら見た目の違和感は無いと思ってます。


元の形状が雑だったので面の歪み修正に明け暮れていますが、かなり出来てきました。
しかし、このカバーを取り付けるインナーアタッチメント部と、右側カバーもあるのでまだまだ時間が必要です。

もうひとつ。
スポーツスター(ラバーマウント)のサイドカバーはマウント部分の違いで〜09年までと10年以降とで2種類に分かれていると思って居たのですが、実は04-05年の最初の2年は下部マウントも違っているらしい事を割と最近になって知りましたので、ここの調査も必要になっています。



●[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp/

[883R.jp]パパサンアール
XL1200X Forty-Eight / 2011〜XL1200C / 2011〜XL883L SuperLow
ワイドフォークのスポーツスター用フロントフェンダー、各種発売中です。
Posted by xl1200 at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  883R.jp 開発  /  Customize/Parts  >  制作中スポーツスター用サイドカバー おさらい
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52327872
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。