883R :blog [TOP]  >  Paint/Sticker  /  883R.jp 開発  >  ウレタンスプレー1本勝負、再び

June 18, 2013

ウレタンスプレー1本勝負、再び


前にセンターリブ・フロントフェンダーを2液ウレタンスプレー塗料(黒)で塗りましたが、今回またブラックの2液ウレタンスプレーを使い、ショートタイプのリブフェンダーをペイントします。
2度目だから、そりゃぁ〜〜〜手際よく・・・・? 
黒ゲルコートの製品を、自家塗装で光沢のある黒に塗ります。

撮影用も兼ねて先日ゲルコート製品を1個、業務用?自分用? として下ろしたのですが、ペイント済みの製品の装着写真のために、今度また塗装済みの製品(もちろん売り物)を下ろすのも勿体ない(工場からの仕入れ原価とは言えタダじゃない)ですから、装着痕が付いてしまったゲル仕様を自分で塗って、黒ペイント製品の装着イメージの撮影にも使おうという「上手く行けば一粒で二度美味しい?」作戦です。
いえ、ケチなだけです(苦笑)。


まずはサンドペーパーで「足付け」作業。
表面がツルツルよりもザラザラのほうが塗料の食い付きが良くなりますからね。

足付けが完了したら、簡単な塗装ブース(と呼べるほどじゃないですが)を設置。
物干し竿からコの字にブルーシートで囲って、周囲に塗料が飛ばないようにするだけですけどね。

とりあえず、のっけから厚めに吹いてしまいます!!

2液ウレタンとは、塗料と硬化剤をスプレーする直前に混ぜ合わせて使う物。
缶の裏側のピンを押し込むと硬化剤と混ざり、その時点から塗料は硬化を始めます。
ラッカー型塗料などは塗料からシンナーが揮発して乾きますが、ウレタン塗料は揮発せずに「硬化」するのです。

つまり、使い切り!
前回、長い方のリブフェンダーを塗装した際に、スプレーひと缶でかなり余ってしまった経験があるのに、何故また?
・・・・・実は。

ここでひとつ前のブログと繋がりますが、スポーツスター用オリジナル(試作)サイドカバー(左)の塗装と一緒にやってしまおうという魂胆。
試作サイドカバーをウレタン塗装するのは、マスター型として使う場合はこのウレタン塗装面が離型に役立つからですが、それは別ネタで。

ところで、ここで問題発生!!!

なんか、ブツブツがたくさん出来ました・・・・?
脱脂が不十分だったのか、スプレーの最初の一吹きを新聞紙などに吹き付けずにいきなりフェンダーに向けて発射したからなのか、原因は判らないのですが、ともかく塗料を弾いているような状況に。。。

ラッカーとかエナメルなら中断して研磨して、とか考えられますが、ウレタン塗装は止められない!
こうなったら(垂れた時なんかもそうなんですが)追い打ちを掛けてどんどん塗料を重ねていくしかない!!

3度、4度と重ねるうちに細かいツブツブはあとからの塗料で埋まっていきましたが、それでもたくさんの凹みが残ってしまいました。
はぁ・・・ なかなかいつまで経っても上達しないですね。

フェンダーとサイドカバー片側とでほぼ塗料を使い切ったのは計算通りでしたが、いつも何かやらかします。

ひととおり吹き終わったら、完全硬化まで72時間ですので数日、放置です。



三日後、表面の仕上げというか修正というか・・・・

ブツブツは気になりますが、磨き作業。


ホームセンターやカー用品店のモノより使い勝手が良くて最近お気に入りのプラモデル用のペーパーやコンパウンド。


吹きつけの際に、とりあえず厚塗りで誤魔化そうと試みたブツブツですが、研磨していっても残っているブツブツはけっこう凹みが深いみたいでして、ぶ厚い塗膜をヤスリで均一にするのは無理がありそうです。
ペーパーで研ぎすぎると前回のようにゲルコート面が出てきたりするかも知れないですし、ある程度の研磨で諦めます。


あとは全体を2000番の仕上げ用耐水ペーパーで水研ぎしたのち、コンパウンドで磨き上げてピッカピカ(ただしブツブツたくさん orz)。


遠目には、ある程度光沢で誤魔化されてしまうであろう塗装面ですが、たくさんの凹み部分は映す風景をゆがめますね。。。
ただ拘りすぎて更に手を加えると失敗して致命傷、とういうフラグが立ってますのでこのペイントはここまでで妥協します。


Forty-Eight に取り付けてみます。

このまま走ってると、別に塗装の失敗に気付く人も少ないでしょうけど、ショップの製品画像としてはキワドイですかね。

もちろん「製品」はペイント屋さんが塗装しますから、この自家塗装バージョンは厳密な意味では「黒ペイント済み製品の装着画像」ではないですけど、装着イメージとしては問題ないと考えてます。


別アングル(全体像)・・・・・あ、試作サイドカバーが付いてますね。
これも今回、失敗なんですが、、、 真っ黒の状態の装着イメージを確認するために仮留めしています(また別記事で)。

[883R.jp] ショートリブ・フロントフェンダー(黒ペイント)は現在、FRP工場から板金塗装屋さんにペイントに出ております。
今月中に製品ラインナップに加わる予定です。

ゲルコート仕上げの同製品は既に発売中。
Forty-Eight などワイド系スポーツスター用フロントフェンダー ラインナップはこちら。 → http://883r.jp/SHOP/243272/942648/list.html



●[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp/ スマートフォンはスマホサイトへ自動転送されます。
Posted by xl1200 at 23:27│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Paint/Sticker  /  883R.jp 開発  >  ウレタンスプレー1本勝負、再び
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52324941
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。