883R :blog [TOP]  >  883R.jp SOHO  /  Customize/Parts  >  HIDキットのバーナー点灯チェック

December 09, 2012

HIDキットのバーナー点灯チェック


タイトルの通りです!
パドック製HIDのバーナー(バルブ)を点けてみました。 
銀色の箱はAC100VをDC12Vに変圧するコンバーターで、今回のHID取り扱いの為に購入しました。
目的は、製品のチェックの為。
本家PADDOCKさんが出荷前の全品点灯検査をウリにしておりますので、ウチでも同じ水準のことはやらないと駄目でしょ、って事で。
ちなみに → ●その都度点灯テストしています PADDOCK private basehttp://paddock.blog44.fc2.com/blog-entry-2187.html

100Vからの変圧器は今後、電装品を扱う上で必要になってくるモノなのでこの機会に、と。
ただ届いた変圧器、配線が何一つ(電源コードさえ)付いてなかったので、ホームセンター行ってスイッチ付きのコンセントや配線コード、ワニ口クリップなんかを買いそろえて先日ようやくスタンバイしました。


ひととおり接続して、スイッチオン!

HIDなので通電した直後はそこそこの光りなのですが数秒後には
ピカーーーーーーーーーーーーーーッ!!  と眩いばかりの輝き。

逆行で真っ黒になるのでストロボ点けてマニュアルで絞り開いて撮影ですわ。
ファインダー越しに凄い光でした。

ハイ/ロー切り替えも確認。
HIDはハロゲンバルブのようにフィラメントを持ちませんので(キセノンガスの放電を利用するシステム)、一灯のガラス管にハイとローを仕込むとか出来ません。
そこでハイビームの信号を受けるとバーナー自体が動いて光軸を変化させます。
iPhone4S 手持ち撮影なのでブレブレですが、ハイビーム/ロービーム切り替えの作動は動画で確認できます。

 

iPhoneのカメラだと自動絞りが働くので青く、暗く見えますが、実際のHIDはめちゃくちゃ明るくて、肉眼では殆ど白色の光ですよ。
しかし作業終了して消灯した時に思い知らされたのですが、肉眼でこんなもの見続けたら駄目ですね。
暫く視界に黒い大きな斑点がでて視力回復に時間が掛かりました(汗)。
まぁ今年、金環日食なんてのもあって光源を直視するのは危険だと知っていた筈なんですが、ナメてました。
もっちゃん先生がやってるようにシェードになるものを作らないと!!



>> [883R.jp] パパサンアール:PADDOCK製 HIDヘッドライトキット[A]: http://883r.jp/SHOP/tsp-hid-a.html
>> [883R.jp] パパサンアール:PADDOCK製 HIDヘッドライトキット[C] 延長ケーブル付: http://883r.jp/SHOP/tsp-hid-c.html


>> [883R.jp] パパサンアール:プロストック・ミニビキニカウル(黒ゲル)with HIDヘッドライトキット: http://883r.jp/SHOP/88-011a.html



●[883R.jp]パパサンアール: http://883r.jp/
Posted by xl1200 at 17:16│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  883R.jp SOHO  /  Customize/Parts  >  HIDキットのバーナー点灯チェック
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。