883R :blog [TOP]  >  Mobile  /  Book  >  Hondaツーリングマップルがちょっと残念な件

November 01, 2012

Hondaツーリングマップルがちょっと残念な件


いよいよリリースされた電子書籍版[ツーリングマップル]ですが・・・ 
ツーリングマップルが夢のアプリ化!!
しかも無料ですよ〜!

APPストアやGooglePlayに[Hondaツーリングマップル]と言う名のアプリはありません。
まず[まっぷるマガジン]というアプリをDLし、ブックストアの無料版ページよりツーリングマップルを入手します。

本棚に追加されたHondaツーリングマップルをタップし、起動します。
ここまでのプロセスで薄々わかっては居ましたが、、、、 そうです、これはあくまで[電子書籍]なのです。

順番にページをめくって行くことは出来ますが、任意のページへの移動は動作が限られています。

たとえば広域図のページを開き、行きたいエリアを長押しすると[ジャンプ]と吹き出し表示が出ます。
その[ジャンプ]の文字をタップしてやると、リンク先ページに飛べます。
広域地図を索引に使う方法です。

先の方法で大阪付近[65]ページが開きました(画像下・左)。

表示されたページを左右にスクロールしてやると、隣のページが現れます・・・・なるほど、[64]や[66]ページはすぐ表示できる。
ここで表示されている画面、お気付きの通り、ツーリングマップルの誌面そのものです。

では上下(南北)方向へのスクロールは・・・・・あれれ、出来ない!!
そう、前後にページをめくる動作は出来るのですが、[65]ページの真上(北)にあたる[56]ページへは直接行けないのです!!

次に、スマホならでは操作方法・・・・指2本で地図を拡大してみましょうか(画像・上/右)。
そうなんです、地図アプリでは無いので地図の縮尺は変わらず、ただ画像が拡大されるだけ!!
う〜〜〜ん、考えたら当然のことなんでしょうけど、スマートフォンのアプリと言う感覚での操作は受け付けません。
そしてこの大阪市に指を置いても、市街地の詳細地図にリンクされてジャンプする事などありません。。。
そもそも市街地の詳細な地図が搭載されてない?

しかし、お奨めルートは何故かリンクが貼ってあり、一覧ページへのジャンプは可能になってます。

それならば、、、、 とフェリーの航路をタップしてもフェリーの情報ページへは行きませんし、高速道路をタップして高速の料金が表示されたり、料金ページにジャンプしてくれたりもしません。。。

エリア情報などはリンクされているので・・・・

そう、ツーリングのプランを立てるような用途なら、独自の機能が搭載されているワケです。
そのくせ、出発後の現場での地図としての利便性はイマイチ。
なんと言っても南北のページにスクロール(ジャンプ)できないのは痛いですね。。。。

アプリを弄っていて解ってきたのですが、もし南北のページに行きたいならページをいっぱいめくるよりも一度、インデックスに戻ってから再びジャンプするやり方が良いみたい。

コンテンツの全体索引図をタップして全国地図を呼び出し、そこから任意のエリアへジャンプ。。。
いやしかし、旅の現場じゃ(紙の地図の場合)その南北の2ページを行ったり来たり見比べるものですよね。
そう考えると索引図へ戻ってまたジャンプして、なんてのは想像しただけでもムキ〜〜〜〜ッてなりそう。
せっかくスマートフォンで扱うのだから、南北に連続したページはスクロール動作でシームレスに表示して欲しいものです。
でないと、地図として実際に使うには致命的でしょ?

スマホのGPSを生かして、現在地の地図を呼び出す機能は便利そうですが、、、

うっすら黄色くなってる四角いエリアがこのアプリで示される[位置情報]。
GPSの位置情報を使っても、所詮この縮尺、この解像度での話になっちゃいます。
これじゃ現在地は割り出せませんし、単に今いるところの「ページを開く」機能と言う事です。


スマホで、グーグルなどのマップ・アプリに慣れてしまうと、ホント不便に感じちゃう事が多い。
紙のツーリングマップルと同じ縮尺の地図なんですけどねぇー。

・[地図アプリ]ではなく、あくまで[書籍]を閲覧できるもの。
・無料でダウンロードできるし、画面はツーリングマップルのページそのもの。
・書籍より圧倒的にコンパクトで、しかも全国版。

これで文句言っちゃ駄目なんでしょうけど、期待が大きかっただけにこの失望感は大きいです(多くを求め過ぎ???)。
いや、書籍と考えると実にありがたいのですけどね(無料だし、昭文社もホンダも手を抜いては居ないと思う)。

今後のバージョンアップや、追加される予定という[課金によるアドオン]に期待を残しつつ、今は他のマップアプリと上手く使い分けるしか無いですね。



※読み返すとかなり否定的な文章になってますが、このアプリが書籍である前提で考えると無料でこれだけのものが配信されている事実は素晴らしいことです。


<対応端末>
■iPhone3GS、iPhone4/4S、すべてのiPad
  >> App Store > カテゴリ > 旅行 > まっぷるマガジン
■Android 2.3以上を搭載するスマートフォン、タブレット端末
  >> GooglePlay > アプリ > カテゴリ > 旅行&地域 > まっぷるマガジン


●キャンバスマップル株式会社: http://www.canvasmapple.jp/
●MAPPLE - 明日、どこ行く?|地図とガイドブックの昭文社: http://www.mapple.co.jp/
●Honda Honda Moto LINC Hondaツーリングマップル: http://www.honda.co.jp/MotoLINC/touringmapple/


    
Posted by xl1200 at 03:49│Comments(9)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Mobile  /  Book  >  Hondaツーリングマップルがちょっと残念な件
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52286038
この記事へのコメント
マップルの全国版は,縮尺が微妙で県道の番号が無いのがキツいな,と思っていましたが,電子版でも厳しい?のかもしれませんね。

昔,地図無しで何泊かのバイク旅に出たことがありますが,道路標識で示される地名が,どのあたりかわからず,「ここを曲がると結局北に行くのか?南に行くのか?」分からないのが困りものでした(苦笑)。
Posted by ファイヤー at November 01, 2012 22:45
> ファイヤーさん!
あるある! 地方で案内標識みても結局何処に向かうのか解らないですよね!!
どうせこのまま真っ直ぐ行けば○○方面だろ? と思ったら全然違ったことも。。。
今はスマホがあれば何とかなるので、便利な世の中ですw
Posted by Gotaro@管理人 at November 01, 2012 23:09
南北の移動について、操作方法に気づきました!

ページ上下の「南隣/北隣のページ番号が書かれた三角印」を長くタップすると
「ジャンプ」吹出しが現れます!
ので、その「ジャンプ」をタップすることで南北に移動できます!

こういう使い方の説明が、ちょっと不足している感じが否めませんね。

それにしても、ツーリングマップル全国版の書籍は1冊1600円するのですから、
それを電子化して、誰でも!無料で!ダウンロード出来てしまうということは、
昭文社もホンダも、もの凄い大盤振る舞いの決断をしてくれたと驚嘆です。
Posted by セローFI at November 02, 2012 03:16
> セローFI さん!
情報ありがとうございます!!
なるほど〜〜〜! ジャンプできますね。
リンクのポイントが小さすぎて、iPhoneの画面ではいちど拡大しないと押せないですがw
試しに角っこの三角も長押ししたらジャンプ出来ましたが、慎重にやらないと隣ページにスクロールされます。
スタイラスペンがあれば良いのでしょうね!
Posted by Gotaro@管理人 at November 02, 2012 12:54
わしの携帯(IS11CA)では能力不足なようですな(-_-;)
Posted by ぶっちゃん at November 04, 2012 11:03
> ぶっちゃんさん!
最近のアプリは重いですね。
ページの移動にかかるちょっとしたタイムラグが意外とストレス感じさせます。
紙の地図はまだまだ役に立つって事ですね。
Posted by Gotaro@管理人 at November 04, 2012 19:02
こんにちは。

HONDAツーリングマップルの使い方がイマイチ理解できず・・・
ネット検索してこのページを拝見しました。

宜しければ記事を『ヤフブロ』に転載させて貰って宜しいでしようか?
Posted by ヨッパXX at November 14, 2012 10:58
> ヨッパXXさん、はじめまして!
記事の件、構いませんが実はこの記事に補足、訂正をやろうと思いつつ放置してました。
簡単に説明しますと画面右肩の●の中のリンゴをタップして赤リンゴが青リンゴになると画面内のリンクが仕込んである場所がオレンジ色っぽく表示されます。
地図の上下ページやナナメへも(的が小さいですが)行けますし、小口部分の索引(?)から北海道とか東北とかにジャンプ可能です。
一度試してみて下さい。

記事本文で指摘しているよりは少し使い勝手は良かったみたいですが説明が無いのと、熊がジャンプする時間がちょっとまどろっこしいですねw
Posted by Gotaro@管理人 at November 14, 2012 15:14
追記
蛇足かも知れませんが、iPhoneの場合、ホームボタンとスリープボタンの同時押しでスクリーンショットを撮影できて、カメラロールに収納されます。
Posted by Gotaro@管理人 at November 14, 2012 15:17
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。