883R :blog [TOP]  >  Harley-Davidson  /  XR1200  >  2013 FXSTソフテイル・スタンダード と、XR1200X

September 02, 2012

2013 FXSTソフテイル・スタンダード と、XR1200X


アメリカ本国や英国、ハーレージャパンの2013年ラインアップも明らかになったところで、それらから漏れている機種を探してみました。
すると、FXST Softail Standard をオーストラリアに発見! 
(続き)
かつての定番モデル、FXSTが2013年モデルとして実はまだ製造されているのですよね。
FXSTは日本でも、エボリューション時代にはカスタムベースとして人気の機種でした。
そう、昔は各ファミリーにXLH883、FXST、FXDといったスタンダードモデルが必ずラインナップされており、そこから自分好みにバイクを作り上げていくのがひとつのスタイルだったのです。
単純に、最も安価な(貧乏な人向け)モデル、という事でも無かった訳です。

ソフテイル系ではシンプルなFXSTと、メッキパーツを組んだFXSTCが同時にラインナップされたり、どちらか片方が無くなっては復活、みたいなことを繰り返していたと記憶します。
ちょっと異変が起こったのはFXSTB<ナイトトレイン>の登場。
今のダークカスタムの走りですが、FXSTCより安価であったためカスタムベースに黒いエンジンのナイトトレインを用いることが多くなりまして、ナイトトレインがソフテイル系のスタンダードのポジションに居座ってた時期もありましたっけ。

そして現在も生きながらえているFXSTがこれ。

バックレストやゴージャスなシート、メッキのオイルタンクなどは付きませんし、タンクのグラフィックもシンプルなデザイン。
ただし、エンジンはブラックのシリンダーにシルバーの切削フィン、クロームのロッカーボックスやケースカバーが奢られており、FXSTの装備にFXSTCのエンジン、って感じの外観です。
梨地のシルバー・エンジンのほうがスタンダードモデル「らしい」のですけど、一部の地域向けだけに梨地エンジンを用意して載せる事の方が製造コストは掛かってしまうのかも知れません。
あちこち調べてみたのですが、今のところオーストラリア/ニュージーランド向けにしかこの機種は見当たらないのです。

ちなみにFXDL<ダイナ・ローライダー>はやはり日本向け専用なのか、今のところローライダーも他の地域では見つけられません。

カラー・ラインナップ。

左からブリリアントシルバーパール、ビビッドブラック、エンバーレッドサングロ。

FXSTって個人的には代表的なハーレーダビッドソンのスタイルだと感じるんですけど、今は需要無いのですかねぇ?
現在の日本のラインナップだとFXSブラックラインを除いて、他は太い前タイヤのFLST系。
かつてはダイナ・ワイドグライドとは若干、被ってましたが今のワイドグライドは全然方向が違うし、ブラックラインはドラッグレーサーイメージのファクトリーカスタム車。
こんなスタイルの、正当なFX系の子孫と呼べそうなハーレーダビッドソン、居なかったりして。


ハーレージャパンにこの「FXST」や、シンプルに徹した「XL883」がラインナップされる事は今後も無いのかなぁ?
基本になる車体があってこそのカスタム車、健全なラインナップ、と思うのですが、、、買ってきて自分好みに改造、は面倒くさかったり、カスタマイズの想像力が欠如してしまってたりって事ですかね。。。

安くて、そこから創り上げる楽しみを残すスタンダードモデル。
メーカー側ももういちど考えてみて欲しいものです。


FXDL、FXSTなどと、もう一機種、2013年モデルに設定されている筈の機種がありまして・・・・XR1200X。
XRを企画・開発した英国や、AMAでワンメイクレースが行われているアメリカ本国でもとうとうラインナップから消えましたが、「輸出用」としてまだ存在するのです。

新色キャンディーオレンジとビビッドブラックがあるはずです(画像はフォトショでキャンディーオレンジをイメージしたもの)。
ブラックも1200Xは今までブラックデニムでしたから、新色ですね。
XR1200Xは、まだ2013年モデルが発表されていない「インターナショナル・モデル」に居るんじゃ無いか? と想像してます。



●HARLEY-DAVIDSON AUSTRALIA/NEW ZEALAND: http://www.harley-davidson.com/en_AU/Content/Pages/home.html
●HARLEY-DAVIDSON INTERNATIONAL: http://www.harley-davidson.com/en_AP/Content/Pages/home.html
Posted by xl1200 at 22:45│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Harley-Davidson  /  XR1200  >  2013 FXSTソフテイル・スタンダード と、XR1200X
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52274009
この記事へのコメント
‘85で新フレームで登場しましたが、
日本ではダイナとカブってなくなりましたね。
丁度ショベルWGがかぶって消滅したのと逆ですね。
もうすぐ30年になりますから、一時はハーレーの顔でしたが、
時代の流れでしょうね。
ソフテイルがFXが消えてダイナに取って代わり、FLがノスタルジック
モデルとして残るのは、ウィリーG引退後の皮肉のように感じます(笑。
Posted by ジャイアン at September 03, 2012 22:23
> ジャイアンさん!
エヴォの頃「ソフテイル」といえばフロントの細いFXSTを指してましたが、今は違いますね。
しかもダイナにまでFLが混じってカオス状態ですw
FLにXLのフロントエンドをひっつけて・・・・FX。
そのXLのフロントエンドさえ今はファットになってます(苦笑)。

自分の中ではヤッコカウルのウルトラと、ソフテイルFXSTの両者が実にステレオタイプのハーレーのイメージなんですが、もうその感覚が古いのでしょうね〜。
Posted by Gotaro@管理人 at September 03, 2012 23:30
私もソフテイルといえばFXSTまたはFXSTC、スポーツスターと言えば88万3000円で買えたXL883を思い浮かべます。
そしてダイナといえばローライダーですね。私も古いのかな〜。
Posted by カーレゴ at September 06, 2012 22:00
> カーレゴさん!
スタンダードモデルが売れないのでしょうね。
FXSTがラインナップされないなんて、エボ時代では考えられない状況です!
Posted by Gotaro@管理人 at September 06, 2012 23:48
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。