August 21, 2012

HARD CANDY


出そろった2013年のHarley-Davidson。
これまでの「怒濤のニューモデル・ラッシュ」からすると今回は目玉が少ない印象ですが、メタルフレークの入ったキャンディーカラーの設定は110周年記念モデル以上にインパクトがありますね。 
フレークは今回が初めてでは無く、今年の2月に追加されたモデル、XL1200V Seventy-Twoにも採用されていました。

Seventy-TwoにはそのBIG RED FLAKEが継続でラインナップされていますが、リアフェンダー後端にHARD CANDY CUSTOMのロゴマークが追加されています。
'70s チョッパーをモチーフにしたSeventy-Twoですから、今回のハードキャンディーというテーマに合わせてこのモデルには合計3色のフレーク入りキャンディーカラーが用意されました。


こちらが新色のLUCKY GREEN FLAKE。
更にCOLOMA GOLD FLAKEも追加されました。
“COLOMA”・・・コロマはカリフォルニアの地名で、かつてゴールドラッシュに沸いた街。


そしてそのCOLOMA GOLD FLAKEはForty-Eightにも!

ハードキャンディーはスポーツスターの2.1ガロン・タンクに留まりません。
ダイナ、ソフテイル系にも設定されました。


DYNA STREET BOB には BIG RED FLAKE が。
北米限定ではH-D1 Factory Customization で上記の色違い、COLOMA GOLD FLAKEとLUCKY GREEN FLAKEが選択でき、更にBIG RED FLAKEはタンクにグラフィックの入ったものも選べるみたいです。

このタンクがFXDBP(H-D1 Factory Customization)のBIG RED FLAKE。


SOFTAIL DELUXE には LUCKY GREEN FLAKE を。


これが一番強烈かも知れない・・・BLACK LINE にCOLOMA GOLD FLAKE。
コイツだけはキャンディーペイントのクラシカルな印象よりも、真夏のハードロックのような暑苦しさ!!


 


いやぁ、なんか観てるだけで楽しくなりますね。


Hard Candy Custom™ Bike Metal Flake Paint Harley-DavidsonR Harley-Davidson USA

  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52271603
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。