883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /  ワタクシゴト  >  ガラスのジェネレーション・ギャップ orz

October 18, 2010

ガラスのジェネレーション・ギャップ orz

ベリー・ベスト・オブ・佐野元春 『ソウルボーイへの伝言』
オーバー35世代のカリスマ(?)佐野元春のベスト・オブ・ベストな16曲が70分収録のBlu-spec仕様高音質CDにて発売になっています。
ところでつい先日、カラオケボックスにて・・・・ 
(続き)
ワタクシの十八番(オハコ)は佐野元春の『SOMEDAY』なんですが、歌い終わったあと最後の画面に再び曲名とか出るじゃないですか・・・・
SOMEDAY 佐野元春(1981年)ってね。。。
・・・・1981年
これ見て隣に座っていたカワイ娘チャンが発したひとこと。。。


・・・・・『わたし、生まれてない』


・・・・『わたし、生まれてない』

・・・・『わたし、生まれてない』

( ̄▽ ̄;)!! ガーン


さすがにこれには凹んだわぁ〜〜〜 ○| ̄|_



さて、気を取り直して(・・・いや、本当は立ち直れてないが)以下、公式サイトより引用。
佐野元春のデビュー30周年を記念した、過去30年間の作品の中から“ベリーベスト”なセレクションとなるアルバム『ソウルボーイへの伝言 The Very Best Of Motoharu Sano』
収録曲は'80s、'90s、'00sという3つのディケイドを網羅した16曲。デビュー曲「アンジェリーナ」から始まり、「サムデイ」「約束の橋」「レインボー・イン・マイ・ソウル」「君が気高い孤独なら」など、代表曲をまさにベリーベスト的なプレイリストになっている。
引用終わり。。。 
要するに企画モノのベストアルバムなワケですが、どうなんでしょう、この選曲は!?

01.アンジェリーナ
02.ガラスのジェネレーション
03.サムデイ
04.ダウンタウンボーイ
05.情けない週末
06.ヤングブラッズ
07.99ブルース
08.クリスマス・タイム・イン・ブルー 〜聖なる夜に口笛吹いて〜
09.約束の橋
10.ぼくは大人になった
11.レインボー・イン・マイ・ソウル
12.欲望
13.すべてうまくはいかなくても
14.ヤング・フォーエバー
15.君の魂 大事な魂
16.君が気高い孤独なら
ベスト盤だからひたすらシングルカットされた曲を並べる、というのはそのアーティストを知る上ではしょうもないと思います。
だから『情けない週末』(5)なんて選曲はGOODだと思うのですが、私はクリスマスソングを含んだベスト盤ってあまり好きではなく、、、
よく見たら『VISITORS』から一曲も選ばれていないし、後半の選曲も好みと違うなぁ。
せめて『レインガール』は入れて欲しかった。

って、まぁハッキリ言って全曲所有しているのであえてこのベスト盤を買う必要は無いのですけどね。
ポイントはブルースペックと言う事で全曲最新のリマスタリング音源なのだけど、しかし狙いのわからないベスト盤だこと。
古くからのファンは既に揃えている曲ばかりだろうし、ここ数年のあいだに頻繁にベスト盤を買わされてきたわけで。
それらはリテイク・バージョンなど新しい音源があったのに、今回のはそうじゃない。

んで、これから佐野元春を聴こうという層を狙っているのか? とも思えるのですが、最近の若い世代は
・・・・『わたし、生まれてない』 ですからネ。。。

ここ最近の企画モノ、コレクターズ・アイテムみたいなのってコンセプト不明の不可解なのが多い気がします。
この作品は・・・・「昔はよく聴いたけど、最近の曲は知らんなぁ」とか「古いLPやCDは何処かにあったなぁ」って人には再び佐野ロックを聴き直すためのお奨めの1枚かも知れません。



●佐野元春オフィシャルファンサイト Moto's Web Server: http://www.moto.co.jp/

 
Posted by xl1200 at 15:06│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /  ワタクシゴト  >  ガラスのジェネレーション・ギャップ orz
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52080682
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。