883R :blog [TOP]  >  Customize/Parts  /  Paint/Sticker  >  プロジェクト・オレンジ 〜胎動編

October 01, 2010

プロジェクト・オレンジ 〜胎動編


1996年末に登場したホンダのS-MX。
若者をターゲットにデザインされたクルマ自体も斬新な造りでしたが、私が食い付いたのはそのカラーバリエーションのひとつ、パッションオレンジメタリックと言う塗色。
当時、オレンジ色の国産車というのは非常に珍しく、強烈なインパクトを持っていたのですが実はあんまり売れなかったみたいで、マイナーチェンジと共にこの色は廃止されてしまいました。 
(続き)
この色味、立方体で平面が多いミニミニバンよりも、より立体的なオートバイのタンクに塗ればもっと格好良いのでは?
と、当時かなり気になっていましたが、ちょうど新車で納車されたばかりの私のスポーツスター(97モデルですが96年末に納車)をいきなりフルペイントする気にはなれず、しかし当時バイク屋に勤めていた私は、なんとお客のバイクを半ば強引に(?)この色に塗っちゃった事もありました(爆)。


そんなお気に入りのオレンジ、、、オレンジと言ってもベタな橙色ではなく、カッパー系とでも言うべきですかね。
いよいよ私のスポーツスターにペイントする時が来たのかも知れない・・・・そう考えはじめたのが今年の春先で、ゴールデンウィーク付近には考えがほぼ固まっていました。

カッパー系オレンジでイメチェンだ!!

そもそもは現状のトラッカーシートを純正フェンダーに戻し、ダートトラッカー風からカフェレーサー風にスタイル変更という流れ・・・・このブログでもそういう事を何度も書いていたと思うのですが、カフェレーサーだから[真っ黒くろすけ]も有力候補でしたがカーボンパーツを引き立てる意味でコントラストが付いて、かつ、ちょい渋めの色・・・・と考える内にこの色に戻ってきた訳であります。
I'll Be Back!!
オリジナルのビキニカウルが純正フェンダー・ルックに似合うんじゃ無いか? って処が事の発端なのですけど。


さてさて私の記憶の中で鮮烈に存在したパッションオレンジメタリックですが、ふと気が付くと・・・・そう、このところ四輪に無関心だった私が我に返ると、S-MXのオレンジがキワモノ扱いだった時代から15年、時は流れ、なんだか知らんけどそこら中にオレンジのクルマが走っているじゃ〜無いですか!!

日産ムラーノにマーチ、マツダのデミオとか三菱ギャラン、あと少数派ながらホンダのオートバイにもFTR223や原付のTODAYにまでカッパー系オレンジがあったとは!

なんや、そうなると斬新どころかちょい乗り遅れ感すらあるやん。。。。

でもまぁ、裏返せば塗料の入手が簡単になるんじゃ無かろうか?
いや、無理でした(笑)。
デイトナMCペインターやソフト99の補修塗料に期待したのですが、この手の色って既製品としてはまったく売ってない!

さて、どうしたものか・・・・・ 続編につづく(予定)。


※これはフォトショ加工による画像。
Posted by xl1200 at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Customize/Parts  /  Paint/Sticker  >  プロジェクト・オレンジ 〜胎動編
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52075072
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。