883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /  SUBARU XV  >  クロスオーバーなインプレッサ

June 24, 2010

クロスオーバーなインプレッサ


スバル・インプレッサの年次改良とあわせて、クロスオーバー仕様の新型[XV]の発売が開始されました。
画像は先行して発表されていた海外仕様で、ボンネットの上にインタークーラー用のダクトが大きく口を開けていますが、実はボクサー・ディーゼル・ターボ。 
(続き)
日本でのラインナップはNAのガソリン車のみで、排気量が1.5リッター(DOHC 110ps)と2.0リッター(SOHC 140ps)の二本立てとなります。

海外向けの発表当時、私も「何じゃこれっ! 酷い!!」「フォルクスワーゲンの手法のパクリかいな!?」などと思ったクチですが、今ではすっかり目が慣れてしまった。。。
国内向けのイメージカラー[カメリアレッド・パール]が鮮やかで、むしろ好印象だったりします(赤以外にカラフルな色は無いですが)。

ヨーロッパで人気の“環境ディーゼル”ですが、やはり国内投入はナシ。
我が国では某・東京都知事によるディーゼルのネガティブ・キャンペーンが尾を引いている事と、ガソリンと軽油の価格差が以前ほどありませんので見送られてしまったのでしょう。
個人的なイメージとしては、スバルを選ぶちょい変態な人の中には、出せばディーゼル選択率が結構あるんじゃ無いか? などとも思うのですが(水平対向のディーゼル・エンジンという変わり種ですから・笑)。

最初は「何でこんな意味不明なクルマ?」と思ってましたが、通常のインプレッサがかなりおとなしいシンプルなデザインなのと、逆にやたらイカツい「WRX」とのギャップが大きかったですので、選択肢としてアリかな、と。
ルーフレールとハッチバックで、レオーネ時代から続く乗用四駆+アウトドアと言った「スバリスト」の好みかも知れません。
レガシィがかなり大きなクルマになっちゃいましたしね。

ところがそのような視点でスペックを見るとやはり手抜きなクルマでして・・・・クロスオーバーと言っても最低地上高155mmはラフロード向けじゃ無いですし、フツーのインプレッサと変わらないのですよ!!
ちょっとサスペンションを長くするとか、昔のスバルのワゴンに採用されていたエアサス+ハイトコントロールを採用するぐらいの芸は見せて欲しかったです。。。

あと個人的には、2,000ccはATだけ、と言うのもちょっとねぇ〜〜〜〜〜。
と、買えもしないのに言っておきます。
・・・・レガシィよりは現実的な価格帯ですが、エアサス車で環境ターボ、かつ5MTなんてのが欲しいですね。
私がこのクルマに求めるキーワードは「アクティブ」。



●スバル・オフィシャル: http://www.subaru.jp/
  >> 車種紹介 IMPREZA XV: http://www.subaru.jp/impreza/xv/index.html
●New Impreza XV Special Contents(SUBARU GLOBAL): http://www.subaru-global.com/special/impreza_xv/index.html
Posted by xl1200 at 23:45│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  LEGACY/Subaru  /  SUBARU XV  >  クロスオーバーなインプレッサ
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/52037473
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。