883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /   >  無限 35周年コンピレーションCD

November 28, 2009

無限 35周年コンピレーションCD

●無限35R(オムニバス)

レーシング・コンストラクター「無限」の設立35周年を記念したコンピレーションアルバム(実は第2弾)。

COOLS、子供バンド、シーナ&ロケッツ、頭脳警察、アナーキーなどと言った「無限」黎明期に時を同じく活躍した国内ロックアーティスト達の楽曲を収録。
しかも現在入手出来なくなっている音源も多数集めた上に、ジャケ写には岩城滉一氏、トドメにベストヒットなDJ小林克也さん起用と言う、ただの企画モノじゃない、オヤジ泣かせの凝った構成です。 

[無限35R] /Various Artists 12月9日発売
 01. ナレーション:小林克也/BUSH MIND「Black Caesar」
 02. バトルロッカーズ「セル ナンバー8(第8病棟)」(生産中止)
 03. ARB「魂こがして」
 04. THE STALIN「ロマンチスト」
 05. TH eROCKERS「可愛いアノ娘」(メーカー在庫無)
 06. 子供バンド 「サマータイム・ブルース」(メーカー在庫無)
 07. COOLS R.C.「CINDERELLA LIBERTY」
 08. ナレーション:小林克也
 09. SHEENA & THE ROKKETS「レモンティ」(メーカー在庫無)
 10. 頭脳警察「銃を取れ!」
 11. STARCLUB 「BEAT THE BOOTS」
 12. アナーキー「ラヴ・ソング〜ラブソングはキライだ」
 13. LÄ-PPISCH「パヤパヤ」
 14. ZELDA「ミラージュ・ラヴァー」(生産中止)
 15. FRICTION「CRAZY DREAM」
 16. ナレーション:小林克也/BUSH MIND「Looking After Jo Jo」


収録される音楽にももちろん興味ありますが、それよりCDジャケットの写真・・・・岩城滉一氏の背後にある謎のオートバイも気になりますね。
無限が手がけたワンオフらしいですが・・・・ナンジャコリャ!?
無限だからホンダ系の「ナニカ」がベースなのでしょうけど、見れば見るほど、まったく正体が掴めないカスタム車です。
だいたいこのエンジン!
空冷の狭角Vツインはホンダのラインアップにもあるけど、例えばXLV750RとかRS750D等とはエキゾーストポートの向きも違いますよね・・・・て、言うよりOHVですか???
そもそもこの画像だけでは2気筒なのか4気筒なのかも解らないですけど。
車体面ではフロントのインボードディスク+H型リム+スポークの組み合わせが旧くて新しくてカッコイイです。
シャドウRSじゃなくてコイツが市販されたら、誰も文句言わずに飛びつくでしょうね〜〜っ!!



●無限35周年スペシャルサイト(音が出ます): http://www.mugen-35th.com/
●FormulaRecordings > コンピレーション > 無限35R: http://www.formularecordings.com/?page=compilation&artist=mugen35r
Posted by xl1200 at 14:45│Comments(11)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[邦]  /   >  無限 35周年コンピレーションCD
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51934176
この記事へのコメント
お久しぶりです。
おーこれはかっこよい。買ちゃうかな〜
Posted by hase at November 28, 2009 15:03
> haseさん、お久しぶりです!
なんかシブくてカッコイイ感じですよね〜!
クルマのBGMにも良さそうです。
Posted by Gotaro@管理人 at November 28, 2009 15:19
このエンジンは、前の無限の末期に作ったエンジンですね。見た目は某旧車、中身は無限と思われ、本田博俊の趣味丸出しな感じがしますので、ホンダはほぼ無関係な予感がします(笑)。
我が家のスクラップブックを漁ると、このエンジンについてなんか残っていると思います。おそらく別冊MCの記事だったでしょうか? 掲載されたのは時期的には本田さんが逮捕・起訴され退陣する、ほんの少し前くらい。
Posted by ユウ at November 28, 2009 15:33
食いつきました。←(外来種のバスの様ではなく、在来種のフナ)

やはりこっち系が好きと言うより、歳なりにごく自然に同窓会的流れの象徴がたまたまこの路線だっただけでしょうけど、

しかし腰下は52度バンクのNV系の様で腰上〜スタイリングはビンセントにも見えちゃう芸の細かさはさすが芸人の脳ですね、(笑)

でも今や町工場でも、無限の様なコンストラクターさんとのユニット組むまでもなくサンドウィッチできちゃうでしょうけどね、ホームメイドでツインカム水冷化したN360とか、はたまたどこかじゃスバルの単気筒積んだブロスとかって方も居られるみたいですし、

しかし楽曲が良いじゃないですか!そろそろ印税が枯れてきだした(爆)方たちの顔ぶればかりだし〜ってそっちがメインのスネークマンショウ海賊版の再販?いや〜素敵です。

Posted by チャーリー at November 28, 2009 16:24
>スバルの単気筒積んだブロス

 RBT500でしょうか? 某4輪会社のエンジニアがレース用に作ってて、そこかしこに某社の風景が見えて、しかもリンク切れの隠しページがあって、見つけた瞬間ワクワクした覚えがあります。しばらくして、もてぎのレースに出てきてましたね。
 その後、BS誌のカスタムバイクの記事でインタビューされてました。それからどうなったのか不明ですが、エンジン載せ替えのカスタム車なのに各部の仕上がりがどこかメーカーぽくて興味深い車両でした。
Posted by ユウ at November 28, 2009 20:12
ユウさんはじめまして、
そうなんですよね、わたしもワクワクしましたよ、

ってまあ〜Gotaro氏が取り持たせて下さったご縁でって事で〜、どうぞこれからもお気長に〜(笑)ぽ〜♪
Posted by チャーリー at November 28, 2009 21:51
> ユウさん!
をを、Mテックじゃない旧無限の頃の車体でしたか!!
私は初めて知りましたよ、このマニアックなオートバイ。
なんかメカメカしくて良いですね。
Posted by Gotaro@管理人 at November 29, 2009 00:22
> チャーリーさん!
腰下はRS750D、ヘッド廻りをすべて造り直し、って感じでしょうか。
ヴィンセントに似せる為にエキパイがあの方向に出ているのでしょうね。
わざわざOHVを造ったのか、実は中身はDOHCなのか、ちょっと気になりますが(笑)。

> そろそろ印税が枯れてきだした方たち
ですね〜!
しかもレコード会社が販売を停止している音源の復刻だから、アーティストの皆さんには有り難い話しかも!!
Posted by Gotaro@管理人 at November 29, 2009 00:27
> RBT
そうですね、某六連星社員のチーム・・・・ラビットに引っかけたネーミングも良かったですが、もて耐のレギュレーションの関係で2年で終了していますね。
・チームのHP
http://www.geocities.jp/herb_racing/matome/kitokito.html

そう言えばHS500(CKデザイン)の話って何処行ったんだろ???
Posted by Gotaro@管理人 at November 29, 2009 00:34
エンジンは旧無限のものだと思いますが、車体は今の無限なのか前のなのかは不明です。昔に雑誌に載った時は車体まであったかどうか覚えてませんし。

OSCAの再来は、デザイナーの某氏のブログを読んでると水面下で進んでいるようでもあり、進んでいないようでもあり、よく分かりませんね。中国製で自国内では売らないでしょうが(もうあの国は電動しか無理でしょうし)、他の国で売れるかどうかは未知数だけに危ういっちゃあ危うい存在ですが、出てくると面白いですね。
Posted by ユウ at November 29, 2009 02:01
> ユウさん!
まだ止まっては居ないのですか!
しかしまぁ加速騒音がどうとか、輸入車にも国産と同じ試験とか、うるさい話になる前に出来上がっていたら良かったのになぁと思います。
そうこうするうちにロビンは富士重工から切り離されましたし、スバルエンジンと呼ぶのもアレなんですが(苦笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at November 29, 2009 20:12
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。